Home > Archives > 2019-09

2019-09

くるめ食素材探検 vol.71

「ジャックと豆の木」のモデルになったともいわれる
あのお豆「なたまめ」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

natamame.jpg
なた豆(ナタマメ)はその名の通り、マメ科の植物になる実で、英語名は「ソードビーンズ(剣の豆)」。名前の通り、成長するとさやがナタのように30~50㎝ほどまで成長するのが名前の由来です。つるも6mほどまで伸び、まさにジャックとまめの木!生命力が旺盛で、グリーンカーテンとしての栽培も見られます。熱帯アジアまたは熱帯アフリカが原産、中国から薩摩に伝わり国内での栽培がひろまったようです。漢方薬としても知られており、血行促進や免疫力の向上などのさまざまな効果があるほか、昔から排膿(膿を出す)の妙薬と言われており、腎臓に良く、蓄膿症、歯周病や歯槽膿漏の改善、痔ろうなどにもよいと伝わっています。また、亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラル成分が豊富なので腎機能をたすけ、体にたまった余分な水分を排泄してくれることも期待できそうです。なお、マメ科のお約束として生には毒がございます。かならず加熱してお召し上がりください。
なた豆は大きく分けて三種類、そのうち熟した豆をお茶や歯磨き粉の原料とされるのが赤ナタマメ、白なた豆は若いうちに収穫して塩漬けした後に、福神漬けに投入されます。ちなみにこの福神漬け、上野の老舗漬物店「酒悦」が江戸時代末期に考案、明治時代に入って不忍池の弁才天にちなみ「福神漬け」と命名。帝国陸海軍の隊内食・戦闘食の副食として採用されたことを契機に、兵役終了後の元兵士達によりその味が全国の家庭に持ち帰られ国民食となったんだとか。いまのように赤く着色されるようになったのは、インド料理に添えられるチャツネをイメージして色をつけたのがはじまり。カレーのお供になったのは、大正時代に日本郵船の欧州航路客船でカレーライスを供する際に添えられたのがはじまりともいわれています。

歯は健康のバロメーター vol.29

〜落合先生のお口のお話し〜
乳歯の脱落が早いな、と思ったら、
歯科受診をしましょう2
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

前回お話した、低フォスファターゼ症は、アルカリフォスファターゼという骨を作るために働く酵素を作る遺伝子に異常が起こり、その結果アルカリフォスファターゼの働きが低下あるいはなくなってしまうことによって骨の形成障害がおこる病気です。低フォスファターゼ症には重症から軽症までさまざまな症状があり、発症する時期によって母体にいる時から発症する周産期重症型と周産期軽症型、0〜6か月で発症する乳児型、6か月から15歳頃までに発症する小児型、15歳以降に発症する成人型の5種類と、骨には症状がなく年齢を問わず歯に異常が限局的に見られる歯限局型を加えた6種類に分けられます。
発症の時期が早いほど症状は重くなる傾向にあり、周産期型は10万人に一人、その中でも呼吸不全によって死亡の危険性が高い重症型は15万人に一人といわれていますが、重症例が比較的稀な病気であるため、それ以外の型や軽症な場合にはどのくらいの頻度で発症しているのか今のところ明らかではなく、もっと多いのではないかと考えられています。次回はこの病気が子ども達の生活にどのような影響を及ぼしているのか、そして歯との関係をお話していきます。

むすんで、ひらいて!! vol.64

発達障害は予防できる?
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子
nennreibetu.jpg
「発達障害(自閉症スペクトラム、広汎性発達障害、ADHD等々)」は、近年、急増しています。社会性の欠如、感情面や情緒面の発達に障害があるのです。
その原因も治療法もまだはっきりとはしていませんが、その兆候は1~2歳の早い時期から見えます。
出来るだけ早く気づき対応することによって、ごく軽い状態やほとんど健常の発達になるということを、私も何度も経験してきました。

今回は、金子保先生(さいたま市 教育相談センター所長)のわかりやすい年齢別の兆候例をご紹介させていただきます。

言葉がわからない数か月の赤ちゃんでも「目を見てあやす」「話しかける」「笑わせる」。とても大切な事です。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.124

“2014年 ホンジュラス レイナ・クラロスさんと”
写真と文 安達  和宏
adati201909.jpg
ホンジュラスの産地訪問も、小規模生産者の皆さんとの出会いが印象的でした。写真は、毎年買い付けしているインティブカという地域で農園を営むレイナさんの(中央)との一枚。決して有名な産地ではないんですが、コーヒー豆はオレンジやアーモンドの香味、まろやかな口当たりと甘みを伴った後味が好評です。あだち珈琲のホンジュラス-ラインナップでも無くてはならない農園の一つとなっています。農園の仕事は彼女が中心でご主人がサポートされていますが、気が付けばホンジュラスではカングアルにも女性の農園主から買付けしてますし、コーヒー作りにも女性ならではの細やかな心配りと手入れがあるのかも知れませんね。また、今年のロットが届くのが楽しみです!

