Home > Archives > 2013-09

2013-09

くるめ食素材探検 プロローグ

「秋のオタスケ食材 れんこん」

文/産直や 蔵肆   靏久 格

gameni.jpg やっと暑い夏が過ぎ、秋がやってきましたね。
気持ちのよい朝晩が続きます。酷暑と大雨が交代できた今年の夏も、喉元過ぎればなんとやら、で。
立秋を過ぎても暑い日がときどきありますが、寒さと乾燥をゆっくりと体感していくのが秋の役割。
私たちの体は、秋の訪れとともに季節の移り変わりに慣れ、食べ物や飲み物も徐々に温かいものが美味しく感じられ、空気が乾燥してくることになじんできます。
この「寒さ」と「乾燥」は、五臓でいうと「肺」の活動が盛んになる季節です。肺は冷やされることを嫌います。肺は呼吸するときに腎臓とも連携しております。腎臓もまた冷えるのが大嫌いです。
運動会、スポーツの秋でもありますが、いつまでも冷たい飲み物、食べ物が多く入ると、肺の裏表の関係にある大腸もひやされます。結果、善玉菌の働きが落ちて便秘、下痢などを引き起こします。
また、冷たい飲み物は胃の血管を収縮し、胃の働きを悪くします。冷た過ぎない温度で水分補給することがおすすめです。 極端に冷やしたビールなどは、時に楽しむこともあるでしょうけど、冷えを持つ人には厳禁ですね。ぬる燗?ほどほどにお願いします。
肺、大腸の調子を教えてくれる体の出先機関は「皮膚」と「鼻」です。いつまでも夏の野菜をとっていたり、冷たい飲み物などが多いまま過ごして「冷え」がすぎると、粘膜の炎症やアレルギー、咳、たん、鼻水などとしてお知らせがきます。鼻炎の方、水分のとりかたを見直してみませんか?
肺の働きが落ちると、心の働きに助けを求めます。そのため胸の痛みが起きたり、気分が落ち込み勝ちになったりします。物思いにふける秋ですね。体と心、ちゃんとつながっています。
まずは早寝早起き、朝起きて散歩でもして、きちんと太陽の日差しを浴びましょう。カルシウムを体内できちんと骨に変換するには、ビタミンKやビタミンDなどが必要です。ビタミンKは大豆に多く含まれ、ビタミンDは日光浴で合成されます。サプリを買うにはお金が必要ですが、日光浴は無料ですよ!
私たちの体は連携プレーを取って季節ごとに働きを変えながら五臓六腑のありかたで命が続いています。
肺の働きを助けてくれるのが、秋のオタスケ食材「れんこん」
ここ筑後地方では「がめ煮」の材料として、また熊本では辛しレンコンとしてなじみが深く、また穴があいていることから「先が見える」「見通しがきく」と縁起のよい食べ物として、野菜の中ではビタミンB12が多いのが特徴。鉄分の吸収を高めてくれる働きもありますので、貧血気味の人は鉄分の多い食品といっしょに調理されてはいかがでしょうか?テフロンコーティングをしていない中華なべ、フライパンで調理するだけでもずいぶんと違いますよ。5ミリくらいの厚みに切って、ごま油かオリーブオイルをひとさじ敷いて、きちんと蓋をして弱火で蒸し焼きするのもオススメです。

久留米文学散歩 夏目漱石編(10)

文/増原 達也

漱石は鏡子と明治28年12月28日に見合いをしています。当時は鏡子の父は貴族院の官房長に就いていましたので、場所は東京の官舎だったようです。どうして12月28日と詰った日になったのかと云いますと、彼は松山の中学校で教師をしており、休みが取れなかったからです。
そして一回の見合いで彼は結婚を決めています。只この時期、漱石は転職の希望が強くなり、各方面に職の斡旋を依頼しています。
だから鏡子との見合いでも彼女の父が当時の高級官僚であったので、その気持ちが存在してなかった筈はありません。併し、それは功を奏してはいません。
そして翌年の6月10日に熊本県光琳寺町(借家)(家賃7円)で結婚式をあげ、新所帯となるのですが、その様な理由からか、漱石の方も鏡子の方も友人、知人、親戚関係は、式には一切招待して居なく、どちらかと云えば、それら関係者には事後承認の様な形になっています。この時の費用を鏡子は後で7円50銭だったと書き遺しています。漱石の月の給が百円の時代ですから、いかに簡素な式であったのかが想像されます。それに結婚式の日々ですが、鏡子は6月10日と遺しており、彼は6月11日と遺しています。多分鏡子の方が正しいのでしょうが、何故、このような事になったのか、面白いと云うか、彼の安定していなかった気持ちが良く出ていると思います。
だから彼は鏡子方から、可成り豪勢な結婚式の式次第を送って来た際、それを理由に結婚辞退とも取れるような手紙を鏡子側に送っています。そして、式参加の顔ぶれは鏡子が東京から連れてきた女中、婆や車夫、それに鏡子の実父、鏡子と漱石の6人だったようです。当時同じ学校に居た先生仲間は誰一人招待されていません。この時、すでに漱石の胸には、鏡子との余りの話題の差に気づき、近い将来、離婚もあり得る気持ちが芽生えていたのではないでしょうか。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.53

“SCAJ 東京ビッグサイト コスタリカ生産者と”

写真と文  安達  和宏

coffee201310.jpg2013年9月25日 東京ビッグサイトにて SCAJ=日本スペシャルティコーヒー協会の大会。あだち珈琲も参加するコーヒー豆の買付けグループJRN=ジャパン ロ-スターズ ネットワークの出展ブースに訪れた、コスタリカのコーヒー生産者(エルバス農園、ドンマーヨ農園、サンタロサ1900農園)の皆さんです。ちょうどその時ブースではコスタリカのカッピング(テイスティング)中だったので再会の挨拶とお礼にはグッドタイミング。彼らは、自分たちが手塩にかけて作った豆を興味深く吟味します。その表情は真剣そのもの〜我々も彼らがどのような反応をするか心配顔で覗きますが・・・
そして、「ムイ ビエン!」「ブエノ!!」という声に一気にお互いの表情が緩みます。
お互いが行き来きを重ねて信頼関係を築く〜今夜は彼ら生産者&エキスポーターとの食事会。いつもは産地訪問で歓迎を受ける立場ですが、今回は『お も て な し』の心でお迎えしようと思ってます。
https://www.facebook.com/JapanRoastersNetwork?fref=ts

香茶店“香り不思議発見” Vol.36

「神との遭遇(火と道具編)」

天年堂  稲生宗司

youkihi.jpg「香り」は、「黍」が「甘く」匂うことから発した言葉であると聴く。「香料」という意味のラテン語は「パルファム(パフューム)」といい、「煙を通して」という意味になり、「煙を通して・・・」と申すと、「・・・神と繋がる」という意味だそうだ。
神が、ホモサピエンスに与えたものは、「火を使う」と「道具を使う」であったという。それを考えれば「香料」は全くそれを担ったものなのか?
15・6年程前に、女子高校生の依頼で御香のことを話した。その時に香りとは英語で何というか尋ねたら全員「アロマ」と答えた。これには些か驚いた。昔「コーヒールンバ」という曲が流行り「コーヒー」の焙煎での素晴らしい香気のことをいうように思い、使用価値はそれしかないと思っていた」ので驚いた。勿論、「アロマセラピー」からである。
香りで時代が変わる。楊貴妃の時代は、腋臭が強い女性が好まれた。今は、汗臭い男性も嫌われる。それを逆手にとって商品化している時代になった。「お・も・て・な・し」

Home > Archives > 2013-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top