Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.64

むすんで、ひらいて!! vol.64

発達障害は予防できる?
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子
nennreibetu.jpg
「発達障害(自閉症スペクトラム、広汎性発達障害、ADHD等々)」は、近年、急増しています。社会性の欠如、感情面や情緒面の発達に障害があるのです。
その原因も治療法もまだはっきりとはしていませんが、その兆候は1~2歳の早い時期から見えます。
出来るだけ早く気づき対応することによって、ごく軽い状態やほとんど健常の発達になるということを、私も何度も経験してきました。

今回は、金子保先生(さいたま市 教育相談センター所長)のわかりやすい年齢別の兆候例をご紹介させていただきます。

言葉がわからない数か月の赤ちゃんでも「目を見てあやす」「話しかける」「笑わせる」。とても大切な事です。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1898
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.64 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.64

Search
Feeds
Meta

Return to page top