Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!!

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Archive

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.12

「子どもの絵と坂本繁二郎」
子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

六月九日まで久留米市美術館で「没後五十年 坂本繁二郎展」が開催されています。ぜひごらんください。

六十年前、八女市職員を辞職し、画塾で生計を維持することを、坂本先生に報告しにお伺いしたときのことです。先生はいつものように静かにやさしく、「それは結構なことですね。ただ幼児・子どもの絵に芸術を求めてはいけないとおもいます」と一言おっしゃいました。私はそのとき一瞬、胸がつまるほど驚きました。
それまで、八女市の保育所などで勤務していた私にとっては「美術教育」の原点ともいえる知識でした。それを「画家 坂本繁二郎」から直接聞こうとは。
それまで多く接した画家・教師からこれほど鮮明に「児童教育」についての意見を聞いたことはありませんでした。
また「子どもの絵は素直で自由でそれ自体はそれでいい。しかしそれは小乗の作品で、真の絵は客観大乗に突き抜けていなければならない。それは、どんなにうまい絵を描いても子どもにはできぬことである」という言葉を遺しておられることもその後知りました。ここには「美術教育家 坂本繁二郎」の理念が見事に打ちだされています。
これらのことは、いま開催中の「没後五十年 坂本繁二郎展」でも察知出来ぬことです。
直接、坂本先生にお尋ねして、年譜の空白を埋めたいと思っているうちに先生は逝かれ、その機会を失いました。
二十年ほど前、先生の版画活動の同志だった「山本鼎」の履歴を調べているとき、月刊『芸術自由教育』全十冊の存在を知りました。この冊子は、我が国の美術教育史に、きわめて重要な位置を占めるものですが、いまは稀覯本となり、やっと国会図書館でめぐりあえました。そして、大正十五年十一月の創刊号末尾に「日本児童美術自由画協会」の会員名簿のなかに山本鼎とならんだ坂本繁二郎の氏名を発見することができました。ここに先生の年譜の空白を埋める資料があったのです。
大正デモクラシー運動の一翼を担って、芸術教育の自由化をめざした運動の中心に坂本先生はおられたのでした。
大家の画家の絵を模写することを美術教育の主流としていた国の方針に断固として反旗をひるがえし「子ども自身の自由な絵画活動こそ美術教育の根源である」という主張を掲げて大正八年に設立されたのがこの協会でした。
坂本先生三十九歳の渡欧直前の参加決意表明でした。
詩歌部門の会員名簿には北原白秋の名も発見できました。
〈余白追記〉
坂本先生の八女定住の決意をここに記します。
「八女は青い草が満ちている。路傍には芋の切れはしも落ちているから、ここでは飢えることはない」と言っておられました。

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.11

「社会性を持つ目を養う美術教育」
子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

左の2つの絵は金丸小のN君のもので、左右ともに全日本こども美術展で特選受賞したもの。
右は小学二年のときのバスに乗っての「社会科見学」を題材にしている。
この絵には塗り絵経験の跡がない。
バスの窓を通して自己を含めて友人の顔・姿を描いている。バスの車体を通過して車内の様子を思い出して絵を描いている。
写生していないということ。
小学二年では写生が出来ないのは当たり前で、まだその段階ではないということ。
それを大人は未発達と勘違いして「バスの中が見えるはずがない」と描写不足を叱ってはならない。そんな大人こそ教育が段階的に発達することを知らないものとして糾弾される方である。
車内の友人はバスの進行方向を無視して全員正面を向いている。横顔を描くことに気づいていない。お互い正面で記憶しているからだ。つまり記憶を思い出して描く年齢と理解してほしい、顔が正面を向いているのは車外を見学した驚きと楽しさを思い出して描いたと思ってほしい。鼻のある横顔の表現はまだ描けないその時期であっても、運転手さんをそれと分かるように描写しているではないか。それにバス停の標識も描いている。
塗り絵で育った子は、バスの車体を一色でぬりつぶし肝心の社会科見学を楽しんでいる自分たちが消滅した不幸な絵を描くようになる。
左の絵は、N君の六年生の作品。
上級生にはよく靴を描かせる。汚れた紐のある靴を。右の幼稚に見える絵を描いていた子が、こんな写生力十分な絵を描けるようになった。汚れも、ややこしい紐も、的確に描けることを喜んだのはまずN君だった。
この作品には学年に応じた社会性の的確な表現がある。まず木製の机の上にある汚れた古新聞紙。靴の背後も木の目のはっきりとした壁。つまりこの靴の存在する社会性がきっちりと主張されている。予想通り、N君は読書大好きな子になった。

