Home > Archives > 2016-02

2016-02

香茶店“香り不思議発見” Vol. 64

「春されば まづ咲くやどの
梅の花 ひとり見つつや
春日暮らさむ」    山上憶良

kaori2016022.jpg

香star 天年堂  稲生宗司

梅は元々漢方薬 |お香と同じ。
練香の「梅花」:沈香・甘松・丁子・麝香等で梅の香りのイメージを作られている。
清らかな香りを生み出し重要な香気成分は〝ベンツアルデヒド〟である。
50成分以上の香気成分有り。
〝グリーンノート〟の成分や〝ラクトン類〟が多く、花の主要成分は、ずっと少ない。

*参考文献 香りの歳時記
諸江辰夫著 東洋経済新報社

くるめ食素材探検 vol.28

「漢方薬として利用されるほど
滋養強壮効果抜群」ながいも編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
syokuzai201602.jpg
自然薯、ながいも、やまと芋、つくね芋。いろいろ呼び名と品種があるのですが、「自然薯」は山の中に自生しているものだけをいいます。収穫までに3年〜4年かかることもある品種。折らずに掘るのが難しく、長いままだと一本一万円などの高値がつくことも。

山の中でムカゴを見かけたら、つるをそっと追いかけていくと芋があったり。むかごも、塩で炒ったりご飯と炊き込んでムカゴ飯にすると美味しいですよねー。これは秋の味覚です。
大和芋、伊勢芋、丹波芋、つくね芋はおなじもの。いちょう芋やながいもと同じ系統です。
長芋には、亜鉛やカリウム、鉄などのミネラル成分、ビタミンB群・Cなど栄養成分がバランス良く含まれ、さらにアミラーゼやジアスターゼ、ウレアーゼ、オキシターゼなど多くの消化酵素も含んでいます。

同系統の山芋は、漢方薬として利用されるほど、消化促進作用が抜群で滋養強壮効果も高いんです。

また、食物繊維の一種で、長芋独特のぬめり成分であるムチンは、細胞を活性化させる働きがあり、新陳代謝が促進され、老化の予防、肌荒れ、疲労回復、便秘の改善、ダイエットに効果的です。
syokuzai20160202.jpg
鹿児島の銘菓「かるかん」などの原料として使われています。お好み焼きや煮物にしてもおいしいですし、糠漬けもお勧めです。しゃきしゃきして美味しいですよー。

ナガイモは国内で生産、消費が終わっていたんですが、最近では台湾やアメリカ合衆国に輸出も伸びているそうです。薬膳や健康志向を好む食生活の影響だそうで。

久留米文学散歩 vol.38

漱石の草枕と筑後川⑫
文/増原 達也

13章に「・・・舟は筏に縁をつけたように底が平たい・・・」と云う処があります。春畦の家から筑後川に出て「舟」に乗るのですが、それが「筏に枡を乗せ」たものであった様です。その筏は久留米に着くとそのまま蓆帆で登ったり、分解して馬の背で返したそうです。
蓆帆の早瀬を上る霰かな(漱石)
この筏舟で下ったようです。川はこの筑後川だけでなく、白川も存ると云う意見も出そうですが、「白川」には鏡子の「自殺未遂」と云う「思い出」がありますから、彼はこの明治39年に草枕を執筆する際は避けています。それと彼の句の数を覧ましても30年と32年に比べて31年は可成り少ないようです。
柳散り柳散りつつ細る恋(漱石)
と云うのが31年にあります。周知の如く「柳」は中国では「愛人」の代名詞的なものです。参考までですが彼の発句を並べてみますと、但し昭和62年頃で締めての事ですが、
明治30年 二八二句
明治31年 一〇二句
明治32年 三三〇句となり、これ以後も各地で彼の句は発見されていますので、数は増えているはずです。中村是公の援助で「満韓ところどころ」を書いた際にも満韓でも発句していますので、数は前記よりは多くなっています。この昭和63年の時点では俳句二四三一句程で、漢詩は二八〇首程となっています。この漢詩は大正5年が一番多いようです。(七八首となっています。)扨飛び飛びになりましたが、明治39年に「草枕」を執筆した際は彼の気持ち及び経済的な見通しは相当充実、そして脱稿するまでは「夫婦間」も円満であった事が文章から感じられます。どちらかと云えば「猫」以外は彼の文章は暗く重く感じられるのですが、これにはそれがありません。「雲雀」の鳴き声は波長が短く決して心良いものではないのですが、それを彼は空間の大きさを読者に起こさせ、心良いものにしています。だから私は何度読んでも何処から読んでも飽きません。   終

