Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.78

久留米文学散歩 vol.78

怪火④
文/増原 達也

忘れる処でしたが、当時海軍将校が腰にしている短剣ですが、あれは「斬れなく飾りだ」と、もっともらしく世間では流布されている様ですが、若しそれが本当だとすれば終戦真前で将校に任官人達の物ではなかったのでは無いでしょうか。何故なら父の短剣は「リンゴ」の皮をむき割箸で爪楊枝をつくって、父が家族全員に渡していた記憶があるからです。その時割箸を削る動作は、その短剣がよく切れる動作だったと記憶しているからです。正直な処、こんな事どうでも良いのですが、それが気になって何かの機会に発表したかったのです。切れないと云えば当時将校に任官すれば短剣の外に式刀(指揮刀)もあるのですが、これは刃の部分が潰して存り最初から切れなくしてありました。只昭和十九年頃から将校も一般の兵士も使い捨て時代となっていますので、式刀まで渡したかどうか不明です。これは戦地には持ってゆきませんでしたのですが、残された私達は引っ越しに引っ越しを重ねましたので、どっかに忘れて来た様で現在は手元にありません。もう当時の式刀(指揮刀)等知っている人も少なくなっているのでしょう。只私達家族が戦前に撮った写真が存るのですが、父はその刀を持って映っているので、その写真は残しています。父を送った後、母方の実家の方に行くのですが、これも汽車を二ツ乗りついで呉から五時間以上なのです。これは、乗り継ぎが順調にいった時間で、当時はすでに列車も数が少なくなっており、実家の最寄りの駅に着いたのは、すでにバス(路線バス)の便は無くなっていました。そう、この時期はすでにバスは「木炭車」でした。そこから普通の道路を歩くと四〜五里と云う処ですが、そこは地元で育った「女三人姉妹」です。誰が云い出したが、「山越えで帰ろう」と云う事になり、山越え近道を歩く事になったのです。現在地図を観ますと近道、すなわち「山越え」で「三里」の道のりを女三人が二人の子供連れで歩く事になったのです。
-つづく-

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1857
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.78 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.78

Search
Feeds
Meta

Return to page top