Home > Archives > 2018-07

2018-07

くるめ食素材探検 vol.57

あまいとうがらし!? 「とうがらし」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
sisitou20180701.jpg

あまいとうがらし、と言われてもいまいちピンとこないかたが多いと思います。ほら、焼肉なんかの野菜のなかに、なんか緑でひょろいのが入ってるじゃないですか。で、たまにとんでもなく辛くって「あたりだ!」と騒いだり。アレですあれ。乾燥などストレスがかかると辛いのができたりするんだとか。家庭菜園だと起こりやすく、作られているかたはご注意を。

ナス科トウガラシ属に分類されるとうがらし、「南蛮」とも呼ばれ長い歴史のなかでちょっとづつ「辛くない!」やつを選んで種を取って育てて、と延々やりましていまの「あまとうがらし」の品種が育成されてきました。ピーマン、パプリカなども近い品種です。なので緑のイメージが強い甘唐辛子ですが完熟しますと真っ赤に。日本にはいってきた経緯は諸説あるのですが、明治あたりから親しまれていた野菜のようです。やはり「南蛮」から伝来したんでしょうねえ。もちろん海外でも品種がいくつかありまして。スイートペッパーなどという「辛いのか甘いのか」悩ましい品種も。

日本だと代表的なのはししとう、甘長、伏見、万願寺やほどからなんばん、なんてのも。なすびなんかと一緒にさっと素揚げして、おそうめんに添えると美味しいですし、ちりめんじゃこなどと一緒に炒り煮したり。夏の常備菜としてどうぞ。素揚げするときはちょっと穴をあけてあげて。中の種には独特の辛味がありますので、お好みで取って調理されたほうがいいと思います。ちょっと辛味味噌などつけて生でもいけますヨ。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.110

“2018年 ニカラグア マタガルパ”
写真と文 安達  和宏
adati20180701.jpg
2018年4月に訪問したニカラグアでの一コマです。
ニカラグアCOE=カップ オブ エクセレンスの品評会も表彰式も盛況裡に終わり。翌日は、品評会で入賞した農園のオプショナルツアーで、マタガルパという地区とお隣りヒノテガという地区の農園を訪問しました。そんな移動途中の道に掲げてあったのが…この看板。環境/自然資源省?でしょうか。EL ARENAL自然保護区…『私たちの水源を守りましょう』と記してあります。コーヒー栽培においても、生産処理施設から出る排水/汚水のリサイクル化も進み、出来るだけ水を使わないで環境を守る取り組みも実践されています。最近では耳にすることも多くなった『サステナブル=持続可能』という言葉は、経済活動としても環境保護の立場からも最重要キーワードとして、あだち珈琲のミッションに深く刻まれています。

久留米文学散歩 vol.67

夏目漱石と熊本そして久留米⑤
文/増原 達也

この井川渕に転居して来たのは31年3月で次に転居したのが同年7月に内坪井町です。ここが私が最初に熊本で漱石の足跡を尋ねた所になったのですが、順に書くと下通町から合羽町ニ三七(現坪井ニ丁目一)で次が大江村四0一に転居、そして井川渕八となるのです。(少し違った処があるかも知れません。)ここが鏡子の入水の地です。もう20年以上も前にそこを尋ねてみました。藤崎八幡宮から白川に沿って下った2〜3百米の処に「明午橋」と云うのが架かり、その右側の川渕なのですが、当時と違い川の両岸に大きな堤防が設けられていますので、川幅は可成り狭くなり川の流れも急になっている気がしました。その橋の中央迄進み当時の状況を想像してみました。話に依ると「彼女を最初に助けたのは、その川で漁をしていた漁師だった。」と伝えられています。と云う事は彼女が入水する時から漁師の目に姿は入っていた事になり、彼女には距離からして助けられる事は計算尽くだったと思われました。早い話漱石に対する「脅し」に外ならなかったのでしょう。問題はこれからです。五高教授と云えば地区、いや日本でも当時は知名士です。新聞社が直ぐ知る事になり、若しかしたら翌朝の紙面には三面に大きく、「教授浮気で、妻女入水自殺」これ迄大きな字で、その横に小さく「未遂」となっていたでしょう。これを抑えたのが「菅虎雄」だったと伝えられています。勿論彼一人ではなく市内報道機関に顔の利く人が中に入り、その手先は、一斉に熊本の報道機関を廻り、遂に一行の記事にもなっていません。これに対して漱石が虎雄や地元の有力者にどの様な礼をしたかも彼自身も一行も遺していません。併し31年の短歌の中に一首それらしきものが存在しているのです。それが「柳散る柳散りつつ細る恋」(31年作)柳とは中国ではそちらの方の女性の代名詞となっており、漢詩をやっていた彼はその事を熟知していたでしょうから。それにこの句は同年の末尾の方に輯録されているのです。以後彼は男女関係の機微や人間関係の作品を多く遺していますが、根はこの辺に存るようです。

