Home > 歯は健康のバロメーター

歯は健康のバロメーター Archive

歯は健康のバロメーター vol.31

〜落合先生のお口のお話し〜
むし歯について考えてみましょう1
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

砂糖を飲んだり食べたりすると口の中に住んでいる細菌がその砂糖を使って酸を作り出し、酸にさらされた歯に穴が開いてしまう、これがむし歯です。
しかし、1回や2回、大量に砂糖が口に中に入ってきても、いきなりむし歯になることはありません。むし歯になるまでにはある程度の時間が必要で、毎日少しずつむし歯は進んでいくものです。
むし歯は大きく5つの段階に分類されます。C0(シーオー)、C1(シーワン)、C2(シーツ―)、C3(シースリー)そしてC4(シーフォー)です。C0というのはまだむし歯ではなく歯の表面が白濁したり少し着色してきてむし歯になりそうな状態、フッ素塗布やブラッシングで回復(再石灰化といいます)する可能性のある段階です。C1からはむし歯です。C1は歯の表面のエナメル質にむし歯がとどまっている状態で、痛みも何も感じない段階、C2はエナメル質の下にある象牙質までむし歯が達している状態で、冷たいもの等がしみる段階です。
ここまでは日常生活にほとんど影響はありませんが、C3からはだんだん大変になってきます。C3は歯髄(歯の神経と呼ばれるところ)にむし歯が達してしまった状態で、歯がずきずきと痛んだり(自発痛といいます)、ものがつまったりすると激痛が生じる段階で、歯根の先に膿がたまって腫れたりすることもあります。ところが子どもの場合にはこの段階でもあまり痛みを訴えないことがよくあります。
そして最後の段階がC4で、これは歯が崩壊して歯髄が死んで痛みも感じなくなっている状態です。このように、むし歯は段階によってかなり症状に差があることがわかります。次回はそれぞれの段階での治療の方法の違いなどをお話していきましょう。

歯は健康のバロメーター vol.30

〜落合先生のお口のお話し〜
乳歯の脱落が早いな、と思ったら、
歯科受診をしましょう3
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

低フォスファターゼ症は、重症であれば呼吸の問題などが生じることから、かなり早い時期に診断がつきやすいのですが、重症な症状を示す子どもは非常に少ないことから、軽症の子どもの症状に気がつきにくいと考えられています。今回は日常にみられる低フォスファターゼ症の症状についてお話ししましょう。
日常生活全般において気をつけておきたいことは、歩き方が不自然、走ったり運動することが苦手、骨折しやすい、腕や足が弯曲している、関節の痛みがある 低身長や低体重等、他の同じ年の子ども達とどこか違うような気がする等「子どもが動き回っている時の様子が不自然かどうか」があげられます。
しかしながら「子どもの動き」というものは個人差もありますので、一概に同じ年頃の子どもと比較して判断することは案外難しいこともあるでしょう。
そこでもう一つ気をつけておきたいことは、口の中の様子、特に歯の状態です。低フォスファターゼ症に罹患している子どもの98%、つまりほぼ全員に、4歳の段階で1本以上の乳歯が脱落していることがわかっています。歯が抜けているかどうかが判断基準ですからとてもわかりやすいです。
もちろん乳歯の脱落時期にも個人差があります。ですから歯が抜けたからといって必ずしもこの病気とは限りませんが、抜けた歯を見て、歯根が長い場合は成長による自然脱落ではなく病的な脱落です。もしも4歳の時点で乳歯が抜けた、そしてその歯にしっかりと歯根がある、ということであれば、歯科あるいは小児科にご相談することをお勧めします。相談の際には、低フォスファターゼ症の可能性はないか?とおたずねしてみましょう。
低フォスファターゼ症は、早く気がついて早く治療を開始することによって、進行を防ぎ、よりよい生活を送ることができることがわかっています。

歯は健康のバロメーター vol.29

〜落合先生のお口のお話し〜
乳歯の脱落が早いな、と思ったら、
歯科受診をしましょう2
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

前回お話した、低フォスファターゼ症は、アルカリフォスファターゼという骨を作るために働く酵素を作る遺伝子に異常が起こり、その結果アルカリフォスファターゼの働きが低下あるいはなくなってしまうことによって骨の形成障害がおこる病気です。低フォスファターゼ症には重症から軽症までさまざまな症状があり、発症する時期によって母体にいる時から発症する周産期重症型と周産期軽症型、0〜6か月で発症する乳児型、6か月から15歳頃までに発症する小児型、15歳以降に発症する成人型の5種類と、骨には症状がなく年齢を問わず歯に異常が限局的に見られる歯限局型を加えた6種類に分けられます。
発症の時期が早いほど症状は重くなる傾向にあり、周産期型は10万人に一人、その中でも呼吸不全によって死亡の危険性が高い重症型は15万人に一人といわれていますが、重症例が比較的稀な病気であるため、それ以外の型や軽症な場合にはどのくらいの頻度で発症しているのか今のところ明らかではなく、もっと多いのではないかと考えられています。次回はこの病気が子ども達の生活にどのような影響を及ぼしているのか、そして歯との関係をお話していきます。

