Home > Archives > 2017-04

2017-04

むすんで、ひらいて!! vol.36

「保護者からの悩み」
⑤子どもがじっとしていません。
今多いといわれているADHDではないかと心配しています。
wakaba2017041.jpg
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

ADHD
(注意欠陥多動性障害)

注意欠陥とは、注意を集中、持続ができない、家庭や教室で周りの大人の言うことを聞かなかったり、指示されたことに従えなかったり、自分の感情のままに行動をしてしまうことです。
多動は、動き回る、椅子に座らせても体の一部が動く、突然興味の向いた方に立ち上がり行動をするなどです。

ADHDに対しては診断の基準はかなり細かく研究されていますが、その原因も治療法もまだはっきりとはしていないようです。
「ADHDではないか」と心配されている子どもの行動をよく見ていると、1歳半から2歳半位までの子どもの反応とよく似ています。
本来、子どもは大人よりも多動ですし興味もあちこちに広がりますが、4歳、5歳になって社会性が育っていなければ当然、集団生活に入ってトラブルが起こる訳です。
本人は悪気があってしているのではなく、気持ちのおもむくまま行動しているのです。
知的な遅れもあまりなく言葉も出ているのですが、対話が難しく会話は一方的な子が多いようです。
これは、自閉症スペクトラムや高知能児にも幼児期に見られ、判断が難しく一人ひとり違います。

では、そういう子どもをどう教育・養育していけばいいか、子どもが自分勝手な行動を取り、人の言うことを聞かないということは人の存在が見えないということですから、一対一で向き合い目と目を合わせて話し、視線が合うようになってくると指示や命令に反応するようになり、教育やしつけの基礎ができてきます。

家庭では子どもと向き合って遊んで下さい。
座って一緒に遊ぶ時間を少しずつ長くしていきます。遊びはその子の興味のある物、パズルでも車を並べるのでも。

次に「本を見てからパズルで遊ぼうね」と約束事を決め守らせるようにします。
守れたら思いっきり抱きしめる、頭をなでる等、体で感じる褒め方をして下さい。
少しずつ人と関わる楽しさ、喜びを感じさせると対話もスムーズになり、社会のルールを教えやすくなります。

幼児の場合、発達しそびれている部分を促す、導く方向で育てると良いと思います。
出来るだけ早い時期に気づき、対処する必要性を感じます。

くるめ食素材探検 vol.42

春の風物詩 「高菜」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
takana2017041.jpg
春分の日を過ぎ、これからは昼間の方が長くなっていきますね。今月は高菜をご紹介。

タカナはアブラナ科の植物で、カラシナナの一種です。原産地は中央アジア。平安時代以前にシルクロードを通って日本に伝わったと言われています。ワサビなどと同じ辛味成分を含み、保存性が高く、主に漬け物に利用され、野沢菜、広島菜と並んで日本3大漬け菜のひとつにも数えられます。
主に漬け物、しかも刻んで油で炒めたものを食べることが多いので、あまり旬を意識されることはないんですが、高菜の産地である筑後(三池高菜)や阿蘇(阿蘇高菜)などでは、この時期に収穫し干し上げて、漬け物にするのが風物詩になっています。

雲仙にも独特の「コブ」がある「雲仙こぶ高菜」が伝わっていましたが、阿蘇や三池ほど大きくならず小ぶりな品種だったものですたれてしまいました。これじゃあいかん!と2002年に地元の生産者や行政などで作る「雲仙こぶ高菜再生プロジェクトチーム」が結成され、十軒ほどの農家さんが栽培されているそうです。

高菜は産地や漬ける人によって千差万別な漬け方。いろんな人に伺いましたが「これがコツっちゃん」とそれぞれなやり方を教えていただきました。一度で漬け込んでしまう方法や数回にわけてつけなおす方法もあります。半年以上漬け込む「古漬け」が一般的ですけど、この時期だけの「浅漬け」もたまんないですよね。

高菜漬けは、そのままご飯に乗せたり、チャーハンに入れたり、パスタに和えたりと色々な食べ方がありますが、あなたのおすすめはなんですか?

