Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.59

むすんで、ひらいて!! vol.59

「高知能児ってどんな子?」
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子
wakaba201904.jpg
知能検査(発達診断)を教育に取り入れて34年、いろいろな事が見えてきました。
検査方法は個別式田中ビネー法、子どもと一対一で向き合う質問形式です。

幼児期は知能も成長期にあるため指数も不安定ですが、小学校高学年や中学生になるとほぼ正確な指数が出ます。
全国平均を100として算出し、高知能児は140以上の指数を示します。34年実施して20名もいないくらいです。
そんな子たちの検査をすると「どうしてこんなにきちんと考えられるのだろう」と感動します。最高指数は178という子がいました。東大でも稀だそうです。感覚・知覚・認知・思考・記憶・数量・図形・言語の発達が全てバランス良く発達していて、集中力・持続力もなければ高い指数にはなりません。

では、どのようにすれば高知能児は育つのか。
私の知る限り、ほとんどの高知能児のご両親は、子どもの意思を尊重し、子どもの自発的な発達を見守る姿勢で養育されていました。
遊びなどの日常生活の中で子どもが能動的にチャレンジする経験・体験を大切にし、子どもの世界・興味の幅、意欲をしっかり育てていました。

現代は、習い事を多くすると賢い子が育つという風潮にあるようですが、何かを習い「覚える」ということは記憶の部分だけの刺激でしかなく、本来の知能向上にはなっておりません。

本当に賢い子を育てるには、自然の生活の中で、子どもに「おや?」と思わせたり「どうしてかな?」「どっちかな?」「どうしよう」「おかしいな」と思わせたりしながら知的探求心を育てることがとても大切だと、私は感じております。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1810
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.59 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.59

Search
Feeds
Meta

Return to page top