歯は健康のバロメーター vol.15

〜落合先生のお口のお話し〜
「指しゃぶりをやめさせる方法はありますか? 3」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

前回は指しゃぶりについて、2歳頃までは自然な行動として特にやめさせる必要はないこと、3歳以降は興味を持って集中できる、毎日の楽しみになる、やりがいを感じる、というような、こどもが生活の広がりのきっかけに出会えるような方向に導いてあげる、という対応策についてお話ししました。
それでは年長さんや小学生になってもやめられない場合はどうするか?小学生になってもやめられない、という状況においては、わかってはいるがどうしてもやめられない、というように、実は本人も気にしていることが多いものです。これまでは指しゃぶりをやめさせる、という努力をせず、指しゃぶりよりも面白いことを見つけられるようにする、という方向でしたが、小学生になったらまずは本人との対話から始めるといいでしょう。「ゆびしゃぶりをやめたいとおもっているの?」これがスタートです。
本人が辞めたいと思っている、これを確認したら、全面的に協力してあげましょう。この時期になったら、注意の声掛けをしたり、指に包帯を巻いたり、今日は何回指を吸ったか表をつけたり、吸わずに長時間過せたらほめてあげるとか、本人が辞めたいと思っていることに協力するのですからこのような大人の行動もストレスではありません。叱るのではなく、むしろ一緒に指しゃぶりから脱出しよう、という仲間意識をもって取り組んでみて下さい。
最後に、おとなになっても指しゃぶりをしている人に会うことはまずありません。みんな卒業していきます。なかなかやめられなくてもいつかは「こんなこともあったナ」、と笑い話になることを忘れずにいて下さい。

むすんで、ひらいて!! vol.50

wakaba20180701.jpg「長年、子ども達の指導をして来て思うこと」
④ 発達診断、知能検査について
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

田中ビネー知能検査は日本を代表する個別式の検査で、私は30数年前から活用し、保護者と共に子育ての参考にしています。検査は一対一で向き合い、教具(おもちゃ等)を使って口答質問で行います。1歳から成人まで実施できるもので、14歳までは年齢ごとに質問が決まっています。
例えば、5歳であれば、まず、5歳級の問題を実施します。不合格となった部分が一問でもあれば4歳級の問題も全て行い、4歳級でも不合格があれば3歳級を…と、全ての問題が合格できるまで行います。上の年齢級は逆に、6歳級、7歳級と全ての問題が不合格となるまで行います。
こうしていくと、その子の発達しそびれている部分や優れている部分が見えてくる訳です。
また、その結果によって全国平均を100として算出され、70以下を知的障害とされています。

知能指数自体は、10歳位までは変動があり、3~4歳位で70以下であってもある時期急激に伸びることもあります。
検査中、私が特に注意して見るのが不合格となった部分です。
〇全く問題の意味がわからず不合格になった。
〇問題の意味はわかっているが言葉が上手く出て来ない。
〇答えはちゃんと言えたが時間オーバーだった。
などで、同じ不合格でも大きな違いがあり、それを知ることによって その子への養育も変わってきます。
知能検査は、単に「知能が進んでいる」とか「遅れている」と評価するためだけにあるのではなく、ひとり ひとりの成長状態を捉え、今後、どうしたらいいか指針を得る為のとても有効な検査です。一度、受けてみるのも子育ての参考として良いと思います。

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.3

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋
大人の美術教室「紅彩会」残り定員三名を受付中。
詳しいことは携帯 080-6470-2259

「子どもの絵に芸術を求めてはいけない」

これは恩師坂本繁二郎先生のお言葉です。画家になるためだけの画塾であってはならないとの教えです。この理念のもとに私は子どもの絵の指導を約六十五年間、久留米・八女で千余人のお子さんを相手に実践してきました。左の作品はS君の幼稚園・小六年時のものです。ここには幼児期の経験の主観的表現が高学年の客観的写生に順調に移行していることを見ることができます。いまS君は、中学校のブラスバンドで大活躍中です。思春期に美術から音楽に転じたことを、美術教育者として私はこの上なく喜んでいます。美術教育は総合的教育の一分野であることを示してくれたからです。「杉山子どもの絵の教室」は、子どもの美術活動は教育の一分野として重要であることを主張しつづけています。

【S君 幼稚園時作品】

sugiyama180702.jpg

【S君 小六年時作品】
sugiyama180701.jpg

絵が苦手な子ども大歓迎
お絵かき教室【募集中】
「杉山子どもの絵の教室」
夏休みの絵の宿題
指導受付中!※詳細は10Pにて

Home > Archives > 2018-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top