Home > Archives > 2018-05

2018-05

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.108

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真  vol.108
“2018年 ニカラグア マタガルパ”
写真と文 安達  和宏

20180508adati.jpg
2018年4月に訪問したニカラグアでの一コマです。
ニカラグアCOE=カップ オブ エクセレンスの品評会で、首都マナグアから車で3時間ほどのコーヒー産地でもある、審査会場のマタガルパという地方都市を訪問しました。いつも審査会では、スタッフとして国内から若手のコーヒー事業従事者や学生のボランティアなど参加しています。今回も明るい若者たちが会場設営からお湯注ぎ清掃と精力的に働いてくれました。何より、いつも笑顔で元気に「Hola! オラ!」と、挨拶してくれるので、時差ボケや審査の疲れも吹き飛んでしまいます。話しをすると皆んな自分たちの国ニカラグア、そしてコーヒーの事が大好きで自慢してくれます。自国を愛する気持ち〜当たり前のようでありながら、素直に好きと語る彼らがとても素敵に映るのです!

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.91

草野陶房 現の証拠 河北徹
「ミニ盆栽とお香にまつわる焼き物展」
期間:5月15日(火)〜5月31日(木)   香star

新緑のころ、緑も深まるこの季節、お部屋にも心落ち着く「ミニ盆栽」「一輪挿し」を飾って見ませんか。そこに香りのアクセントがあれば、心も体もリフレッシュします。
期間中は、現の証拠さんのミニ盆栽、盆栽鉢、茶香炉などが展示即売されます。爽やかな5月の緑と香りを天年堂へ探しにきませんか?

20180508tennnenndou.jpg▲蚊やり香炉 3,780円

母の日グッズ揃えています!

イベントのお知らせ
2018.5/28(月)〜6/2(土)
「四人展」
〜創作バッグ、お香と香炉、
手織佐賀錦、甦る時代家具〜
ところ:味の兵四郎1Fギャラリー
筑紫野市美しが丘北3丁目1-3
TEL092-926-7558

歯は健康のバロメーター vol.13

〜落合先生のお口のお話し〜
「指しゃぶりをやめさせる方法はありますか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

指しゃぶりをやめさせるにはどうすればいい?というご相談を受けることがよくあります。指しゃぶりによって歯並び咬み合わせが悪くなる、指に吸いダコができる、見た目が気になる等、いろいろな問題があることから、早くやめさせたいと思う気持ちはその通りだと思います。しかしながら、結論からお話すると、現在、指しゃぶりをやめさせる決定的な方法は、ありません。
もともと指しゃぶりというものはヒトとして自然な行為、すでに胎児期から行っているもので、これは生まれたときにすぐ母乳を飲むための練習として重要視されています。そして誕生後は目で見たものを手で触ってそれを口に入れる、こうやっていろいろな物の形、味、感触等を口で感じて、物の性質を学習、判断していく行動をとります。つまり指しゃぶりは世の中の物を知るために口の感覚を研ぎ澄ませている行為といえるでしょう。
しかし、1〜2歳になると口で確認しなくても目や手の感覚でいろいろなものを判断することができるようになり、やがて3歳を過ぎると友達と遊んだり体を動かして遊ぶようになるため指しゃぶりはしなくなる、というのが通常の指しゃぶりの始まりから卒業です。したがって2歳頃までは自然な行動として特にやめさせる必要はなく、様子を見守ってあげて下さい。
心配なのは3歳以降の指しゃぶりです。こどもにとって吸う行動は、母乳を飲むためにお母さんの乳首を吸う等、気持ちのいい感覚があるものですから、口の感覚でものを判断するという行為が必要ない年齢になっているにもかかわらず、この気持ちよさからなかなか抜け出せず、不安な時、寂しいとき、手持ち無沙汰なとき、ぼんやりしているとき、動画を見る等受け身の状態になっているとき、こんな時に指しゃぶりをしてしまう。これが習慣、癖としての指しゃぶりということになります。これをどう解決するか、来月に続きます。

Home > Archives > 2018-05

Search
Feeds
Meta

Return to page top