Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.66

くるめ食素材探検 vol.66

これから旬のエンドウ豆「スナップエンドウ」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

sunappuenndou201903.jpg
スナップ?スナック?これから旬のエンドウ豆、まずはスナックエンドウご紹介です。
マメ科エンドウ属のエンドウ豆。人類と付き合いの長い豆類の一つで、起源はメソポタミア。日本には中国を経由し、遣唐使(けんとうし)によって9〜10世紀頃にもたらされたといわれています。当時は「のらまめ」又は「のまめ」が一般的な呼び方だったようです。本格的な栽培は明治に入ってからで、いろいろな品種が欧米各国から導入され、全国各地で生産が始まりました。

スナップエンドウはえんどうの一品種で、アメリカでつくられた新品種です。さやえんどうのようなパリッとした歯切れの良さはありませんが、熟してもさやも豆も柔らかいので丸ごと食べることができ、甘みと風味が豊かなことからサラダや炒め物などに利用されています。さやは肉厚で甘みが強いのですが、固い筋があります。調理前に取り除いておきましょう。さっと塩茹ですると鮮やかな緑と甘みが楽しめるかと思います。また、天ぷらにするとサクサクとした食感を楽しめるそう。肉料理への付け合わせやサラダなどにも活躍しますね。長く加熱すると身が崩れて色も悪くなってしまいます。また、茹で上がりにそのまま冷やすと表面にしわが寄りやすいので、氷水につけて一気に冷やしたほうがきれいに仕上がります。冷凍する場合は沸騰している熱湯に投入し、さっと色が変わったらすぐにザルにあげるくらいでいいと思います。
さて、名前のお話。スナップタイプエンドウ、スナックエンドウなどと色々な名称で呼ばれておりましたので、昭和58年に農林水産省により名称が統一され「スナップエンドウ」となったそうです。お菓子みたいに食べられるからスナックエンドウ、ではなかったんですね。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1817
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 vol.66 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.66

Search
Feeds
Meta

Return to page top