《ともに全日本こども美術展特選受賞》

sugiyama5_1.jpg
▶金丸小二年 N君

sugiyama20190502.jpg
▶金丸小六年 N君

子どもの為のひろしじいちゃんの 絵ごころ指南!! Vol.10

子どもの為のひろしじいちゃんの
絵ごころ指南!! Vol.10
「削って描こう。」
子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

もともと、絵を描くのに素材の制限は無い。児童も大人もそして画家と称するものも。
パスで描こうが、鉛筆で描こうが水彩・油絵の具・ボールペン・色鉛筆・墨などなどすべて自由と皆さん思われたがいい。
ただ現在は通園、通学。それに経済的などの理由で園・小中学校などでは材料などが決められて固定化はしている。私の塾では、おとなの方には、まずお子さんやお孫さんの使い古しのクレパスを使ってもらう。まず低価格で絵が描けるではないか。
絵を描くのに大金を使うのはバカげている。この物価高の世のなか、楽しくないではないか。ただ人まねは禁じる。世界で一枚の絵を描くことに集中してもらうことにしている、また絵を描く技法も決まっていない。すべて自由だから楽しいのである。上の絵は「久留米ユネスコ展」の受賞作品「花火」。九個の空中の花火はクレパスで描いた輪形に黒を重ね、それを釘で引っ掻いたもの。次から次に現れる色の不思議さと美しさに作者は驚き喜んだ。ひっくりかえして万歳している中央の女の子が作者本人。女児は画面に友人の女の子だけを描くことが多いのだが左右の端に男の子を描いたことで絵の内容に多様性が生まれている。
塾を見学に来ていたK君のお母さんがひなたさんの引っ掻き描画をみて「わたしも」と希望して描かれたのが下の作品。出来上がったとき満足に満ちたお顔が、楽しみにあふれていた。
釘で引っ掻いて、美の表現が出来ること。つまり着色の反対行動でも美の追求が出来ることに気づいたK君のお母さんは家庭で繰り返され楽しまれたとか、美術教育とは本来そんな驚きと楽しさがあるもの。この引っ掻き(スクラッチ)描法は幼児教育機関では美術教育として通過していなければならない。

suguyama301.jpg
▲花火 日吉小2年 はまもと ひなた

suguyama19302.jpg
▲K君の母の作品

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.9

「幼児期の母親像」

子どもの絵 六ツ門教室

主宰 杉山 洋

二才児までの乳幼児の母親像は、顔がすべてである。その延長線に、幼児期の母親像がある。

抱かれた乳児にとっての母は、その顔のみがすべての知覚経験だから、その延長上に幼児期の母親像もある。

三才児の「お母さん」像も、母親の身体を描かないことが多い。

①二才三ヵ月のAの「お母さん」

顔からいきなり手足がでている。身体の部分の存在に気づいていない。

母の毛髪・目・口は描いても手足の正確な存在の位置に気づいていないからである。気づくまでの時間を待ってやる必要がある。いきなり「間違っている」と指摘してはいけない。

