Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.61

むすんで、ひらいて!! vol.61

「少年犯罪」について

一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

1969年、私立男子校で同級生を殺害する事件が起こりました。少年犯罪が大きく取り沙汰されるようになったきっかけだったかもしれません。団塊の世代が大学を迎える時期で、受験競争が激しくなっていた頃です。

少年の父親は教育関係の仕事をして、数々の教育本も出版していました。その頃、出されたものには、少年の成長の記録を一冊の本にまとめた物もあり、私はその本を読むと「まるでこの子は親の人形、作品ではないか」と可哀想になりました。

事件後、初めて、少年が親に逢った時、少年は「お父さん、ぼくはちゃんとお父さんの言う事を聞いてきたよね」と言ったそうです。何か子どもの心の淋しさを感じませんか。彼は親に愛されようと頑張っていたのです。

その後も、次々と少年犯罪は起こりました。学業成績を上げ、良い大学に行かせることが子どもの幸せにつながると信じてしまったのではないでしょうか。そして、親の見栄もあったように思います。

どの事件の少年・少女達も、暖かい愛情に包まれた楽しい幼児期を過ごしたとは思えないのです。生後6か月頃から2歳位までの間に育つと言われている愛着関係がしっかり育っていないように感じます。

1997年に起きた酒鬼薔薇聖斗事件では、当時の裁判官は「早幼児期の育ち方のあり方に問題があったと思います。愛された記憶のない子の気持ちがわかりますか。」というコメントを出されました。

子どもを育てる上で大切なものは愛情です。「お好きにどうぞ、守ってあげるよ。」という気持ちで接してあげると、子どもは幸せな気持ちで育ち、必ず親の期待に応えようとするはずです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1851
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.61 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.61

Search
Feeds
Meta

Return to page top