Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.67

くるめ食素材探検 vol.67

シュウマイにのってるお豆でおなじみ。
「グリーンピース」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
gurrnpisu.jpg
シュウマイにのってるお豆でおなじみ。メンデルの法則でも有名ですね。
先月からスタートしたえんどう豆シリーズ。今月は、おなじえんどうでも「グリーンピース」をお送りします。さやごと食べられるスナップエンドウや絹さやに対して、グリーンピースはさやをとり、豆だけたべるお豆の代表格ですね。
そもそも、ではありますが「さやえんどう」これ、つまりはえんどう豆の未熟な莢(さや)の部分を食べる場合の呼び方なんです。つまり、エンドウのさやの部分を食べるものは、全部「さやえんどう」スナップエンドウやきぬさやは、さやえんどうです。
これに対して、さやをとって中の未熟な豆だけを食べるものをグリーンピースと呼びます。そして、豆がすっかり成熟すると「えんどう豆」になります。枝豆と大豆みたいなもんですな。そこからさらに育つとソラマメに・・・はなりません。
えんどうは中央アジアから中近東、地中海沿岸にかけての地域が原産地。8〜10世紀頃にインドや中国経由で日本にも伝播したといわれています。平安時代に編纂された辞書「和名抄(わみょうしょう)」にも名前がみえるんだとか。しばらくの間えんどう豆は穀物として利用されていましたが、明治時代になってから欧米からさまざまな品種が導入されて、日本でもグリーンピースの食用が一般化していきました。
店頭でえらぶコツは、さやがふっくらとしていて張りがあり、きれいな黄緑〜緑色のもの。さやの表面やへたが変色をチェックしましょう。グリーンピースはさやから出して時間が経つと風味が低下していくので、さや付きがおすすめです。すぐに使わない場合は乾燥しないようポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へどうぞ。さやから出されたものは当日使い切るのがベスト。長期保存したい場合はゆでたものを冷凍保存しておくといいと思います。
ところで、なんでシュウマイにグリーンピースが乗るようになったのか。これ、横浜の崎陽軒にも記録が残っていなくて諸説あれど不明、とのこと。でも、上に載ってるときれいだよねえ、と思ったら崎陽軒は中に埋め込まれているんだとか。てっきりのってるもんだとばかり思っていましたが、意外とうろ覚えですなあ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1844
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 vol.67 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.67

Search
Feeds
Meta

Return to page top