②三才四ヵ月のKの「お母さん」

生活体験により、人間の身体の各部分の首・身体などの存在に気づいたK君は、まだ物理的に位置関係を正確に認知していない。だからいきなり身体から手足が伸びている。

しかも使用している色から判断すると、まず母親の身体を描き、その上から衣服を着せている。

経験による認識が順調に経過して肉体の上に被服をまとっていることを知り、それを素直に示している。

母の足の描写にもそれが見える。靴下を描き、そのうえに靴を描いている。この描き方を認めてやると、幼児は順調に自分をふくめて人物像を抵抗無く描くようになる。

③四才十ヵ月のKの「お母さん」

手足の屈折に気づいたKは、やがて天候の変化にも気づく。

そのころ「傘をさす母」を描かせると母親の手足が屈折することを表現できる。

しかし傘の柄が傘の中心を貫いていることに気づいていない。激しい雨を描いていることをほめてやればやがて傘の効用と柄の正しい存在を知るようになる。

①二才三ヵ月のAの「お母さん」

201902_sugiyama1.jpg

②三才四ヵ月のKの「お母さん」

201902_sugiyama2.jpg

③四才十ヵ月のKの「お母さん」

子どもの為の洋ひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.8

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山

「塗る」と「描く」の違い

「塗る」という漢字は「手偏」ではない。「描く」は「手偏」である。
「絵を描く」とはいうが、「絵を塗る」とはいわない。
ところが、多くの幼稚園・保育園では「塗る」と「描く」との違いを厳格に使い分けていないように私には思える。
「画用紙の白いところを塗りつぶしなさい」と指導している園が多いようだ。
各園は「自由画帳」を用意している。それらに描かれている幼児の絵は大方描線のみのことが多い。もしその「自由画帳」にすら「塗り絵」的作品を発見されたときには、保護者の方は「うちの子の絵はこれでいいのか」と質問されるがいいと思う。
「絵のコンクール」などの幼児の応募作品には「塗りつぶさせた」ものが多い。
いままで、繰り返し述べて来たように「塗り絵」は幼・小年期の絵画活動の最大の敵である。
しかしそれを強要しているのが大人であり、まして教育・福祉機関であるとすれば幼児、児童は被害者でありそれらの施設は加害者的存在ということになる。
その被害者(上の右の作品)が回復し、左の作品「雨降り」を描けるようになるまでに三年かかった。
この作品も「描く」ことにまず自信を持たせるために、鉛筆の使用を禁じ、黒のクレパスのみの描線指導から始めた。
やがて黒色との混色をS君は気にすることは無くなった。
真ん中にまず自己主張としてS君自身を描き、その前後の友人の存在や道や通学路に建つ家を黒の描線で一気に描いた。
ここにはすでに「塗り絵」の影響は皆無。経験を思い出した自信のある作品になって、すでに自分のおかれている環境に目が注がれている。
S君は読書も大好きになった。
読書と絵画が身についた思春期の同君の将来を楽しみにしている。

201812-sugiyama1.jpg
▲【S君 保育園年中組作品】

201812-sugiyama2.jpg
▲【S君 小二年時作品】
「全日本こども美術展」受賞

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.7

子どもの絵 六ツ門教室

主宰 杉山 洋

「動物園のキリン」

幼稚園の恒例の動物園見学の経験絵である。

前々回のK君の「イルカの曲芸見学」絵と同じように、幼児は大地に立っているという経験を画用紙のまわり縁を大地としてとらえている。

このキリンを見ている子らの大地は画用紙下部と左側面である。右下の人物は「A君」自身であるから、無意識に大きく自己主張して描いている。左側面に一見、横たおしの子どもたちは、クラスの友人である。友人たちは大地の存在は経験として知っているが、物理的に間違っているという認識はない。キリンをとりまいて見ているという経験を表現するばかりである。彼らの上には青い空があるのでそれを、まず描き、キリンの上空の空も知っているのでそれを描き、またキリンの足下の大地は画用紙下部がそれである。そこで「キリンのまわりに何があるか」と尋ねてみた。A君にとって、見学した唯一つの動物、首の長いキリンへの驚きのみが経験認識であり、動物の牧舎などは眼中になかったので描けないのである。そこで「キリンや君の回りには何があると思う?」と質問したときA君はやにわにウデを振りまわし「風がある」と答えた。つぎに「その風を描いてみよう」と言うと一瞬、考えてやにわに白を選んで空気として表現したのであった。

