Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.61

くるめ食素材探検 vol.61

英語ではセルリー、セレリーとも。

「セロリ」編

文/靏久 格(産直や 蔵肆)

英語では「celery」ですが日本語では セロリ と言うことが多いようです。

セロリはセリ科の植物でヨーロッパから中近東にかけてのあたりが原産。なんと一世紀の文献にでてくるほど古くからおつきあいのある野菜なんですね。もっともそのころは薬用が主で、胸やけや利尿、目の炎症などに効果あり、とのことですが、どうやって使ってたんでしょうかね。搾り汁でも点眼してたのでしょうか。恐ろしい。もっとさかのぼって古代ローマでは男性の強精や整腸剤、またお祭りなどの飾りなどで使われていたようです。

日本に来たのは江戸時代。一説では、加藤清正が日本に持ち帰ったとされることから「清正人参(きよまさにんじん)」と呼ばれていたようです。日本に持ち込まれた当時は香りが強い為普及しなかったようです。オランダミツバ、の異名もありますので、長崎経由だったのかもしれません。戦後欧米の食文化が流入してくるとともに本格的に栽培が始まりました。いまではスープやシチュー、野菜ジュース、ピクルスなど私たちの食生活になじんでいますね。葉は香りが強いから苦手という方もおられますが、カロテンに関していうと茎の約2倍の量含まれています。加熱すると食べやすくなりますので炒め物や温かいサラダなどでいかがでしょうか。

主な産地は長野県と静岡県。この二県で全体の六割を作っているそうです。福岡は四位くらいでしょうか。瀬高のあたりは高菜だけでなく、セロリも生産組合があるほどの産地。「博多セロリ」ブランドで、例年ですと11月下旬より出荷。春先まで私たちの食卓を楽しませてくれるようです。

選ぶコツは、茎が肉厚で「C」の形に丸まっているもの。茎の色は、白いものほど甘いように思います。切り口と葉先がみずみずしいものが新鮮な証拠です。鮮度が落ちてくると先が黄色くなってきます。セロリをお家で保存する時には、葉と茎をまず切り離し、それぞれを新聞紙で包みます。それから立てて冷蔵庫に入れてあげることで1週間ほどは保存可能です。

201811-celery.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1754
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 vol.61 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.61

Search
Feeds
Meta

Return to page top