歯は健康のバロメーター vol.28

〜落合先生のお口のお話し〜

乳歯の脱落が早いな、と思ったら、

歯科受診をしましょう1

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

以前、歯が萌出する時期や乳歯が脱落して永久歯が萌出する時期は、歯の種類によってだいたい決まっている、というお話をしたことがありました。その時期は個人差が大きく、同じ学年のこどもでもかなり違うことがあることも合わせてお伝えしていたと思います。

そんな個人差の大きい歯の萌出や脱落の時期を注意深く観察することによって、大きな病気の早期発見ができることがあります。今回はそのお話をしましょう。

それは低フォスファターゼ症という病気です。これは代謝異常によって骨が丈夫につくられず、これによってさまざまな生活上の困難、例えば、歩き方が不自然、走ったり運動することが苦手、骨折しやすい、呼吸や関節の動きに支障がみられる等、他の同じ年の子とどこか違うような気がするけれども、この病気にかかる子どもは大変少なく、重症な症状を認めるこどもは15万人に1人ですので、つい見のがされてしまうことが多い病気です。この病気のわかりやすい症状の一つに、4歳前に乳歯が自然に抜けてしまう、ということがあります。乳歯が抜けるのは6歳前後、多少の個人差はあるとはいえ、4歳前に何本もの乳歯が抜けるようなことがあればこの病気である可能性があり、その際には小児科あるいは小児歯科でご相談されることをお勧めします。

次回はこの病気について、知っておきたい症状についてお話していきます。

歯は健康のバロメーター vol.27

~落合先生のお口のお話し~

イオン飲料やスポーツ飲料は
上手に摂りましょう3
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

これまでイオン飲料やスポーツ飲料の優れたところ、そして過度な摂取によるむし歯の発生等についてお話をしてきました。お伝えしたいのはイオン飲料やスポーツ飲料をやめなさい、ということではありません。大事なことは、これらを適切に利用しましょう、ということです。
それではすでに、イオン飲料、スポーツ飲料ばかり飲んで水やお茶を飲まなくなってしまった子どもにどう対応したらいいのか、これが今回のテーマです。
最初にご理解頂きたいのは、味覚障害等によってもともと水が飲めない子どもたちの話ではありません。普通に水を飲んでいたのにイオン飲料やスポーツ飲料を飲ませていたら、水を拒否してイオン飲料やスポーツ飲料しか飲まなくなってしまった場合のお話です。
まず、今、「ここに飲み物は水しかないんだよ」、ということを教えてあげることです。イオン飲料やスポーツ飲料、そしてジュース類はおいしいです。子どもは当然大好きですし、大人でも好きな人はたくさんいます。大人はいろいろなことを考えて我慢できますが、子どもには目の前にあるものを我慢することができなくても仕方がないのです。ですから、冷蔵庫からイオン飲料やスポーツ飲料をなくしましょう。そして子どもの目の前で親がこれらを飲まないようにします。喉が渇いたら飲み物は水、です。「これしかないからこれを飲んでね」、多くの場合、この家には本当に水しかないんだ、とわかれば、本当に喉が渇いていれば飲むはずです。
しかし、いろいろな性格の子どもがいるのも事実です。強情な子どももいるでしょう。意固地になって水を飲まない子どももいます。そんなときには、子どもの好きなキャラクターのコップや遠足気分になる水筒等を使って水を飲んでもらう、気分よく飲んでもらいます。そして親がおいしそうに水を飲む、これも大事です。言うことは聞かなくてもやることはまねをする、これはいろいろな場面でよくみることです。
好きなものをやめる、子どもにはとても大変なことですから、夏場の脱水を起こしてしまいそうなときに始めないように、我慢大会になってしまいます。
少し涼しくなって、食欲が増してくるような季節からチャレンジしてみて下さい。

歯は健康のバロメーター vol.26

〜落合先生のお口のお話し〜
6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。フッ素洗口によって、むし歯が激減することをご存知でしょうか?
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

