Home > スローライフ

スローライフ Archive

栄養士による子どもの食事相談~野菜好きのこどもに育てるために~

■日時:12月21日(水)10:30?12:00(受付は11時まで)
■場所:久留米市子育て交流プラザくるるん
                  (リベール5階※西鉄久留米駅そば)
■問い:NPO法人栄養ケア・ちっご(担当:古賀)
               TEL 0942-38-7427
               mail info@eiyou-care-chiggo.or.jp

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 稲の取り入れが始まり彼岸花が咲き、赤と黄色のコントラストが秋の風景になっています。お彼岸も過ぎました。
 彼岸会は雑節の一つで春分、秋分を中日として前後三日を合わせた七日間のこと。彼岸妙という日蓮さんによると、この期間に善行.悪行共に過大な果報を生ずる特別な期間であるから、悪行を止め善事に精進するよう勧めています。
 善い事をするには積み重ねがいります。イエローハットの鍵山さんは全国の人々に、トイレ掃除で心を磨く術を説かれました。この方は人の為でなく自分の為に毎日毎日、月日を重ねられました。人々が、善い事をされていると認め始める善行は一回の悪行で帳消しになることを書いておられました。
 この世はそのくらい大変なところです、日々自分との戦いですね。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

  8月から月1度の岡部先生の『手当てと食養講座』が始まり、今回は血液を浄化する手当法で「梅醤番茶」の手作りの仕方の実演がありました。
 すり鉢で梅干し丸ごとすりこぎ棒で潰しながらよく混ぜ、醤油を加え、又混ぜ、生姜のしぼり汁を加え、三年番茶を湧かしたのを入れて飲む。梅干しの効用、醤油の効用、番茶、生姜といい改めて学び直すと新鮮さを感じました。
 皮膚にトラブルがある方は大根おろしを加えたり、腸の弱い方や冷えのある方は葛を入れたり、せきや喘息には蓮根の汁を入れたりと体質に合わせた作り方も教えていただきました。
 梅干し、番茶、醤油というアルカリ成分は胃腸を強化。低血圧、貧血などの改善に役立ち、そこに生姜を加えると拡散性が有効成分を抹消まで運びます。コーヒーが朝のスタートの定番だけど替えないといけないかなー。いい習慣をつけておかないと…。自分ながら困ったものです。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 梅雨明して、今年も暑くなりそうですが、節電の夏!上手に乗り切りたいものです。  
 暑くなると、冷たい飲食物がついつい欲しくなりますが、体が冷えると自律神経の働きに支障をきたすとも言われています。夏は排泄力がアップする季節で汗をしっかりかきますね。汗は水ではありません。ビタミンやミネラルも一緒に出ていますし、有害物質も出すそうです。
 人間はいつも動き、36.5℃の体温を保ち、体の中でホルモン剤や酵素を作り、食べた物からビタミンやミネラルに変換します。夏野菜は、水分を多く含み、ビタミン・ミネラルを多く持っているので日々の食事に摂り入れて失った栄養の補給をしてください。
 さっぱりしたもの(単品野菜の繰り返し)ばかりでは疲れ易い体を作り、何も考慮しないで突き進むと症状が出て痛みを伴います。体は食べた物で作られています、ワガヨカゴツではいけませんね。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 梅雨は本来、しとしと、じとじとと表現するような雨音ですが降れば豪雨となる日が多くなりましたね。こんな時は家に居ることも多く、食べることばかりしています。食べ過ぎをいつも経験しながらつい、食べたり飲んだり…ちょっと暇を見つけて居眠りをしています..やっぱりお天気が良くないと気も身体も動かないですね。
 手元にある雑誌を読んでいたらサプリメントの摂り方について書いてありました。アメリカでは健康意識の高い人とそうでない人の格差は両極端で、日本もよく似てきています。特にカルシウムは骨粗鬆症予防が目的で医療機関でも当然のように処方されています。
 しかし、カルシウムだけを大量に摂っても骨の健康を害するばかりか、全身に悪影響を及ぼし、心臓発作や脳卒中のリスクを高めていると複数の研究でわかってきました。
 正しい食事があってこそのサプリメントですね。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 新茶が出回る頃になりました。さあ、今夏も暑いと思います、、、”夏暑ければ冬寒し”と昔から言い伝えがあります。
 樹々が新芽を出し、緑豊かにするために天の気は上昇します。五月に多くの方がアレルギー症状に悩まされるのは、この上へ上への発散を体に受け体内の余分なものを表に出してくれるから。
 この症状は、因果応報。自分が過去にどうであったかのお知らせです。有り難く受け入れ、新しい血液を作るため悔い(食い)改めることで100日間でキレイになるそうです。食で体の調子を整えるのは案外簡単、好きなものをやめればいいのです。
 原発事故以来、今までのようには暮らせない時代がきました。みんなの知恵で良い方向に行く事を願っています。

