Home > くるすたコラム

くるすたコラム Archive

新・落語スズメvol.9

「裏長屋騒動記(ネタバレあり)」
文/松田 一成

「(五代目)小さん師匠から、新作落語の依頼を受けたときは夢かと思うほど嬉しかった」とインタビューに答えたこともある落語好きの山田洋次監督が、その落語の世界を芝居にしたというお話。案内には監督自身の言葉で「今回初めて、前進座と一緒に舞台を創ることになりました。落語の「らくだ」と「井戸の茶碗」をもとに、ある裏長屋で起こる騒動のお話です。〜どうぞ、ご見物の時には、舞台の俳優さんと同じ空間で、笑いや喜びを共有して、にぎやかに大声で笑いながらお楽しみください」。アタシにとって前進座といえば、女優も出演する歌舞伎くらいしかイメージのなかった劇団。その芝居に落語の主人公、嫌われ者の『馬』と正直だけが取り柄の『清兵衛』を、どう見せてくれるのかと楽しみに劇場へ向かう。あらすじは人情噺「井戸の茶碗」が縦糸となり、『清兵衛(劇中では久六)』を中心に浪人の娘『お文』と若侍『高木作左衛門』の恋模様を描いた爽やかな時代劇。落語の中では河豚に当たってすぐに死んでしまう『馬』も、芝居のなかでは意外と長生き(笑)。死人となった後も見事な踊りを(DA PUMP、U.S.Aのノリで)披露のサービスぶり。落語として頭の中で想像する世界が、目の前で軽快に繰り広げられ、違和感のあった場面転換も、気づけば芝居の間として楽しめる仕掛け。いよいよ、長唄に編曲された「寅さんのテーマ」が流れると、大向こうから「豊島屋!」の声も掛かり、山田監督「してやったり」の表情が思い浮かぶ。カーテンコールに並んだ役者さんの表情を思い出しながら、日本人の心情的大団円を素直に楽しんだ芝居見物でありました。

新・落語スズメvol.7

「茶番」
文/松田 一成

『歌奴』といえば「山のアナアナ」で聞き馴染みの三遊亭円歌師(今年3月、三遊亭歌之介師が四代円歌となる予定)を思い出される方も多いでしょう。当代(当代は四代、円歌師の歌奴は二代目)は大分県のご出身、品のある語り口に、現代感覚のクスグリで、先日も上野鈴本演芸場で主任(トリ)を取られてます。その三遊亭歌奴師が、太神楽の鏡味仙志郎師とご出身地の大分の興行に合わせて久留米でも一席持って下さいました(久大線落語会!)。そのご報告。それぞれ、落語と太神楽ご披露の後は、スペシャル!アタシも初めて、『茶番』。いわゆる寸劇、コントなのですが、カツラとほっかむり、尻っぱしょりで演じるのは忠臣蔵、五段目二つ玉の段。盗賊「斧定九郎」を仙志郎師、五〇両を持って夜道を急ぐ老人「与市兵衛」を歌奴師。真っ暗な京都山崎街道を舞台に、定九郎が与市兵衛を切り殺し、金を奪うという実に陰惨な話、それが見事にショートコントへ大変身。仙志郎演ずる定九郎、片足を大袈裟に上げて「見得」を切るが、「ツケ」を打つ歌奴師がなかなか終わらない。そうじゃないと手取り足取り始める芝居の段取りがちょっとした歌舞伎教室。見得、ツケ、だんまり(スローモーションのように大袈裟に動く様子)、面白可笑しい符丁の解説となって、古典芸能に漬かってる感(お前は漬物か!)満載でありました。お仲入り後は歌奴師の落語。講談ネタから、人情大岡裁き「さじ加減」。堅物な若医者「現益」と芸者「お浪」のラブストーリー。爽やかに語って下さいました。こんな番組を久留米で見られるなんて。来年も是非「久大線落語会」期待しております。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.103

“2017 コロンビア サン・アドルホ農園Ⅱ”

写真と文 安達  和宏

adachi20171205.jpg2017年3月に訪問した農園での一コマです。前号で紹介した女性方が作った農園のおもてなし料理で腹ごしらえの後は、生産処理場と乾燥棚(2階建)の見学です。お腹パンパンのところに不安定なハシゴ階段を必死によじ登りながら乾燥の様子を記憶に留めます。電線が目の前にある位なので結構な高さで、眺めも変わり農園の区割りもよく分かります。棚の上では、ゆるやかな風を受けながら生産者とエキスポーターが談笑し近況報告や今年の出来映えを話していました。我々もそうですが、エキスポーターにとっても情報交換は最重要事項です。産地の状況や生産者の想いも汲みながら、また私たちに素晴らしい豆を紹介してくれるのです。

伝える事の重要さを噛み締める今日この頃であります。

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.62

~藤山町の栗~

 

今年も秋を感じさせてくれる栗が収穫の時を迎えました。久留米市藤山町で、栽培された栗は、特別大粒のもの!ごろっと大きな栗の鬼皮をむき、スジ取りをして、シロップでことこと煮込むこと1週間。じっくり時間をかけて、ほっくりおいしい渋皮煮を手作りします。その栗を丸ごとに閉じ込めたマロンパイや、ぎっしりつめこんだ「贅沢モンブラン」などに使っていきます。久留米ならでは、手作りならではの味覚を楽しんで!

