Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 第2回前編

くるめ食素材探検 第2回前編

筑後地方の郷土料理といえば「がめ煮」

文/靏久 格(産直や 蔵肆)

syokuzai-201401-1.jpg がめ煮、という名前の由来はいくつかありますが、博多弁の「がめくりこむ」説と、食材として鶏肉ではなく「スッポン」(当時はどぶがめとよばれとったげな)を使ったので、亀煮から変化して「がめ煮」となった、との説とあります。私はこっちじゃなかろうかなー、と思ってます。食材に欠かせないのは鶏肉、里芋、しいたけ、こんにゃく、ごぼう、人参、たけのこ、そして「レンコン」。

秋口から冬にかけての食材「レンコン」。

おせち料理にも欠かせない食材です。穴が10個ほどあいており、「先を見通す」と縁起のよい食材として知られております。また、古代泥炭層から発見された蓮の実が、2000年のときを超えて発芽、開花するなど生命力の強さも持ち合わせた植物です。昔かられんこんをすりおろした汁を直接飲んだり、鼻づまりや鼻炎などには直接鼻腔にさしたりと薬効豊かな植物として利用されてきました。特に、節と節の間の部分が良いとされ、風邪や腸炎などの際に活用されてきました。先日TVでも取り上げられたので、その効能効果をご存知の方も多いかと思います。

syokuzai-201401-2.jpg今では佐賀や徳島、八代あたりが有名な産地ですが、久留米はレンコンの産地でもありました。現在の鳥類センターから夢タウン、合川のあたりはレンコン畑だったのをご存知の方もおられるかと思います。

実は、久留米の中心部でもまだ作っておられる方がいらっしゃるそうです。西鉄電車にのっていると、筑後川を渡ってすぐ左手にちらりと見えます。東櫛原のJA直売所で買えるそうですよ。

写真は八代の若手農家さんの畑にて。レンコン堀は冬の水仕事です。高圧ポンプの水圧をつかって泥の中からレンコンを探し当てていきます。寒風吹きすさぶ中での重労働ですが、収穫の喜びがあるのでやれます、とのこと。

(後編に続く)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1125
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 第2回前編 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 第2回前編

Search
Feeds
Meta

Return to page top