Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.46

むすんで、ひらいて!! vol.46

「こんな意見・研究があります。」

⑤何を目的に子どもを育てているのでしょう。

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

wakaba201802.jpg

人が産まれ成人(大人)になるまでの過程を大きく3つに分けると

【第1幕】

幼児、学童期(子ども時代)

幼児(絶対的依存)

学童期(依存)

【第2幕】

思春期(青年期)

依存から自立へ(過渡期)

身体的変化(二次性徴発現)

【第3幕】

成人期(大人の時代)

心理的社会的自立

この成人期をいかに幸せに過ごすか目的は長い成人期を幸せに送る為に育てている訳です。

第1幕は10〜12歳位まででほぼ親の意見考えで子どもは行動するのですが、第2幕に入ると自我の芽生えが著しく何でも自分で考えやりたがります。

この時期第1幕の時期の育ち方が大きく影響してくるといわれています。そして大人になっても第1幕の時期の育ちのあり方が基盤となって残ります。

現在50代後半以降の方はほとんど今の子ども達の育ち方に疑問を持っていらっしゃると思います。

公園があるのに子どもが遊んでいない、小さい頃から記憶すること、ドリル慣れをすることを勉強、学びと思っている方が多いように思います。

五感「触れる・臭う・見る・聞く・味わう」情緒体験が非常に少なくなっているようです。「体験欠乏症候群」という言葉もあるほどです。

情緒、心や感性を育てる時期に真の学びを体験しないまま大人になってしまうのではないでしょうか。

第1幕の依存と信頼関係がいかにしっかり確立されるかが以後の人生に大きな影響を及ぼすといわれています。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1627
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.46 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.46

Search
Feeds
Meta

Return to page top