Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.55

むすんで、ひらいて!! vol.55

「幼児心理カウンセラーについて」
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

幼児心理カウンセラーとして2014年から毎月コラムを掲載させていただき55回目となりました。これまで、私が幼児教育者として学んだこと、経験して来た事を思いのままに書いて来ましたが、参考になっているでしょうか。

今回は、そんな私の幼児心理カウンセラーという資格が、どういったものなのかを少しご説明したいと思います。

この資格は、財団法人 田中教育研究所の幼児教育者を対象としたもので、2007年より資格の認定制度が開始されました。

子どもの発達上で問題が起こったとき、それをどう解決していったらいいか、発達を促進するためにはどんな働きかけが必要か、専門的な技法と知識によって発達を促す事が目的です。

幼児は周りの状況が変化すると、発達上問題になっている部分が嘘のように変わっていくことがよくあります。特に、2・3歳までの早期発見、早期指導は効果的です。

また、田中教育研究所は、終戦間もない1948年に設立され、日本で最も古い歴史を持つ研究機関でもあります。個別式知能検査(田中ビネー式知能検査)は、現在でも医療・教育・福祉などさまざまな分野で活用されている日本を代表する検査法です。

子どもは常に変化し、伸びようとしています。伸びようとしている芽を見つけ手助けをしてあげる事が幼児心理カウンセラーの役目だと思っています。

201812-wakaba.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1759
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.55 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.55

Search
Feeds
Meta

Return to page top