Home > Archives > 2019-01-09

2019-01-09

むすんで、ひらいて!! vol.56

「健康な家族の中で子どもを育てる」
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

子どもを育てるうえで最も大切なことは、健康な家族を作ることだそうです。
どういう環境の中で生きてきたかということによってそれぞれ違ってきます。
自分がどのような親子関係でどのように養育されてきたかが全ての人の人間関係の基盤になるというわけです。

例えば、対人関係を苦痛に感じる人は、親が子供に注意する・叱る・しつける等いつも支配と服従という人間関係の中で育ったことが多く、逆に、意見の違いということがあっても、本質的には他の人と自分は対等という家庭内の人間関係で育った人は非常に協調的で安心して人間関係が持てます。

このようなことで人間関係を学んでいくわけです。

親が子どもをしかりつける時に大切なことは『してもいいこと、悪いことをただくりかえし伝えること』その分別をいつから子どもが実行できるのかは、子供に任せてゆっくり待ってあげる。こうゆう姿勢が子どもの中に自律性を育てるのです。基盤はお父さん、お母さんです。ちょっと心がけて素敵な家族を作っていってください。

201901wakaba.jpg

歯は健康のバロメーター vol.21

〜落合先生のお口のお話し〜
「乳歯の時にはきれいな歯並びだったのに、
永久歯が萌出したらでこぼこになった、
ということはありませんか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

幼稚園や保育園に入園したころはきれいな歯並びだったのに、卒園するころあるいは小学校に入学する頃になったら、何だか前歯の歯並びが凸凹になってきた、ということがよくあります。せっかくきれいだったのに、と思うととても心配になるものです。しかしながら、実はこのような歯並びの問題は、症状の程度に差があるものの多くの子どもたちにみられるのです。むし歯があって、歯が欠けている部分に寄ってしまった、外傷で歯を失って隣の歯が倒れこんできてしまった、指しゃぶりや爪噛みがあって前歯に不自然な力が加わっていた、等々、原因が明らかなものもありますが、中には全く原因が思い当たらないこともあります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
歯の大きさは、乳歯も永久歯も一度出来上がればその大きさが変わることはありません。何歳になっても最初にはえてきたときの大きさです。しかしながら顎は体の成長とともに大きくなります。そして、乳歯とそのあとに萌出してくる永久歯の大きさを比べると、特に前歯と犬歯においては永久歯の方が大きいことがわかっています(乳歯でも奥歯については別ですが、そのはなしはまたいずれ)。したがって、まだ大人の大きさになっていない顎に大人と同じ大きさの歯が萌出してくるのですから、当然のように場所が足りません。乳歯が抜けて永久歯になるとき、歯並びに問題が生じることは、よく起こることなのです。ですから、永久歯の前歯が萌出してきて、歯並びが気になる場合には、こうなることはよくあるのだ、ということをまず念頭において、そしてこれが自然のことか異常なのかをかかりつけの歯科医院でみてもらうようにしましょう。何か異常があればそれを解決する治療を提案されるでしょうし、そのまま様子を見守ることもあります。気軽に相談してみることをお勧めします。

新・落語スズメvol.5

「続ける秘訣のようなもの」
文/松田 一成

酔いにまかせて、えいやっと入った飲み屋が、思わず心地よく、店主と話しこんでしまった。店をどこで開くのか考えたそうだ。福岡で勝負するには街が大き過ぎ。かといって、自分の地元では小さい、久留米の規模くらいがちょうどいいのかなと。始めてみれば、おっとどっこい、その久留米のスケールこそが難しい。長く続けるためには、同じお客様に何度も来てもらわねばならないからだ。その市村正親似のイケメン店主を眺めながら、充分流行るだろうにと思ったが、お客様はわがまま、なかなか大変だそうだ。そういえば、お手伝いしている落語会、昨年暮れの会は、ご出演して頂いた噺家さんが登場して、ちょうど10年の会でした。ネタ帳を繰っていて当人が気が付いた。ぽつりと。「あたしが出てなきゃ、こんなに続いてないね。」芸人独特の美意識にくすっとしましたが、いやいや、ごもっとも、おっしゃる通り。何度も足をお運びいただくお客様は、落語を聞きに来ている以上に、その噺家さんに会いに来て下さる(この辺はAKBと一緒だな(笑))、その結果が10年という年月か。その仕掛け(落語、おいしいお酒、)がいろいろあるだけで、人を動かすのは人でしかないし、人は人にしか興味を持たない(自分自身への興味も(笑))。ほんとに実感します。件の噺家さんを御贔屓にして下さるお客様も、池町川のバーカウンターでぼんやりする客(アタシ)も、会(杯)を重ねる理由は、結局、その人に、その人に会える場所にひかれるからなんだろうな。人柄を惚れさせるが、長く続く秘訣なのでしょうか。ただ、落語の場合、イケメン具合はあまり関係ないようで。(師匠スミマセン)

