Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.25

歯は健康のバロメーター vol.25

〜落合先生のお口のお話し〜

「イオン飲料やスポーツ飲料は上手に摂りましょう2」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

発熱、下痢や嘔吐等の体調不良の時、イオン飲料やスポーツ飲料は水分補給、疲労回復等に大変役に立つもので、実際にこれのおかげで助かった、というこどもは数え切れないほどいるはずです。
しかし、イオン飲料やスポーツ飲料を、体調は良好、特に大汗をかいたり体力を消耗していない、普通に食事ができている、いわゆる普通に生活している子どもが飲んでいると、電解質が多くなり、かえって喉が渇いてしまう傾向があります。したがって、いったん飲用が習慣化するといつでも飲んでいなければ落ち着かない、という状態になりやすいのです。またそれなりに糖分を含んでいて、こどもが好む味になっていることがさらに習慣化を促し、その結果、むし歯になりやすい状態に陥ってしまいます。それだけではなく、甘味によって食欲が低下したりそれなりのカロリー摂取により肥満の原因にもなります。
イオン飲料やスポーツ飲料は、本来スポーツをしながらあるいは病床で枕元に置いた状態で飲みやすいように、ほとんどがペットボトル入りで販売されていますので、これが元気なこどもたちにとっては持ち歩きも便利ですから、これがまた常飲するきっかけになっているのでしょう。
したがって、過激な運動をしたとき、あるいは脱水が心配になるほど大汗をかいたとき以外は普通の水を与える、ペットボトルを持ち歩かない(必要な時にはその都度購入する、これだけでもずいぶん違います!)、体調不良の際に飲ませた場合、改善したら飲み物はすぐに水に戻す、普段の生活では、就寝前や夜中に目を覚ました時には水を飲ませる、入浴後は水を飲む、といった習慣が大事です。
それではすでにイオン飲料、スポーツ飲料が習慣化してしまっている場合はどうすればいいか、次号に続きます。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1839
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.25 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.25

Search
Feeds
Meta

Return to page top