6月4日からの1週間は、「歯と口の健康週間」です。久留米では6月30日にシティプラザで「歯の健康フェスタ」が行われる予定です。
むし歯とは、誰の口の中にでも住んでいる「ミュータンス連鎖球菌」が食べた食物中の砂糖を利用して歯の表面に粘着する歯垢を形成し、その歯垢の中でつくられる酸によって歯の表面が溶けて歯に穴が開いた状態のことです。したがってむし歯の予防は、①砂糖の摂りすぎに注意する、②歯磨きで歯垢を除去する、③フッ素で表面が溶けにくい歯にする、の3つが基本となっています。
日本では①砂糖の摂りすぎ注意と②毎日の歯磨き、を重点にむし歯予防活動を行っていますが、欧米諸国ではこれらよりも③フッ素で表面が溶けにくい歯にする、に取り組み、その結果、現在では日本よりも明らかに高いむし歯の予防効果を上げ、むし歯で悩むことのない生活をすでに実現している国もあります。
フッ素を用いたむし歯予防に❶歯科医院でのフッ素塗布、❷フッ素配合歯磨剤の使用、❸フッ素溶液で週に1回の洗口(ブクブクうがい)、の3つの方法があり、この中で最も効果が高いのは❸のフッ素洗口であることがすでに明らかになっています。
その結果を踏まえて、日本でもフッ素を用いたむし歯予防に力を入れ始めており、その一つとして、幼稚園、保育園入園から中学卒業までの約12年間、フッ素溶液で週に1回うがいを行う、フッ素洗口が各地の学校で行われ始めています(久留米の近隣では佐賀県で行われています)。その予防効果はとても高く、簡便かつ安価でありながら、フッ素洗口をしていたこどもたちが大人になった時の歯科健診において、むし歯の数が半数以下に激減していることがすでに報告されています。
しかしながらフッ素によるむし歯予防の認知度は低く、なかなか全国に浸透していないのが現状です。日本でも早くフッ素が理解され、これを用いたむし歯予防が取り入れられたらいいですね。

歯は健康のバロメーター vol.25

〜落合先生のお口のお話し〜

「イオン飲料やスポーツ飲料は上手に摂りましょう2」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

発熱、下痢や嘔吐等の体調不良の時、イオン飲料やスポーツ飲料は水分補給、疲労回復等に大変役に立つもので、実際にこれのおかげで助かった、というこどもは数え切れないほどいるはずです。
しかし、イオン飲料やスポーツ飲料を、体調は良好、特に大汗をかいたり体力を消耗していない、普通に食事ができている、いわゆる普通に生活している子どもが飲んでいると、電解質が多くなり、かえって喉が渇いてしまう傾向があります。したがって、いったん飲用が習慣化するといつでも飲んでいなければ落ち着かない、という状態になりやすいのです。またそれなりに糖分を含んでいて、こどもが好む味になっていることがさらに習慣化を促し、その結果、むし歯になりやすい状態に陥ってしまいます。それだけではなく、甘味によって食欲が低下したりそれなりのカロリー摂取により肥満の原因にもなります。
イオン飲料やスポーツ飲料は、本来スポーツをしながらあるいは病床で枕元に置いた状態で飲みやすいように、ほとんどがペットボトル入りで販売されていますので、これが元気なこどもたちにとっては持ち歩きも便利ですから、これがまた常飲するきっかけになっているのでしょう。
したがって、過激な運動をしたとき、あるいは脱水が心配になるほど大汗をかいたとき以外は普通の水を与える、ペットボトルを持ち歩かない(必要な時にはその都度購入する、これだけでもずいぶん違います!)、体調不良の際に飲ませた場合、改善したら飲み物はすぐに水に戻す、普段の生活では、就寝前や夜中に目を覚ました時には水を飲ませる、入浴後は水を飲む、といった習慣が大事です。
それではすでにイオン飲料、スポーツ飲料が習慣化してしまっている場合はどうすればいいか、次号に続きます。

歯は健康のバロメーター vol.24

〜落合先生のお口のお話し〜
「イオン飲料やスポーツ飲料は
上手に摂りましょう1」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

ジュースや炭酸飲料は体に良くないけれど、イオン飲料やスポーツ飲料なら体にいいのではないか、という声を耳にします。こどもの体調が悪いとき、小児科の先生やお友達からイオン飲料やスポーツ飲料を飲ませるようにアドバイスを受けることがありますし、また、おいしいので体調が悪く食欲もなく機嫌もよくないこどもたちでも喜んで飲んでくれることから、水分補給のためにはとても便利に、また安心して利用されていることと思います。
イオン飲料やスポーツ飲料は浸透圧が体液と同じ(アイソトニック飲料)か少し低め(ハイポトニック飲料)になるよう調整されていますので吸収が良く、熱を出したり、下痢や嘔吐をした時、かなり汗をかいた時、軽度の脱水を起こしてしまっている時には水分補給、疲労回復等に大変価値のあるものです。
しかし、この体にいいイメージと喜んで飲んでくれるという良い点が、必ずしもいつでもいいことばかりではない、ということが今回のテーマです。
大人でも水を500㎖(ペットボトル1本)飲む、ということは相当喉が渇いていなければけっこうつらいものですが、イオン飲料やスポーツ飲料なら比較的簡単に飲むことができますし、また飲んでもお腹が重くならない、という経験をされたことがある方も多いのではないかと思います。つまり、水分を摂りたくなくても摂らなければいけない、というような体調不良の際にはとても便利で価値のあるものですが、それに対して摂らなくてもいい時にでもいくらでも飲めてしまう、ということになります。
これが高じて生じている問題が、脱水を起こしたときにイオン飲料やスポーツ飲料をすすめられて飲ませてから、いつの間にか水やお茶を飲まなくなってしまった、という生活習慣です。「水を飲まないので、今は体調不良でも何でもないけれど、喉が渇いたときにはイオン飲料やスポーツ飲料を飲ませているが大丈夫だろうか?」というご相談、これについてお話していきましょう。