久留米文学散歩 vol.73

夏目漱石と熊本そして久留米⑪
文/増原 達也

耶馬渓から帰った漱石は決して「機嫌」は良くなかった様です。鏡子さんが書き遺しているように足に「マメ」を作ったり雪の中で「馬に蹴られた」りした事だけでなく、頼山陽が詠んだ句から受けた感じと実景とが想像と大きく違っていたからではないでしょうか。それにキリスト教の深い信仰を持っている奥太一郎氏とでは話しも余りなかったでしょうから。その証拠に数日同行していた奥氏ですが、本当に漱石と一緒だったかと疑う位、耶馬渓で漱石が詠んだ句の中に奥氏の息遣いが無いのです。だから勿論奥氏が作句した句も遺っていません。彼は敬虔なキリスト教信者で後にその方面の大学の教授にも就いています。それにしても、一句位、亦漱石が句の中にそれらしい人物を読み込む位の事をしても良かったのではないでしょうか。道中句にそれも存りません。漱石が道中で遺した句では本当に奥氏は同行したのかと疑う位です。漱石は道中彼と何を話したのでしょうか。それにもう一ツ大きな落胆が存ったのです。それが漱石が頼山陽の句で受けた直感的な事と実景が余りにも違いすぎていたと云う事ではないでしょうか。真冬と云うこともあったでしょうが、それより山陽の句作の姿勢にあった様です。作風というのもあるでしょうが、ここに山陽作の「泊天草洋」と云うのが存ります。これを読んでみても私の様な知識ではとても理解に苦しむ処が多いのです。例えば
雲耶山耶呉耶越、水天髣髴青一髪
とありますが、有明湾から西側の天を見渡しての事で、これは
雲か山か呉か越か、水天髣髴青一髪   と詠みます。
正直な処「有明海」から呉や越が観える筈はないのです。そしてこの海はそんなに広くもないし深さも存りません。山ばかりは展望できます。只この湾は潮の満ち引きで遠浅になり若し山陽が舟に乗っているのなら、その高低には驚いた筈です。それは詩の中にはありません。
漱石もこの八句の中からその様な事を感じ取ったのではないでしょうか。
尚耶馬渓の景勝を世に伝えたのは山陽が最初と伝えられています。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.116

“2014年 ホンジュラス レンピーラ”
写真と文 安達  和宏

2014年ホンジュラス レンピーラにあるティト・ヴァレンティンさんご家族を訪問した際の一コマです。
グアテマラから陸路でホンジュラスへ入り、カカオ農園などを廻り二日目にこちらにお邪魔しました。山道をひた走りやっと辿り着くと、小じんまりとした小屋へ通され朝食をご馳走になりました。お決まりのトルティーヤに豆や卵料理。質素な食事ではありますが、暖かい笑顔で私たちをもてなしてくれます。収穫するコーヒーには息子4人に娘婿1人のパート毎にそれぞれの名前でロットがあり、家族で頑張っている様子が手に取るように窺えます。生産量も少なく手作業での積み重ねですが、収穫後の処理や乾燥など検証しながら、そのノウハウは構築され伝え受け継がれるのでしょう。また、ティトさんご家族の笑顔と再会できる日が楽しみです。

201901coffee.jpg

くるめ食素材探検 vol.63

柿ピーでおなじみ。ピーナッツです。
「落花生」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

落花生は南アメリカ大陸原産。なんと紀元前2500年前の遺跡から落花生の殻が出てきたんだそうです。そこからアフリカ経由でスペイン、そして東南アジア経由で日本にやってきたのは18世紀初頭。
そんな付き合いの長い落花生ですが、食物アレルギーの7%程度を占め、アナフィラキシーショックを起こす代表的な食物でもあります。食品の表示でも一番強い「表示の義務がある特定原材料7品目」に、えび、かに、小麦、そばなどと並んで指定されております。最近では豆まきで落花生(ピーナッツ)を使用することが増えているようですが、接触や粉末の吸入などでも症状がでるため注意が必要です。

生の落花生、鮮度が命!という繊細な一面もあります。収穫後24時間で味や硬さが変化してしまいますので、生の落花生は冷凍するほかなかなか流通に乗りません。もし、生を買われるときには、収穫日時のご確認を。というわけで、あの乾燥した落花生がおなじみなわけです。乾燥にも天日と機械乾燥の二種類ありまして、価格や乾燥度合いの安定には機械乾燥に軍配があがります。一方で、人工的な熱風を送って乾燥させるため食味が落ちたり、甘みの少ない落花生になるほか、落花生に含まれる油の変質が気になるのも機械乾燥です。
主要な産地である千葉県では、いまだに「ぼっち」と呼ばれる手積み、天日の乾燥方法がとられているところもあり、季節の風物詩として観光資源にもなっているようです。共通語では「野積み」といいますが、北海道でも似たようなやりかたで小豆なんかを積んで乾燥させます。これ、「にお積み」っていうんですよね。どなたか、語源をご存じないですか?

201901peanut.jpg

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.99

雅な香りで快適なお部屋の演出を!
香star

平安時代、貴族の女性はお香を枕の中に入れ、その髪に香りをしみこませたそうです。「花小袖香枕」その香枕を模して作った「置き香」です。お部屋や玄関等のアクセサリーとして、香りを楽しむ道具です。
花小袖香枕は、桐箱に源氏香をあしらい、その透かしから仄かな香りが漂う仕掛けになっています。親しい方への贈り物に、自分のお部屋や玄関の香りとしてご利用ください。自分らしい香りの演出ができますよ!

香枕本体(総桐製)1個
香枕専用お香(タトウ紙包み)1個
…5,000円(税別)
※詰め替え用お香1,500円も用意しております
※本商品はご予約の上、ご注文となります。

201901kaori1.jpg

201901kaori2.jpg

Home > Archives > 2019-01-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top