Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.21

歯は健康のバロメーター vol.21

〜落合先生のお口のお話し〜
「乳歯の時にはきれいな歯並びだったのに、
永久歯が萌出したらでこぼこになった、
ということはありませんか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

幼稚園や保育園に入園したころはきれいな歯並びだったのに、卒園するころあるいは小学校に入学する頃になったら、何だか前歯の歯並びが凸凹になってきた、ということがよくあります。せっかくきれいだったのに、と思うととても心配になるものです。しかしながら、実はこのような歯並びの問題は、症状の程度に差があるものの多くの子どもたちにみられるのです。むし歯があって、歯が欠けている部分に寄ってしまった、外傷で歯を失って隣の歯が倒れこんできてしまった、指しゃぶりや爪噛みがあって前歯に不自然な力が加わっていた、等々、原因が明らかなものもありますが、中には全く原因が思い当たらないこともあります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
歯の大きさは、乳歯も永久歯も一度出来上がればその大きさが変わることはありません。何歳になっても最初にはえてきたときの大きさです。しかしながら顎は体の成長とともに大きくなります。そして、乳歯とそのあとに萌出してくる永久歯の大きさを比べると、特に前歯と犬歯においては永久歯の方が大きいことがわかっています(乳歯でも奥歯については別ですが、そのはなしはまたいずれ)。したがって、まだ大人の大きさになっていない顎に大人と同じ大きさの歯が萌出してくるのですから、当然のように場所が足りません。乳歯が抜けて永久歯になるとき、歯並びに問題が生じることは、よく起こることなのです。ですから、永久歯の前歯が萌出してきて、歯並びが気になる場合には、こうなることはよくあるのだ、ということをまず念頭において、そしてこれが自然のことか異常なのかをかかりつけの歯科医院でみてもらうようにしましょう。何か異常があればそれを解決する治療を提案されるでしょうし、そのまま様子を見守ることもあります。気軽に相談してみることをお勧めします。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1779
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.21 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.21

Search
Feeds
Meta

Return to page top