Home > Archives > 2015-11

2015-11

久留米文学散歩 vol.35

漱石の草枕と筑後川⑨
文/増原 達也

そして漱石は明治32年元旦から宇佐(大分)にいくと言って家を出てまず「小倉」に行っています。
小 倉
うつくしき蜑の頭や春の鯛
ここには「中原慶太」と名簿には記され住所は「福岡県企救郡小倉賽町」となっています。そして「前句」で
正月二日宇佐に入る新暦なれば
にや門松たてたる家はなし。そして
蕭条たる古駅に入るや春の夕
その後に、宇佐八幡にて(六句)
兀として鳥居立ちけり冬木立
神苑に鶴放ちけり梅の花
ぬかづいて曰く正月二日なり
松の苔鶴痩せながら神の春
南無弓矢八幡殿に御慶かな
神かけて祈る恋なし宇佐の春
この他に「前句」 橋を呉橋といひ、北川を寄藻川といふ一句、として八句が遺されています。そして同級生の名簿には
大分県宇佐郡宇佐村、津留光太郎
大分県宇佐郡山口村、山口 格
と云うのが存在します、只彼はここでも両名に逢ったとは文章には遺していません。その足で耶馬渓には向かっているようで「羅漢寺」として七句詠んでいます。この耶馬渓の住所の名簿にはこの期での人名は存在していません。只南画とか漢詩をやる人は良く行く処と聞いた事があります。忘れぬ内に記載しますが、彼が大患後新聞に記載した「思い出す事など」の24に「・・・山水の画のような処に一遍でよいから住んでみたい・・・」と言ったら、傍にいた岩手出身の友人が真面目な顔で「君こんな所に住むとどの位不便なものだかしっているか」と気の毒そうに云った。・・・それは24〜5年も前のことであった、と書いています。この連載は明治43年頃からだから、前の数字を引くと「二松学舎」の時となります。その人の名は 岩手県西閉伊郡横田村、目澤章(不明)と云うのが存ります。

くるめ食素材探検 vol.25

さつまいも編  焼き芋の季節「さつまいも」
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
satumaimo201511.jpg
ぐっと冷えてまいりました。焼き芋の季節です。なぜ石焼き芋というだけで美味しそうに見えるんでしょうか。

熱帯地方原産のサツマイモは暑さや乾燥、肥料もいらず、戦後の食糧難の時代には、さつまいもの茎やツルまでもよく食べられていたそうです。
さつまいもの主成分はデンプンですが、各種ビタミンやミネラル類、食物繊維が豊富に含まれています。さつまいもに豊富に含まれるセルロース、ペクチンなどの食物繊維は、便秘を解消させる作用だけでなく、血液中のコレステロール低下や血糖値をコントロールする働きもあります。
また、粘膜を守る働きのあるβカロテン、糖質の代謝を助けるビタミンB1、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEなども、バランス良く含まれています。さらに、リンゴの10倍以上も含まれているビタミンCは、加熱調理しても壊れにくいという特徴があります。茎葉の部分にもビタミンC、E、K、カルシウム、ポルフェノールなどの栄養素がたくさん含まれております。
品種もいろいろありまして、紅はるか、紅あずまなど定番中の定番や、ほくほくした食感が特徴の金時系、ここ数年定番となってきた屋久島は安納地区出身「あんのう芋」、シルキーな舌触りが特徴のシルクスイート、お菓子やケーキに活躍するパープルスイートロードなどなど。

私が子供のころは、裏庭なんかで結構焚き火してたんですけど、今では消防署よばれちゃったり、いろいろ世知辛いですね。
せいぜい地元の神社で縄をなうときくらいでしょうか。毎年、芋もっていこうと思いつつ忘れます。小ぶりのいもをアルミホイルに包んで、熾火の中に放り込んでおいて。焦げたとこも旨いんですよね。今年こそはやろうっと。

ご家庭ですと、オーブンか電子レンジかな。焼き芋が美味しい理由のひとつは、サツマイモ内の酵素が働くことでデンプンが分解され、麦芽糖などの甘い成分が生成するから。
この酵素、β-アミラーゼが一番活発に働く温度は70℃前後。石焼き芋の場合、その温度帯が長く続くため酵素がより働き、甘味が増すという仕組みなんです。
いもの大きさにもよりますが、80℃の設定で一時間、200℃で30分と二段階加熱、一度おためしください。別次元の味が楽しめると思います。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.78

“南米ボリビア買付の旅 PART.2 カラナヴィ”
写真と文  安達  和宏
adati201511.jpg
2015年9月5日~13日まで、ボリビアへ買付けの旅に行って参りました。まずは、ラパスから車の移動で北西へ160kmの標高900mのカラナヴィという街。そこに、買付けているエキスポーター=アグリコーヒーのオフィス&ラボ、処理場があります。オーナーのペドロさんが、この地域の生産者に向けて立ち上げたプロジェクトを「ソル デ マニアナ」日本語で「朝日」と呼ばれています。従来の農法を見直しシェードツリー(日光のコーントロール)や剪定/植付けの間隔など検証を重ね変えたお陰で、品質向上や生産性の向上と目を見張る成果を出していて、プロジェクトのメンバーであるニコラスさんは、優しいお父さんの表情から今後の計画など目を輝かせながら語られます。。。周辺の農家からは、あまりの変化に何か特別な”樹”を植えてるのではないかと嫉妬も起こるほどだそうで、『次に作る予定の農園名は「ジェラシー」にすると』本当か冗談か分かりませんが^^おっしゃってました。周辺の山々を見てもまだまだ可能性を感じる…そんなカラナヴィの農園です。