くらしの知恵・食用場

産直やくらし 靏久 ちづ子

  ほんと暖かくなりました。畑の草もしっかり子孫を残そうと、花を咲かせ種子の準備を始めました。
 昔のものを整理していると、現在を予言したような本や情報紙が出てきた。感性がしっかりとある方々はきちんと先が見えていたのだ。その感性を磨くのは、同じことの繰り返しのようだ。故.正食協会会長は、”毎日毎日作る料理こそ感性を磨くことが出来る”と言われていた。何気なく聞いていたが同じ事の繰り返しの中で学ぶ事が沢山あることに気付いた。
 一つの道を極める茶道.華道.武道やお作法、自然を相手とする農業.林業.漁業も繰り返しの中で知恵を産み出していく。わたしたち主婦業、母親業にしても繰り返しの中で学んでいく。自然界も四季を繰り返す。”何ひとつ同じ事はない”これは全てs
に通じている。ORIOI

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 3月11日から夜はずっとTVのニュースに釘付け。すべてを飲み込んだ津波の恐ろしさと爪痕を見ると…言葉に尽くせない涙が出る。
 住宅はもちろん畑、水田、湾内での養殖、年月を積み重ねた技術と設備、一瞬で奪われてしまった影響は私たちにもやってくる。”物のない時代がやってくる”と言った人がいた。
 今、ブレないで自分はこうするのだ!!と心に決めて生活基準を定めることと、健康が一番。何が起ころうと気力、体力がやる気を起こし、苦労を乗り越え知恵を働かせることも出来る。
 『イートレス、シンクモア』と言う言葉がある。”少なく食べて、多く考えよう”体を動かし生産性を高める。シンプルで豊かな生き方をしていきましょう。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 昨年からほんと寒い日が多かった。お正月の雪やツララ等、久しぶりに見ました。年をとった証拠かもしれませんが、布団の居心地がとってもよく早寝、早起きで暮らしました。いっぱい仕事があるけど、日中に出来ることは日中に!充分に睡眠をとり今しないといけないことのみを優先しました。「タイムマネジメント」です。時間の管理と勘違いしやすいけど、事の大事さを知る、何が重要かを知るのが目的です。私はこれで何よりも心のゆとりができました。
私の次のステップ、タイムマネジメントは自分の体を大事にしながらと考えています。

くらしの知恵・食養生

産直やくらし  靏久 ちづ子

 今年は久し振りに朝陽にキラキラ光る氷柱をみました、きれいでした。昔の人は、『暑さ寒さとひもじさ(空腹)で育てよ』と子育てについて語っています。
 わたしの手元に届く月刊誌の多くはダイエット、腰痛、膝痛等の特集が毎号取り上げられています。テレビで〈バナナダイエット〉を2年やっても変化がない方が或る事をして減量出来た..或る事って、日々体重計に乗り記録することだけ。グラフをつけて見る事だけ。ほんと不思議..この不思議は“意識”すること。
 健康も、体を調えようと思うならば意識して何かをしようと脳がいつも目的を持つ、継続持続のスタイルを作り上げる。料理もダシを取る習慣をつくるか、インスタントダシで済ませるか..人生80年、どこかで違ってくると思いますよ。

Home > スローライフ

Search
Feeds
Meta

Return to page top