私はやはりおにぎりかなー。熊野新宮名物 めはり寿司も高菜の葉を刻まず広いまま包みます。

久留米文学散歩 vol.52

筑後川と久留米②
文/増原 達也

疎開先で雨の日には良く縁側で疎開させてあった本を読んだものです。その中に「河童」が存ったのです。正直な処父の本を疎開させたのですから、小学六年生の私には難しい本ばかりでしたが、何故かその時、吉川英治の「大閣記」や、これも同氏だったと思いますが「宮本武蔵」そして「西遊記」等も一〜二年の間に読んでしまったのを記憶しています。その中に芥川龍之介全集も存ったのです。正直な処、小学六年生位で彼の本は読めたものではないのですが、昔の本や新聞は漢字にカナが付けてありました。どの様にして読破したのか「河童」、「手巾(ハンカチ)」そして「トロッコ」等が記憶に残っています。
この「河童」は昭和二年の「改造」三月号に発表されたのですが、彼はその年の七月二十四日に自ら命を絶っています。
この物語は、河ではなく上高地の「梓川」の茂みの中で「穴」に落ち、それが「河童」の國の入り口だったと云う処から物語は出発しています。詳細は良く記憶していませんが、河童の國が「獺」の國と「戦争をして、その河童の戦死者を國へ後送、それの肉を缶詰にして再び戦地に送り、それを河童の戦士達は食して戦争をする」と云う場面が存りました。
戦争中でも存り、日本は大変な「食糧難」でもあった為か、日本でもそんな事をしていただろうか、と思い、「吐き気を」もようしたのを覚えています。これで資本家は「金を儲けている」と彼は説いていました。
芥川の小説の中に「トロッコ」と云うのも存り疎開児童の「淋しさ」と孤独感を表現したのも存ります。
もう一つは、「手巾」と云う小説で解説は色々存りましたが、私には彼が云う「演技術」とは夏目漱石の「無意識の偽善」とは「根」の部分は同じだと、本を読んだ相当後に思った事が存ります。筑後川から話が変な方向に向いましたが、そろそろ本道に戻したいと思います。 ー つづく ー

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.78

「春は花咲き香る!!」
香star 天年堂  稲生宗司
tennendo2017041.jpg
花は香りで昆虫を呼び、虫はその密に群がります。香りは種族保存の重要な役目を果たしています。香りの化学成分は有力な殺菌性を持っていて、草木の香りは自己防衛の役目を果たしているそうです。動物の分泌物は香りをもち、異性間の愛の誘因物であります。人間も身体を香りで粧うことを覚えたと思われますが、人間だけが火を焚いて身を浄め神に祈り、あるいは花の香りに心身を托す芸術を得るようになりました。
この春、天年堂店舗では、フランス・エスティバン社製の火を使わないフレグランスが入荷しました。「グリーンノート、ネロり、マグノリアローザ、オルキデブランシュ」の4種類を取り揃えております。就職のお祝いや、引っ越しされる方への贈り物にいかがでしょうか!

TENNENDO香りのINFO
「お洒落で可愛い花教室」参加者募集

素敵な香りに包まれて、あなたの世界が広がります。
日時/【1回目】4月13日(木)・【2回目】4月27日(木)
いずれも10:30〜11:40
参加費/1回¥2500(花代込み) 定員/先着5名
※ハサミをお持ちの方はご持参下さい。花器は準備致します。
担当:宮川 090-9727-9715(受付時間:9時〜17時)

ラタンブーケセット…¥7,020
リフィール(エッセンス)…¥3,240
スティック(お香)…¥1,080
【税込】

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.95

“中米 パナマの買付け
ボルカン地区 ソフィア農園”

写真と文 安達  和宏
adati2017041.jpg
2017年3月14日から25日まで、パナマ・コロンビアの買付けに行ってきました。今日の一枚はパナマの西部ボルカン地区にあるソフィア農園の頂上付近から望んだ綺麗な虹のパノラマです。この辺の山々では、湿気のある大西洋側から乾いた太平洋側からの風がぶつかる地域で、”バハレケ”という霧の雨がよく降ります。この霧雨はコーヒーの樹にも保湿効果があり、よりフレッシュにさせるそうです。標高2000mにもなるこのマイクロクライメントは、その気候条件のもと爽やか酸とジューシーな味わいを齎してくれます。農園を歩いて登り樹々になったコーヒーチャリー(果実)を摘み口に含みながら、火照った体に降り注ぐ”バハレケ”と山々に掛かる虹に癒されるのでした。

Home > Archives > 2017-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top