Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! > 子どもの為の洋ひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.8

子どもの為の洋ひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.8

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山

「塗る」と「描く」の違い

「塗る」という漢字は「手偏」ではない。「描く」は「手偏」である。
「絵を描く」とはいうが、「絵を塗る」とはいわない。
ところが、多くの幼稚園・保育園では「塗る」と「描く」との違いを厳格に使い分けていないように私には思える。
「画用紙の白いところを塗りつぶしなさい」と指導している園が多いようだ。
各園は「自由画帳」を用意している。それらに描かれている幼児の絵は大方描線のみのことが多い。もしその「自由画帳」にすら「塗り絵」的作品を発見されたときには、保護者の方は「うちの子の絵はこれでいいのか」と質問されるがいいと思う。
「絵のコンクール」などの幼児の応募作品には「塗りつぶさせた」ものが多い。
いままで、繰り返し述べて来たように「塗り絵」は幼・小年期の絵画活動の最大の敵である。
しかしそれを強要しているのが大人であり、まして教育・福祉機関であるとすれば幼児、児童は被害者でありそれらの施設は加害者的存在ということになる。
その被害者(上の右の作品)が回復し、左の作品「雨降り」を描けるようになるまでに三年かかった。
この作品も「描く」ことにまず自信を持たせるために、鉛筆の使用を禁じ、黒のクレパスのみの描線指導から始めた。
やがて黒色との混色をS君は気にすることは無くなった。
真ん中にまず自己主張としてS君自身を描き、その前後の友人の存在や道や通学路に建つ家を黒の描線で一気に描いた。
ここにはすでに「塗り絵」の影響は皆無。経験を思い出した自信のある作品になって、すでに自分のおかれている環境に目が注がれている。
S君は読書も大好きになった。
読書と絵画が身についた思春期の同君の将来を楽しみにしている。

201812-sugiyama1.jpg
▲【S君 保育園年中組作品】

201812-sugiyama2.jpg
▲【S君 小二年時作品】
「全日本こども美術展」受賞

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1755
Listed below are links to weblogs that reference
子どもの為の洋ひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.8 from くるめ-コラム

Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! > 子どもの為の洋ひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.8

Search
Feeds
Meta

Return to page top