次号から連載「自得とその時代」が始まります。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.81

“中米ホンジュラス買付の旅 レイナ・クラロスさん”
写真と文  安達  和宏
adati201602.jpg
2014年4月に訪問した時の一コマ、ホンジュラスの生産者レイナさん(中央)と御主人です。月末になるとパソコンに保存した写真を弄りながらコラムの原稿を書くのですが、思わずこの写真のレイナさんと目と目が合ってしまいました。豪快に笑う御主人のお隣でしっかりとした目線でカメラに微笑み掛ける姿は迫力すら感じます。実は農園を切り盛りしているのは奥様のレイナさん。リキダンバルという農園もお持ちですが、買い付けではいつも「レイナ・クラロス」という生産者名のロットで買い付けています。先月紹介したボリビア/アグロタケシのマリアナさんといい、ここでも女性の活躍が目立ちますね….この現象は世界的、いや少なくともあだち珈琲と一緒でしょうか^^さてさて、肝心のコーヒーですが彼女の作るコーヒーは、フルーツやブラウンシュガーなど優しい甘さやまろやかな口当たりが特徴なのです。決して派手な印象はないのですが、カッピングコメントにも”とても甘い”〜”VerySweet”と書き込んでいます。それは、この地域の地形や気象条件を活かしながら天塩に掛けコーヒー作りに取り組まれた情熱の証です。写真を眺めながら〜今年も、ホンジュラスにも行って再会したいと思ふ〜そんな月末なのでした。

むすんで、ひらいて!! vol.22

「幼児期にこそ早期に 指導が望まれるもの」
② 暴力的行為
wakaba201602.jpg
「暴力的な行為」「パニックを起こす」と言うと何か正常ではないように聞こえますが、「だだをこねる」「癇癪をおこす」というと誰でも子どもの頃にあるものですよね。
2歳頃から3歳にかけて思い通りにならないと、突然、叩いて来たり、噛み付いて来たり、髪を引っ張ったり、物を投げたりすることがあります。

これは異常ではなく自分の意志、感情が発達して来た為で、言葉ではまだ言えず腹立たしい感情を態度で表しているのです。
友達におもちゃを取られて悔しくてつい叩いてしまい叱られ母親の所に行って泣きます。

その時の母親の対応はとても重要で「よし、よし、お母さんなら叩いてもいいよ。」という態度で受け止めれば、「母親は叩いてもいいんだ、人は叩いてもいいんだ。」と教えるのと同じです。

もし、その子が中学生くらいの男の子だったらどうでしょう?とても女性ではかなわない程の力がありますよね。
子どもがお母さんを叩いた時は、大げさに痛がって「お母さんいたいのよ」叩かないでという態度をとって下さい。

「人は叩いてはだめなんだ」という事をしっかりと教えるいいチャンスです。
子どもは、人を叩く、痛めつける行為が良い事なのか悪い事なのかまだ知らないのです。判断出来ないのです。

しつけの為に子どもを叩くという人もいますが、叩かないでも立派に育ちます。いや、叩かない方が他人を思いやり人の痛みを思いやれる人に育つと思います。
人間は愛されている、信じられている、大切にされているという実感を持つことによってやさしさと自信と自尊心が育っていきます。

「私はあなたの事をとても可愛いと思っているし、大好きよ。」という気持ちを持って子どもと接すると、子どもは鋭い感覚でそれを感じ取ってくれます。
そして、真っすぐにその気持ちに応えてくれます。

Home > Archives > 2016-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top