Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.73

久留米文学散歩 vol.73

夏目漱石と熊本そして久留米⑪
文/増原 達也

耶馬渓から帰った漱石は決して「機嫌」は良くなかった様です。鏡子さんが書き遺しているように足に「マメ」を作ったり雪の中で「馬に蹴られた」りした事だけでなく、頼山陽が詠んだ句から受けた感じと実景とが想像と大きく違っていたからではないでしょうか。それにキリスト教の深い信仰を持っている奥太一郎氏とでは話しも余りなかったでしょうから。その証拠に数日同行していた奥氏ですが、本当に漱石と一緒だったかと疑う位、耶馬渓で漱石が詠んだ句の中に奥氏の息遣いが無いのです。だから勿論奥氏が作句した句も遺っていません。彼は敬虔なキリスト教信者で後にその方面の大学の教授にも就いています。それにしても、一句位、亦漱石が句の中にそれらしい人物を読み込む位の事をしても良かったのではないでしょうか。道中句にそれも存りません。漱石が道中で遺した句では本当に奥氏は同行したのかと疑う位です。漱石は道中彼と何を話したのでしょうか。それにもう一ツ大きな落胆が存ったのです。それが漱石が頼山陽の句で受けた直感的な事と実景が余りにも違いすぎていたと云う事ではないでしょうか。真冬と云うこともあったでしょうが、それより山陽の句作の姿勢にあった様です。作風というのもあるでしょうが、ここに山陽作の「泊天草洋」と云うのが存ります。これを読んでみても私の様な知識ではとても理解に苦しむ処が多いのです。例えば
雲耶山耶呉耶越、水天髣髴青一髪
とありますが、有明湾から西側の天を見渡しての事で、これは
雲か山か呉か越か、水天髣髴青一髪   と詠みます。
正直な処「有明海」から呉や越が観える筈はないのです。そしてこの海はそんなに広くもないし深さも存りません。山ばかりは展望できます。只この湾は潮の満ち引きで遠浅になり若し山陽が舟に乗っているのなら、その高低には驚いた筈です。それは詩の中にはありません。
漱石もこの八句の中からその様な事を感じ取ったのではないでしょうか。
尚耶馬渓の景勝を世に伝えたのは山陽が最初と伝えられています。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1777
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.73 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.73

Search
Feeds
Meta

Return to page top