Home > Archives > 2012-10

2012-10

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.63

福岡県限定のプレミアムいちじく
「とよみつひめ」

上品で自然な甘さを持ち、糖度は一般的な果実と比べても最高レベルといわれているいちじく「とよみつひめ」。地元久留米でも今秋まで収穫が続きます。
肉厚の白い果肉でジューシー、柔らかな食感が特徴の「とよみつひめ」を、銀のすぷーんでは自家製のコンポートにして、香ばしいパイと一緒に焼きあげます。サクサクのパイに、とろり優しい食感のいちじくコンポートがよく合います。
いちじくは「不老長寿の果物」といわれるほど、栄養が豊富!旬の果物から、おいしくて体にもよいパワーをたっぷりいただきましょう。

取材協力/銀のすぷーん
syun201211s.jpg

香茶店“香り不思議発見” Vol.25

「落ち葉の不思議な力」
kaori201211.jpg
天年堂 稲生宗司

350年ほど前、熊澤蕃山はアカマツ林に雑草が少ない事で、アカマツの雨滴が雑草の生育を拒んでいることに気付き、現在のアレロパシー研究を先取りしている。
アレロパシーとは、植物が放出する成分が植物の成長を阻害し、人や動物などには抗菌・殺菌作用があることで、相互の被害という意味である。もちろん有害が相手によれば、有益にもなる、これを他感作用ともいう。
このように自然は植物生態系をコントロールしている。我々人類は、森に守られている。
人間は、植物を食料・染料・芳香・殺虫などで利用してきた。更に研究が進み様々な病にも対応できつつある。例えば、「がんを抑える」試みもされている。もう知られていることだが、緑茶を一日10杯以上飲む方は、3杯以下に比べてがんの発生が女性は7.3年、男性は3.2年遅れたというデータがある。
いずれにしても、植物は、人類と相互関係にあり、守りあって生き続ける物であろう。
※陽明学者「熊沢蕃山」11代末裔は、弊社の経営に関わっておられます。

詳しくは、天年堂ブログ“くるめすたいるコーナー”にて
天年堂ホームページで店主日記を公開中

香舗 天年堂
福岡県久留米市野中町1526
JR久大線南久留米駅前・サンリブ前
TEL:0942-35-1050
http://www.tennendo.jp/

11月のいい地場のもの

秋も深まり、朝晩めっきり寒くなってきましたね。こんな季節は、久留米絣を着て大人の装いはいかがですか?襟元の絣のパッチワークがポイントですよ!!この他にも、身体の内側から温めるお茶やあめゆなど地場産品を多数取り揃えております。

取材協力/地場産くるめ

iijibanomono201211.jpg

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.62

~藤山町の栗~

 

今年も秋を感じさせてくれる栗が収穫の時を迎えました。久留米市藤山町で、栽培された栗は、特別大粒のもの!ごろっと大きな栗の鬼皮をむき、スジ取りをして、シロップでことこと煮込むこと1週間。じっくり時間をかけて、ほっくりおいしい渋皮煮を手作りします。その栗を丸ごとに閉じ込めたマロンパイや、ぎっしりつめこんだ「贅沢モンブラン」などに使っていきます。久留米ならでは、手作りならではの味覚を楽しんで!

 

取材協力/銀のすぷーん

syun201210-1.jpg syun201210-2.jpgsyun201210-3.jpg

香茶店 “香り不思議発見” Vol.24

「スギちゃんワイルドだぜー」 

 

star  稲生宗司

 kaori201210.jpg

ヨモギバクテリアの成長を阻害

カシの葉コレラ・腸チフス・結核菌・ジフテリア菌の殺菌

ワレモコウの根のエキス赤痢・パラチフスの病原菌の殺菌

 

 インドでは、大蛇が白檀の木にからみ、怪我を癒したという話が残っている。昔、きこりが怪我をすると、三種類の葉をもみ、傷口につけ、治していたという線香原料に使うスギの葉を水車小屋で製造する人たちは、風邪をひくとそのスギの葉の粉を舐めて治したという。

 害虫・病原菌等には、ただ無抵抗だと植物は思われているが、多様な武器を持ち、敵から身を守っている。その一つに匂い成分がある。匂いには、抗菌作用・殺虫忌避作用・消臭作用・生長阻害作用がある。次回は、その秘密を解き明かしていきたい。

 

詳しくは、天年堂ブログくるめすたいるコーナーにて

天年堂ホームページで店主日記を公開中

 

 

香舗 天年堂

福岡県久留米市野中町1526

JR久大線南久留米駅前・サンリブ前

TEL:0942-35-1050

http://www.tennendo.jp/

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.42

2012 エル・サルバドル

ビバ・エスプレッソ

 

写真と文  安達  和宏

 coffee201210.jpg

 

 2012年3月。エル・サルバドルのコーヒーショップ、ビバ・エスプレッソでの一コマ。

 以前、コロンビア/ボスカフェを取り上げたコラムで、産地では美味しいコーヒーを出してくれる店は無いと書きましたが、最近は少しずつその状況が変わってきました。この店はコーヒー生産地から初めて生まれた2011年バリスタの世界チャンピオンを輩出した店で、その実力は店舗にもフィードバックされています。メニューには、エル・サルバドルの地域毎の豆がシングルオリジン(ストレート)であり、カップオブエクセレンスの入賞豆などスペシャルティコーヒーに特化した品揃えになっていて、フレンチプレスやペーパードリップなど抽出方法も自分で選べます。もちろんエスプレッソもエルサルバドルの豆を使い、注文に応じてくれますし、そのお味も高品質を保っています。ショッピングセンター内にあったこの店舗とオフィスビルにあった別の店舗と二軒をハシゴして飲みましたが、参考になる店づくりです。またまた新しい企みが芽生えてきました!

10月のいい地場のもの

朝晩はすっかり秋らしくなりましたね。こんな季節には久留米絣がよく似合います。絣のスカートに肌触りの良い綿100%の絣風の上着のコーディネートはいかがでしょうか。

他にも、様々な秋らしいものを取り揃えています。

 

取材協力/地場産くるめ

iimono201210.jpg

Home > Archives > 2012-10

Search
Feeds
Meta

Return to page top