 

取材協力/銀のすぷーん

syun201210-1.jpg syun201210-2.jpgsyun201210-3.jpg

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.61

~藤山のなしが今年も実りました~

 chikugo1209.jpg

PÂTISSERIE銀のすぷーんで素材に使われている梨は、お菓子屋さんでよく見かける洋ナシではなく、いわゆる和ナシ。久留米市藤山町で、7月から9月にかけ収穫される「幸水」「豊水」が使われています。梨の木の枝剪定~受粉~摘果から、スタッフが梨作りにも参加し、今年も収穫の時を迎えました。梨が育っていく様子をじかに見ながら、梨農家さんの大変さや自然の恵みに感謝しつつ、藤山のなしの美味しさを生かしたスウィーツを作ります。

 

取材協力/銀のすぷーん

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.60

「小林さんのマンゴー」

お待たせしました!小林さんのマンゴーが入荷しました。
広川町の小林さんが営む農園で育てられたアップルマンゴーが、ようやく収穫の時期を迎えました。「今年はまだですか?」というお客様の、待ちわびるお声も聞こえてくるほど、この季節の人気商品になりました。小林さんのマンゴーは、手間ひまかけて、愛情かけて育てられた逸品。ひとつひとつネットをかけられたマンゴーは、完熟すると自然に落下します。もぎ取るのと比べ香りがとても良いのだとか。そんな完熟のアップルマンゴーをたっぷり使った生ケーキが販売中。じっくり熟したマンゴーが、キラキラ輝いてショーケースに彩りを加えてくれています。小林さんのマンゴーが収穫できるまでの期間限定!
短い夏を楽しんでください。

取材協力/銀のすぷーん

201208_chikugoheiya1.jpg 201208_chikugoheiya2.jpg

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.59

立花の梅パイ

 

福岡県八女市立花町は、九州でも有数な梅の名産地。その梅が今年もおいしく実りました。

銀のすぷーんでは、その梅を一粒ひとつぶヘタをとり下ごしらえし、ふんわりやわらかなシロップ煮を手づくりします。その柔らかい食感と芳醇な香りの梅の実を、丸ごとサクサクのパイにのせて香ばしく焼き上げた「立花の梅パイ」は、今の季節だけのおいしさ。毎日焼きたてをご用意してお待ちしております。

取材協力/銀のすぷーん

gin201207-1.jpg gin201207-2.jpg

銀のすぷーん 筑後の旬だより vol.58

福岡県産フルーツシャーベット

201206shun1.jpg201206shun2.jpg福岡県産のおいしい果実が集結!自然豊かな筑後地方の旬の恵みが詰まったシャーベット6種。これからの季節にぴったり!!爽やかなひとときをお楽しみください。

銀のすぷーんの 筑後平野 旬だより vol.57~天然素材100%の福岡県産フルーツジュレ~

201205syun.jpg自然豊かな筑後平野。地元久留米やその周辺では、たくさんの魅力的なフルーツが収穫されます。久留米産の「博多あまおう」や藤山町の「なし」など。ヘタをとったり、皮をむいたり下ごしらえも手作業でおこない、手作りゼリーをつくります。着色料や香料は使用せず、香りも色も自然の味わいそのまんま。普段のおやつやデザートとしてはもちろん、常温でもお持運びいただけるので、遠方へのお土産などにも最適。天然素材100%久留米産まれのフルーツジュレで、これからの季節をお楽しみください。
取材協力/銀のすぷーん

コーヒー産地を訪ねて… 一枚の写真 vol.382012年Guatemala San Cristrobal Verapaz 

写真と文安達和宏

201205iti.jpg 2012年3月のグアテマラ・San Cristobal Verapaz サキシムという組合での一コマ。空港のあるグアテマラシティより車で4時間あまり、数年前に大規模な崖崩れで交通規制された山肌を見上げたりしながら、このサキシムのウエットミル(コーヒーチェリーの精製場)に到着です。早速、収穫も終わり乾燥されたコーヒー豆がギッシリ詰まった倉庫の裏で、生産者の皆さんより地域に伝わる伝統的な儀式で歓迎を受けました。コーポラティブの有力者であるEmilioさんは、儀式を司るシャーマンでもあります。我々が見守る中、果物やお酒など幾つかのお供え物を手際良く並べて、お祈りは始まりました。実はこの農園の豆は2007年カップオブエクセレンス#4位San Cristobal Y Tamahuで、あだち珈琲も味方塾グループで落札した農園で、それをご縁に買付けています。今回は4名の生産者と直接お話しもしましたが、皆さんとても純朴そうでお人柄の伺える方々です。私の経験上・・・良いコーヒーを作る生産者の皆さんほど「俺が?俺が?」ではなく控えめな方が多いのですが、今回もそれを感じました。。。。。グアテマラシティに戻って行った買付けのカッピングでも、とても甘く印象的なコーヒーで高評価でした!
今年は、グアテマラCOEの審査会にも参加する予定ですので、ますます楽しみです!!

Home > くるすたコラム

Search
Feeds
Meta

Return to page top