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.107

安らかに!のんびりと、
心おちつく習慣
香star

お香を癒しの妙薬と考えると実に奈良、平安の時代から日本人の暮らしの中に溶け込んでいたに違いない(一般庶民の生活とはまた別だろうが)。
現代のストレス社会ではお香は、そのストレスを和らげる妙薬の一つではなかろうか?
香老舗天年堂のオリジナル線香の中でも特別なお線香としている5種類のお線香をより普段使いにして欲しいとしてできたのが「寧(ねい)」シリーズ。1箱(15g)400~1,000円と使いやすい価格設定。単品で、セットでも購入でき、気軽に天然香料の香りが愉しめる。秋の夜長は沈香の香りでゆったりと!

寧[単品]
…400~1,000円(税別)
(空海、天成、松林、乳香、白檀鴻臚館)
寧[セット](香立て付き)
…3,800円(税別)

tennnenndou2019031.jpg

tennnenndou201905.jpg

tennnenndou20190904.jpg

久留米文学散歩 vol.81

怪火⑦
文/増原 達也

この青木繁は勿論久留米市の出身で洋画家ですが、若くして死亡、苦節の生涯を送っています。彼自身は現久留米市の前身有馬藩の下級武士の末裔で早くから絵を描く事に長けており、天才の名を欲しいままにしていた様です。その事が彼自身にはマイナスになり、彼を外国に行って、画法を学ぶ機会の芽を潰している様です。この性格が生みの母親までも敵に回す事になり、彼自身が福岡市の医院で死亡した際も、遂に母親は彼の側には来ていません。ですから死後の後始末も妹が仕切っています。一方の坂本繁二郎は一九二一年(大正十年)にはパリに絵画の勉強に旅立っています。これには支援者が多数現れ、その人達に絵を買って貰い渡仏費用に当てています。パリの生活は三年間なのですが、この間に青木繁とは技術的にも人間的にも差が出来ています。坂本繁二郎の絵はフランスに行く前と帰国後では大きく変化しています。渡仏前の作品には写生的な精緻さが目立っていましたが、帰国後はターナー的な筆遣いが目立つ様になり、ターナーとプロットも同じ物まで出ています。このターナーは夏目漱石も「坊ちゃん」の中で彼を一度取り上げています。対する青木繁は渡英か渡仏をしたかったのですが、支援者がない上に自身から世間を敵に廻す発言等もあったと思われます。それが「海の幸」に出てくる女性の顔です。このタッチはミレー(英国)が描いた女性のプロットを、三人(全員身内)を重ねて描いた合作で、それを彼が絵にした人物像のようです。彼の「海の幸」は、彼の作品の中で唯一目が生きている物として貴重な作品と思われます。もう十年以上も前ですが、青木繁の作品展が石橋文化センター(久留米)で催された事があります。その時、肖像画の多い(十作品以上)のに驚いた事と同じに、その人物の目が全員同じだった事が強く印象に残っています。人間の目は、その人の内面を現す唯一のものです。だから描き方に依りその絵が生きるも死ぬも、それに掛かっていると云われています。この作品展の展示品の前に円山応挙の「雄松」(襖絵二枚)が展示されていたので彼(青木繁)の絵を観る目に影響したのかも知れません。

新・落語スズメvol.13

ご報告『落語教育委員会インくるめ』
文/松田 一成

先月23日、えーるピア久留米にて開催しました『落語教育委員会インくるめ』足元の悪い中、ご来場いただきありがとうございました。開演前まさかの土砂降り、町中大渋滞、ギリギリ滑り込みセーフのお客様もちらほら。かと思えば、運営が到着する前に、すでにお待ち頂いていたお客様も。どれだけ楽しみになさっていたのかと反省しきり。楽屋入りの師匠方を見られてよかったと助け舟を頂きました。流石落語ファン、ありがとうございました。午後7時、久留米絣をあしらった素敵な緞帳が上がると、三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎、三遊亭兼好、出演3人による『人の高座(口座)を聞くときは、携帯電話を切りましょう!』キャンペーンコント。待ってました!スーツ姿の喬太郎師を見られる落語会は『落語教育委員会』だけ(あと、緑のジャージ姿の兼好師も。兼好師、普段は完全和服、熊本城に行ったときは、アトラクションの人と間違われて、女子高生と記念写真を撮らされたそう)。15分ほどの小芝居ですが、最近役者づいてる喬太郎師の裏表を演じ分ける姿、そりゃもう、たまんないうまさでございます(某ビールメーカ風)。兼好師の思わぬアドリブ(ブタコレラ事件、その後ちゃんと反省会をされてました)が波乱を引き起こし、一同思わず素に戻る場面も。逆手にとって笑いの相乗作用、言葉の達人たちは心からこの会を楽しんでいるご様子でした。開口一番、兼好師のお弟子さんじゃんけん君(来年真打の予定)の『やかん』、喬太郎師、若旦那が妙に色っぽい『擬宝珠』、中入を挟んで歌武蔵師『稲川』ほろりとしました。トリを新メンバー兼好師の、これ以上笑えるか!『ちりとてちん』。たっぷり2時間、会場にいらしたお客様も大満足だったのでは。帰りしな、師匠方からグリルMのハンバーグを食べに、また来年も久留米に伺いたいとご案内がございました。いえーい!

Home > Archives > 2019-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top