香茶店“香り不思議発見” Vol.61

秋は熟成した練香で、人の心を和ませては。
香star 天年堂  稲生宗司
tennendou201511.jpg
茶席の中では、5月から10月まで風炉を用い、11月から4月に炉(囲炉裏)を用いる。風炉の時期には白檀、沈香を焚き炉には練香を焚く。席中の邪気を払い、湯を沸かす炭の匂いを浄化する。
練香とは天然香料を粉にしたものを調合し、蜜や梅肉で練り固めたもの。練香の手法は、天平勝宝6年(754年)、鑑真和上が32種の香の材料とともに日本に伝えたといわれている。

tennendou20151102.jpg
有名なのは、六種の薫物で、季節の移り変わりの折に調合されて、梅花、荷葉、菊花、落葉、侍従、黒方と六種の調合が伝えられている。源氏物語の中では、薫香が常に物語の背景に存在している。形にはめて作る印香もここに分類される。気軽なものから茶道御家流好みのものまで。特に、煙が気になる人にはぴったりのお香。燃やすのではなく、温めて香りを出す『空薫』でお楽しみください。

むすんで、ひらいて!! vol.19

「幼児期に育てておきたいこと」
⑧ あえて失敗の経験を
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子
wakaba201511.jpg
歩き始めたばかりの赤ちゃんは、よくつまずき転びます。ちょっとした物に当たっても転びます。一度転んで痛い思いをすると次には転ばないよう用心して歩こうとします。
私は2歳位の子どもの指導をする時に気をつけていることがあります。
椅子に座って机の上で大好きな車で遊んでいておもちゃが下に落ちてしまった時、あえて拾ってあげません。
「あぁー落ちちゃったねぇ」「拾わないと遊べないね」「どうしようか」と言って後は知らん振りをします。
子どもはしばらく考えて椅子から降りて自分で拾い、またうれしそうに遊び始めます。
よく見ていると今度は落ちないよう気をつけて遊んでいるのです。それでも、また落ちた時は何も言わなくても自ら拾います。拾ってあげるのは簡単です。しかし、先回りをして拾ってあげると、落ちないようにするにはどうすればいいかという知恵は育たないのです。
あえて失敗を経験させ、それを克服していくことを見守るのは子育ての上で非常に大切なことではないかと思っています。
手助けをするよりもハラハラ・ドキドキすることが多いのですが、確実に子どもは成長していきます。
これは一例ですが、子どもは何でも自分でやりたがりますよね。靴下を履くのも、洋服を着るもの、ボタンをとめるのも、ごはんを食べるのも、さまざまなことに挑戦しようとしています。これは順調な成長ですから自らやりたいと思う事を危険のない限りやらせてみましょう。そして、苦戦している時には、ちょっと助言したり手助けをする程度が良いと思います。
失敗を重ねるごとにその痛みや挫折を軽くするすべを覚えていくはずです。
失敗を経験して我が子が、又、ひとが成長したのだと見守ってあげましょう。

歯は健康のバロメーター

〜落合先生のお口のお話し vol.6〜
「転んで歯をぶつけたら」

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

つまづいて転んでしまうとき、反射的に手が前に出て顔が直接地面にぶつからないようガードするものですが、小学校低学年くらいまでのこどもは、このような反射的な行動がとれず、顔を地面に直接ぶつけるような転び方をすることがあります。
その際、どこを強くぶつけるかというと、上の前歯です。強くぶつけて歯がぐらぐらしている、あるいは歯が大きく破折して歯髄(歯の神経と呼ばれる歯の中身)が露出している等、だれが見ても大変だ、ということがわかれば、すぐに歯科医院を受診して、しかるべき処置を受けることでしょうが、歯をぶつけても何の症状もないという場合、もちろん歯には何ら問題がない、という結果になることが多いのですが、悪くないようにみえても、ぶつけた時の衝撃が歯髄に大きなショックを与えていて、歯髄が壊死してしまうことがあります。
歯髄が壊死しているかどうかはぶつけた直後にはわからず、早くても2~3日後、場合によっては1か月くらい経ってから歯の変色という症状でわかることが多いのです。また、ぐらぐらや破折がないようにみえても、診療用のライトの下でよくみてみると、微妙にぐらぐらしていたり、歯に亀裂が入っていたりすることがわかることもあります。歯髄壊死を放置すると歯根吸収や膿瘍形成を引き起こし早期脱落や顔面蜂窩織炎の原因となり、日常生活や歯の寿命に大きな影響を及ぼすこともあります。
ですから、こどもが歯をぶつけたら、症状がない場合でも一度歯科医院でチエックを受けておくことをお勧めしています。

Home > Archives > 2015-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top