歯は健康のバロメーター vol.23

歯は健康のバロメーター vol.23
〜落合先生のお口のお話し〜
「上の前歯が磨きにくい、
と思ったことはありませんか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

歯磨きを嫌がる、特に上の前歯が一番大変、ということがよくあります。1~3歳の時期に一番虫歯になりやすいのは上の前歯なので、この部分の歯磨きを嫌がるということは虫歯の予防上問題ですし、またよく見えるところですから、最もきれいにしておきたい部分なのに困ったものです。
上口唇は、食事の時にそれが熱いか冷たいか、口の中にどのくらいのスピードで入れたらいいか、等ということを、その先端で感じて判断するという繊細な役割を担っているので、その部分に近い上の前歯を歯ブラシで強く触られるということは大変な刺激なのでしょう。
また、口唇の先端だけでなく、口唇と歯肉をつなぐスジ、上唇小帯(じょうしんしょうたい)という上の前歯の歯と歯の間にみられるものがだれにでもありますが、この部分も敏感で、このスジに歯ブラシが直接当たると、かなり痛いものです。上唇小帯は年齢とともに目立たなくなることが多いのですが、0~2歳頃までは大きく、これも上の前歯の歯磨きを嫌がる原因の一つです。
ですから、歯磨きをする際、いきなり一番敏感な上の前歯を磨くのではなく、奥歯あるいは下の前歯から磨くようにして、少し口の中を触られることに慣れてから上の前歯を磨くようにすることが大切です。
そして、もう一つ大事なことは、上の口唇と上唇小帯の部分に直接歯ブラシが当たらないように歯ブラシを持つ手と反対の手の人差し指で上唇小帯の部分を軽く押さえて上に持ち上げるようにして歯に歯ブラシを当てるようにすると、だんだんスムースに磨けるようになります。小さな口の中なので、なかなか大変なことですが、最初から完璧にできる必要はありません。毎日こんなことを心掛けているうちに、やがて歯磨きがスムーズにできるようになったことに気が付く、そういうものですから毎日短い時間でいいので磨いてあげて下さい。

歯は健康のバロメーター vol.22

〜落合先生のお口のお話し〜

「舌のよごれが気になるときは

どうすればいいでしょうか?」

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

舌の表面に白い汚れが目立つけれども、どうすればいいでしょうか?という質問を頂くことがよくあります。本来、こどもの舌のよごれは自然にきれいになっていくものですので、特別な手入れは必要ありませんが、発熱や鼻づまり等によって口の中が乾燥すると、舌の汚れが目立つようになることが多いようです。ですから体調が改善すると同時に自然によごれも目立たなくなることがほとんどです。ただ、慢性鼻炎などによる鼻づまりがある場合には口呼吸も継続するので、自然に舌がきれいになるのを待っていても先が見えないことがあります。このような場合には、介護用品として口の乾燥に対応する目的で市販されている口腔用保湿剤を用いた手入れをするといいでしょう。お年寄り用に作られているものが多いのですが、こどもが使っても大丈夫ですし、保湿剤の味がこども向けのものもたくさんあります。この保湿剤を歯ブラシにとって、舌の上を中央、右側、左側、の3回、後ろから前にかき出すようにして汚れを除去してみて下さい。あまり強くすると痛いですし、“おえっ!”となってしまうこともありますから、あまり力強くしないこと、また、汚れが取れないからといって、何度も何度もしないこと、がポイントです。汚れをこすって落とすというより、毎日保湿剤を塗布しているから汚れが落ちやすくなる、くらいの感覚でしてあげるといいでしょう。ただし、体調不良によって免疫力が低下した時などはカンジダという口の中に常在している真菌が異常に増殖して白い汚れのように舌の上にはびこることがあります。この場合にはいくら手入れをしてもきりがない状態になりますので、病院で薬を処方してもらうことが必要です。よごれかカンジダか、の見分けが難しいことが多いと思いますので、その際にはかかりつけの小児科あるいは歯科を受診して判断してもらうのがいいでしょう。

Home > 歯は健康のバロメーター

Search
Feeds
Meta

Return to page top