Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.65

くるめ食素材探検 vol.65

熊本のお殿様ご推薦の野菜です「ひともじ」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

hitomoji11.jpg “ひともじ”とはワケギの一種。一見ネギの仲間、に見えますが分類学上は別種。たまねぎとネギの雑種なんだそうです。「くまもとふるさと伝統野菜」に選ばれており、熊本の郷土料理になくてはならない食材の一つです。ねぎは年中出回っておりますが、ひともじは春と秋の二回収穫です。ですが寒にあたって甘みを増したひともじは一味違う!というわけで、ご紹介。

ひともじは分球といいまして、根元がぽってりとふくらみ、いくつかに別れるのがネギとちがうところ。種で増えるのではなく、この球根を植え替えて増やしていきます。にんにくやラッキョウに似ていますな。また小葱のように繊維がやわらかくなく、ゆでてもちぎれにくいのが特徴です。なので「ぐるぐる」できるんですね。また、ぐるぐるだけでなく、ぬたや卵とじ、チヂミにいれたり、上品な香りの薬味としても重宝しますよ。冷凍保存もできますので、お見かけの際はぜひ。

そんなぐるぐる、紀州藩第9代藩主・徳川治貞と「紀州の麒麟、肥後の鳳凰」と並び賞された名君、細川重賢(しげかた)公の時代に、藩財政が非常に厳しいので安くておいしいおつまみを、と考案されたのが始まりといわれています。やはり酒どころ熊本、そもそも酒をやめる、という判断はなかったのですかね・・・。もっともその甲斐あって財政は回復したようです。艱難辛苦汝を玉にす、といいますが厳しい状況だからこそ出る知恵、ということもあるのですねえ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1800
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 vol.65 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.65

Search
Feeds
Meta

Return to page top