Home > そんなとき、心のストレッチ

そんなとき、心のストレッチ Archive

そんなとき、心のストレッチ Vol.4

伊藤咲子
日本認知療法学会正会員
人生哲学心理学会正会員
認定心理カウンセラー

読者の皆様、メリークリスマス!
 今年ももう残りわずかになってきましたね。クリスマスが終わると、すぐ、お正月の準備です。なんとあわただしいことでしょう。
 さて、年が明け、お正月になると、一年の抱負を考えたりするでしょう。「今年は、貯金をしよう」、「今年は、夢をかなえよう」、「今年は、仕事で成功しよう」などなど。いろんな事を考えるのではないでしょうか。
 そこで、私から一つご提案があるのです。感謝ジャーナル(日記)を毎日つけることを一年の目標にしてみませんか。これは感謝ジャーナル(日記)ですから、マイナスなこと、いやな出来事は一切書きません。嬉しかったこと、感謝出来た事だけを書くのです。立派な日記帳を買う必要ありません。むしろ、バックに入るくらいの小さな、手帳がいいのです。そして、ふと気がついた時に書きこむ習性をつけて下さい。内容は、ほんの些細なことでいいのです。人間は生きて呼吸ができて生活が出来る、それだけでもありがたいことなのです。そのことを考えると、感謝出来ることはいっぱい身近にあります。例えば、「朝、気持ちよく目が覚めた、ありがたい」、「ご飯がおいしく食べれた、ありがたい」「人にやさしさをもらった、有難う」「今日は、よく晴れていて、気持ちがよかった、ありがたい」など、例をあげたら、きりがありませんね。皆さんは、忙しく、ストレス社会の中で、有難う、ありがたいという心を、忘れがちではないでしょうか。むしろ愚痴、不平不満、人の悪口等の方が心を占めている場合もあるかもしれません。それでは、心の平穏、幸せは逃げて行ってしまいます。試しに、感謝ジャーナル(日記)にトライしてみて下さい。そして、もし、困難にぶつかった時も、これは自分が成長していくチャンスなんだからありがたいことだと、考えられるようになったら、悩みも軽くなってくるでしょう。
 皆様の来年の幸福とご健康をお祈りしております。

心理療法カウンセリングルーム 心の扉
福岡市中央区今泉2-3-30
メゾンド天神701
tel:080-3942-7838
http://www.kokoronotobira.co.jp
e-mail:angel-hiro21@iwa.bbiq.jp
出張可(交通費別途)

そんなとき、心のストレッチ Vol.3

伊藤咲子
日本認知療法学会正会員
人生哲学心理学会正会員
認定心理カウンセラー

最近は、女性の社会進出が進み、また、社会での活躍も随分期待されるようになりました。ファション雑誌などでは、仕事もできて、主婦業や子育てにも頑張っていて、しかもおしゃれで美しい女性がよく取り上げられています。このような記事を見ると、自分も同じように頑張って完璧にすべてをやり遂げ、成功しなければと思う人が随分いるようです。精神科医の香山りか先生が、このような記事の為に、がんばりすぎてうつ病になる女性が増えていると言われていました。女性に限らず、男性にも同じことが言えるのではないでしょうか。
 人間は快適なストレス、適度なストレスは必要です。しかし、過度なストレスがかかり過ぎると、仕事の生産性はかなり落ちるという分析が出ています。生産性が落ちるだけなら、まだいいのですが、さらに心身症や心の病へと進んでしまいます。これは、重大な問題でしょう。頑張りすぎるのはやめましょう。そして、自分の心にもっとご褒美をあげてください。必ずリラックス法を取り入れて下さい。そして、人と比べることはやめましょう。もっと頑張らなければとか、もっと完璧でなければならないとか、自分はまだまだダメだとか、自分を評価することはやめましょう。人間はあるがままの自分をそのまま自己受容することが一番大切なのです。あなたは、そのままで充分すてきです。どうしても一人で気持ちを変えることが出来ない時は、カウンセラーに相談することもよいでしょう。
 あなたが、あなたでいてくれるから素晴らしい!

