Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.27

歯は健康のバロメーター vol.27

~落合先生のお口のお話し~

イオン飲料やスポーツ飲料は
上手に摂りましょう3
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

これまでイオン飲料やスポーツ飲料の優れたところ、そして過度な摂取によるむし歯の発生等についてお話をしてきました。お伝えしたいのはイオン飲料やスポーツ飲料をやめなさい、ということではありません。大事なことは、これらを適切に利用しましょう、ということです。
それではすでに、イオン飲料、スポーツ飲料ばかり飲んで水やお茶を飲まなくなってしまった子どもにどう対応したらいいのか、これが今回のテーマです。
最初にご理解頂きたいのは、味覚障害等によってもともと水が飲めない子どもたちの話ではありません。普通に水を飲んでいたのにイオン飲料やスポーツ飲料を飲ませていたら、水を拒否してイオン飲料やスポーツ飲料しか飲まなくなってしまった場合のお話です。
まず、今、「ここに飲み物は水しかないんだよ」、ということを教えてあげることです。イオン飲料やスポーツ飲料、そしてジュース類はおいしいです。子どもは当然大好きですし、大人でも好きな人はたくさんいます。大人はいろいろなことを考えて我慢できますが、子どもには目の前にあるものを我慢することができなくても仕方がないのです。ですから、冷蔵庫からイオン飲料やスポーツ飲料をなくしましょう。そして子どもの目の前で親がこれらを飲まないようにします。喉が渇いたら飲み物は水、です。「これしかないからこれを飲んでね」、多くの場合、この家には本当に水しかないんだ、とわかれば、本当に喉が渇いていれば飲むはずです。
しかし、いろいろな性格の子どもがいるのも事実です。強情な子どももいるでしょう。意固地になって水を飲まない子どももいます。そんなときには、子どもの好きなキャラクターのコップや遠足気分になる水筒等を使って水を飲んでもらう、気分よく飲んでもらいます。そして親がおいしそうに水を飲む、これも大事です。言うことは聞かなくてもやることはまねをする、これはいろいろな場面でよくみることです。
好きなものをやめる、子どもにはとても大変なことですから、夏場の脱水を起こしてしまいそうなときに始めないように、我慢大会になってしまいます。
少し涼しくなって、食欲が増してくるような季節からチャレンジしてみて下さい。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1864
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.27 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.27

Search
Feeds
Meta

Return to page top