Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.104

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.104

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真  vol.104

“2017 パナマ ボケーテ地区”

写真と文 安達  和宏

adati201801.jpg

2017年3月に訪問したパナマでの一コマ。この季節は毎日の様に夕刻になると霧雨が降ってくるのですが、農園の山中を走り回ってホテルへ戻りその道端からふと見上げると、”天に掛かる虹のアーチ”が笑顔でお迎えしてくれました。見せつけらる様な圧巻のこの風景!こういうご褒美も産地行脚の醍醐味なのです。そして、コーヒー豆を育てる環境と自然の力を肌で感じる、そんな瞬間でもあります。遠く遠く離れた地なので関係無いと思ってしまいがちですが、我々の生活から及す人為的な温暖化や自然環境の変化は少なからず遅からず、この素晴らしい美しい風景にも悪影響を与えるでしょう。目先の利益優先で、手に負えない問題を先送りしにたエネルギー政策やエゴイスティックな森林伐採などの環境破壊。これらの問題に背を向けず、我々自身が意識を持って見守らなければならないと思わせる、大地との語らいでもありました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1622
Listed below are links to weblogs that reference
コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.104 from くるめ-コラム

Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.104

Search
Feeds
Meta

Return to page top