眼に見えない空気に気づき、白で表現したA君は、すべてが描き終えたとして、極めて満足顔だった。

このA君は、学年が進むとともに、物のあり方に注意深くなり、次第に写生力が身につき、六年時には左のような作品を描くようになった。

くりかえす。幼児期は「知っている」つまり「経験」を描く時期であり、「写生」の時期ではないことを私は主張する。活発な児童ほど、経験が豊富でダイナミックな表現ができるのである。

201811-sugiyama01.jpg◀【A君 幼稚園児作品】


201811-sugiyama02.jpg◀【A君 小六年時作品】

ともに「全日本こども美術展」受賞

子どもの為の ひろしじいちゃんの 絵ごころ指南!! Vol.6

子どもの絵 六ツ門教室

主宰 杉山 洋

「屋根瓦の美」

久留米ユネスコ協会展で最高賞を受賞した小学六年生上田青永君の夏休みの宿題提出作品。

『村のお宮』の屋根瓦を題材に選んだところがすでに非凡。しかもそれを審査し、最高賞に選んだ審査員の眼も非凡。芸術家を自認して●●会とかいう洋画団体の会員に審査を任せていない主宰団体も非凡。審査員は小学校の美術担当だった元教師とか。画家ではない。教師だった。このユネスコ協会の叡智にほれ込んで、毎年我が塾生を応募させている。

こどもの絵は「芸術ではない」と言った恩師の坂本繁二郎の言葉をつくづく思わせる作品である。この作品には思春期間近の『芸術とはなんぞや』という気持ちがモヤモヤと現れ始めたころの作品である。つまり「こどもの美術教育」の最終段階の作品と言っていい。

恩師坂本繁二郎は大正デモクラシーの世相のなか「芸術自由協会」の参加会員となり、こどもの恵のありようについて、「こどもの絵は芸術ではない」という言葉を残している。

作者上田青永君は高校時代に、作家三島由紀夫に傾倒して慶応を出たはず。この作品を残した青年上田君の社会人としての人となりが推察される。画塾の主宰者にとってはこの上なくなつかしくうれしい作品である。

この作品で『蝋画』という作画技術を指導した。十年前の中学校の美術教科書には記載されていた技法だったが、いまそれも消えたようだ。

いま中学校での美術教育は明朝・ゴシックなどの文字の描法が殆ど。美術教育の時間も少なく不徹底。明朝のほかに宋朝という書体があること担当教師はご存じか。音楽もしかり。大の大人がすべて「可愛い」としか言語表現できない哀れさは、それらの教育現場に原因があるのではないか。この『瓦』の美に気づいた小学六年生の存在を懐かしむだけであってはあるまい。「中教審とやらの国家機関と芸術教育現場を相手に闘いを続けねば」と思っている。

