Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.107

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.107

安らかに!のんびりと、
心おちつく習慣
香star

お香を癒しの妙薬と考えると実に奈良、平安の時代から日本人の暮らしの中に溶け込んでいたに違いない(一般庶民の生活とはまた別だろうが)。
現代のストレス社会ではお香は、そのストレスを和らげる妙薬の一つではなかろうか?
香老舗天年堂のオリジナル線香の中でも特別なお線香としている5種類のお線香をより普段使いにして欲しいとしてできたのが「寧(ねい)」シリーズ。1箱(15g)400~1,000円と使いやすい価格設定。単品で、セットでも購入でき、気軽に天然香料の香りが愉しめる。秋の夜長は沈香の香りでゆったりと!

寧[単品]
…400~1,000円(税別)
(空海、天成、松林、乳香、白檀鴻臚館)
寧[セット](香立て付き)
…3,800円(税別)

tennnenndou2019031.jpg

tennnenndou201905.jpg

tennnenndou20190904.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1895
Listed below are links to weblogs that reference
香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.107 from くるめ-コラム

Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.107

Search
Feeds
Meta

Return to page top