Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.1 > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.4

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.4

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋
「子どもの絵に芸術を求めてはいけない その2」

幼児期は主観的に絵を描き、客観的には描かない。いや描けないことをこの欄でしばしば述べた。上の右のS君の絵は小一年のとき。動物園で見た「フクロウ」の絵である。初めて見た「フクロウ」の眼の大きさに驚いた経験が主観的に表現されている。右に立つ人物が自分で、左の人物は友人。驚いた自分の経験を描いたのだから、おのずから自分を大きく描いている。左右の子どもの大小を客観的に比較してはならない。左の作品は同じS君の小四年の「クジャク」の絵。体力、知力ともに充分に発達して、この時期の適当な客観性が身につき始めている。「クジャク」という不気味は鳥がその翼の色彩に表現されてはいるが、写生力は未熟だ。しかし防御柵の向こうの友人たちの存在により、動物園見学時という社会性を無意識に表現している。「何時・どこで・誰が・何をした」という客観的ものの見方が始まりつつある良い絵である。繰り返します。幼児期の「塗り絵」はその将来の客観的知性を失わせると思ってください。

▶【S君 小四年作品】
sugiyama201808_01.jpg

▶【S君 小一年作品】
tennnendo201808_02.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1712
Listed below are links to weblogs that reference
ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.4 from くるめ-コラム

Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.1 > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.4

Search
Feeds
Meta

Return to page top