Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.83

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.83

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.83

「彼岸花の咲く頃に!」

香star
higanbana201709.jpg
そろそろ夏の名残の残暑も和らいできた。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われている。そしてその合図とも取れるのが「彼岸花」(別名:曼珠沙華)、田んぼの畦道やお墓の周りによく咲いている。彼岸花は全草有毒で鱗茎にアルカロイドを多く含む有毒植物で、お墓や畦道に植えた理由はモグラなど動物がこないように人為的に植えた。また根茎はアルカロイド毒を水で晒せば窮乏食として利用された。

花の色は一般的に赤、中にはしろや黄色もある。筑後地区でも彼岸花巡りも人気だ。

ご先祖様と一番近くなるのがお彼岸。

ご先祖様に「お蔭様」の気持ち。

おはぎをや季節の花を供えて供養するとともに、生きている歓び自然の恵みへの感謝をするということになる。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1577
Listed below are links to weblogs that reference
香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.83 from くるめ-コラム

Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.83

Search
Feeds
Meta

Return to page top