201810-sugiyama.jpg◀【上田青永君 小六年作品】

ひろしじいちゃんの子どもの為の 絵ごころ指南!! Vol.5

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

「想像と写生」

右の絵は、N君の一年生のときの作品。初めての「イルカの曲芸見学」の楽しい感動がこの絵には満ちている。鉛筆使用を禁じてクレパスの黒のみの描線にのち着色させた。鉛筆での下書きではないので訂正は不可能。この年齢時の特有の、描いては消すの繰り返しがおのずから出来ない。そのために黒の描線が顔や衣類に適当に混色してダイナミックな絵になった。混色は失敗の結果という誤りから解放するための指導である。やがてそこに絵を描く自信も生まれる。
画面の左や上からの見学する友人の描写を写生の誤りと指摘してはいけない。足下の大地の存在はこの年齢にとっては無意識の安全経験。だから「イルカの曲芸」を見て楽しんでいる自分・友人の立ち姿の想像主張には、大地の存在が必要。左の友人の大地は画用紙左側面。向こうの友人の大地は画用紙の上の側面である。この表現は絶対に誤りではない。これらの友人の存在を思い出して描いたものだから。人物描写が写生的ではない。彼らの存在表現があるからこそ、「イルカの曲芸見学」が学校行事であったことの主張が表現出来ている。画面右下の人物はN君自身の無意識の自己主張である。他の人物より大きいのはそのため。
左の作品はN君が六年生のときの「自分の靴」を描かせたもの。靴の置かれた環境が巧みに正確に描写されている。「なじみ深い靴」に対する愛情さえ見る者に感じさせるのは作者が良き思春期になりつつあるからだ。靴の置かれている周囲の写生力の迫力は、低学年の「イルカの曲芸見学」に写生を求めなかったからである。
くりかえす。幼児・低学年期は自分の経験を思い出して描くもの。写生は出来ない。出来ないことを無理強いしたら嫌いになる。進学し知力体力が整ってきたとき、おのずから写生力が身につき、やがて芸術的表現意欲が生まれる。

《ともに全日本こども美術展受賞》

▶【N君 小六年作品】
2018_09_11.jpg

▶【N君 小一年作品】
2018_09_2.jpg

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.4

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋
「子どもの絵に芸術を求めてはいけない その2」

幼児期は主観的に絵を描き、客観的には描かない。いや描けないことをこの欄でしばしば述べた。上の右のS君の絵は小一年のとき。動物園で見た「フクロウ」の絵である。初めて見た「フクロウ」の眼の大きさに驚いた経験が主観的に表現されている。右に立つ人物が自分で、左の人物は友人。驚いた自分の経験を描いたのだから、おのずから自分を大きく描いている。左右の子どもの大小を客観的に比較してはならない。左の作品は同じS君の小四年の「クジャク」の絵。体力、知力ともに充分に発達して、この時期の適当な客観性が身につき始めている。「クジャク」という不気味は鳥がその翼の色彩に表現されてはいるが、写生力は未熟だ。しかし防御柵の向こうの友人たちの存在により、動物園見学時という社会性を無意識に表現している。「何時・どこで・誰が・何をした」という客観的ものの見方が始まりつつある良い絵である。繰り返します。幼児期の「塗り絵」はその将来の客観的知性を失わせると思ってください。

▶【S君 小四年作品】
sugiyama201808_01.jpg

▶【S君 小一年作品】
tennnendo201808_02.jpg

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.3

子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋
大人の美術教室「紅彩会」残り定員三名を受付中。
詳しいことは携帯 080-6470-2259

「子どもの絵に芸術を求めてはいけない」

これは恩師坂本繁二郎先生のお言葉です。画家になるためだけの画塾であってはならないとの教えです。この理念のもとに私は子どもの絵の指導を約六十五年間、久留米・八女で千余人のお子さんを相手に実践してきました。左の作品はS君の幼稚園・小六年時のものです。ここには幼児期の経験の主観的表現が高学年の客観的写生に順調に移行していることを見ることができます。いまS君は、中学校のブラスバンドで大活躍中です。思春期に美術から音楽に転じたことを、美術教育者として私はこの上なく喜んでいます。美術教育は総合的教育の一分野であることを示してくれたからです。「杉山子どもの絵の教室」は、子どもの美術活動は教育の一分野として重要であることを主張しつづけています。

【S君 幼稚園時作品】

sugiyama180702.jpg

【S君 小六年時作品】
sugiyama180701.jpg

絵が苦手な子ども大歓迎
お絵かき教室【募集中】
「杉山子どもの絵の教室」
夏休みの絵の宿題
指導受付中!※詳細は10Pにて

Home > ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!!

Search
Feeds
Meta

Return to page top