心理療法カウンセリングルーム 心の扉
福岡市中央区今泉2-3-30
メゾンド天神701
tel:080-3942-7838
http://www.kokoronotobira.co.jp
e-mail:angel-hiro21@iwa.bbiq.jp
出張可(交通費別途)

そんなとき、心のストレッチ Vol.2

日本認知療法学会会員
日本論理療法学会会員
認定心理カウンセラー
伊藤咲子

私は、来談者中心療法、論理療法、認知・認知行動療法、アートセラピーなどを中心にカウンセリングを行っています。どちらかというと、能動的なカウンセラーかもしれません。ただし、トラウマが現在の問題になっている場合は、トラウマに焦点をあてたカウセリングも行います。アダルトチルドレンからの回復と癒しをします。
 アダルトチルドレンとはどういう意味か解りますか?と問いかけると、大人になりきれない子どものままの大人といわれる方がいまだにいらっしゃいます。まだまだ、日本での認知は薄いようです。これは、大きな間違いで、本来の意味は、機能不全家族で育ち、トラウマを子どもの頃から抱え、大人になっても、見捨てられ不安、生きづらさ、空虚感、自己否定感、幸福感を味わえないなどの症状を抱えて生きている人々の事を指します。こういう人々の中の一部分の方には、心身症やパーソナリテイ障害で悩まれている方もいらっしゃいます。
 これを読んで、自分も当てはまるかなと思われた方、当てはまらない方でも今、自分に自信がなくなっている方、ストレスで心が疲れている方、こころが寂しさを感じている方々にお願いです。次のように、優しく自分に語りかけてあげて下さい。
 生まれてきてくれてありがとう。あなたは愛されるべき存在なのよ。あなたはあなたのままで充分なのよ。あるがままのあなたでOKなのよ。頑張って生きてきたあなたがすてきなのよ。自分をいっぱい好きになっていいのよ。そして、そんなあなたに私から一言。
 あなたでいてくれてありがとう!
 アダルトチルドレンについて詳しく知りたい方(その他の事でも)は、メールでお問い合わせください。

心理療法カウンセリングルーム 心の扉
福岡市中央区今泉2-3-30
メゾンド天神701
tel:080-3942-7838
http://www.kokoronotobira.co.jp
e-mail:angel-hiro21@iwa.bbiq.jp

そんなとき、心のストレッチVol.1

伊藤咲子

皆さんは、心理療法やカウンセリングルームという言葉を聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか?心の病の人が行くところ、心が弱い人間が行くところなどちょっとマイナス的なイメージが浮かぶかもしれません。
 現代は、健康ブームで、サプリを飲んだり、ジムに通って体を鍛えたり、自宅に健康器具を購入したりと身体に気を使う方たちが増えています。確かに自分の身体の健康を自分で管理することはとても大切なことです。そういう身体への関心の半分ぐらい自分の心の健康にも意識を向けてみませんか?
 心も私たち自身の為にいつも休まず働いてくれている臓器や筋肉と同じと考えてみてください。もしかしたら、あなたも心が疲れているかもしれません。時には、心に栄養を与えてあげたり、休養を与えてあげたり、エネルギーを与えてあげたりしてください。でも、どうしていいのかわからないというのが本音かもしれませんね。そんな時、お手伝いできるのがカウンセラーです。私は、ただ話を聞くだけではなく、将来においてマイナスをプラスに変容させる可能性を発掘することをモットーにカウセリングを行っています。
 うーんと背伸びするように、心もストレッチしてみてはいかがでしょうか。

心の栄養を与える
やさしい心理学講座を行っています。
①さわやかな自己表現:アサーションとIメッセージ
②性格分析と自己変容
③論理療法を知って心を楽にして生きていく

Home > そんなとき、心のストレッチ

Search
Feeds
Meta

Return to page top