Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.13

新・落語スズメvol.13

ご報告『落語教育委員会インくるめ』
文/松田 一成

先月23日、えーるピア久留米にて開催しました『落語教育委員会インくるめ』足元の悪い中、ご来場いただきありがとうございました。開演前まさかの土砂降り、町中大渋滞、ギリギリ滑り込みセーフのお客様もちらほら。かと思えば、運営が到着する前に、すでにお待ち頂いていたお客様も。どれだけ楽しみになさっていたのかと反省しきり。楽屋入りの師匠方を見られてよかったと助け舟を頂きました。流石落語ファン、ありがとうございました。午後7時、久留米絣をあしらった素敵な緞帳が上がると、三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎、三遊亭兼好、出演3人による『人の高座(口座)を聞くときは、携帯電話を切りましょう!』キャンペーンコント。待ってました!スーツ姿の喬太郎師を見られる落語会は『落語教育委員会』だけ(あと、緑のジャージ姿の兼好師も。兼好師、普段は完全和服、熊本城に行ったときは、アトラクションの人と間違われて、女子高生と記念写真を撮らされたそう)。15分ほどの小芝居ですが、最近役者づいてる喬太郎師の裏表を演じ分ける姿、そりゃもう、たまんないうまさでございます(某ビールメーカ風)。兼好師の思わぬアドリブ(ブタコレラ事件、その後ちゃんと反省会をされてました)が波乱を引き起こし、一同思わず素に戻る場面も。逆手にとって笑いの相乗作用、言葉の達人たちは心からこの会を楽しんでいるご様子でした。開口一番、兼好師のお弟子さんじゃんけん君(来年真打の予定)の『やかん』、喬太郎師、若旦那が妙に色っぽい『擬宝珠』、中入を挟んで歌武蔵師『稲川』ほろりとしました。トリを新メンバー兼好師の、これ以上笑えるか!『ちりとてちん』。たっぷり2時間、会場にいらしたお客様も大満足だったのでは。帰りしな、師匠方からグリルMのハンバーグを食べに、また来年も久留米に伺いたいとご案内がございました。いえーい!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1890
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.13 from くるめ-コラム

Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.13

Search
Feeds
Meta

Return to page top