Home > くるすたコラム > 『楽家事』ってECOかも

『楽家事』ってECOかも Archive

「楽家事」ってECOかも♪ vol.20 製菓用「ドレッジ」の活用

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク〜に楽しむ1児の母)

 最近、カラフルだったり工夫された『まな板』が販売されてますが、皆さんは使われたことがありますか?キッチン雑貨好きの私は見ているだけで楽しくなります♪工夫されたまな板を見ていると、「あ~私だけではないのね~調理中の悩み!!」とも、思っちゃいます(苦笑)。
 皆さんは、まな板の上で野菜等を切った後スムーズにお鍋やフライパンに毎回キレイに入れることが出来ますか?私は手や包丁を使って入れようとするとポロポロこぼすことがあります。曲がるまな板を持っていますが、野菜によってはまな板にくっ付いたりしませんか?私はピーマンの種(生長点)も調理しますので急いでいる時に落とした種を指で幾つも拾うのは、プチイライラ!!そのような悩みを解決したのが、プラスチック製の製菓用「ドレッジ」(ガード・スケッパー)です!ドレッジでサッと野菜等をすくうと、まな板の上がキレイになるほどキレイにすくえるので、まな板を洗うのがとってもカンタン♪ちょっとまな板にくっ付いて取れなかったり落としたり…「ごめんなさーい」と生ゴミになっていませんか?夏場は生ゴミが腐ると臭いがきつくなるので、少しでも生ゴミにはしたくありません。そしてそれ以上に、作り手の方が自然の厳しさの中で愛情込めて育てたお野菜等ですから、大事に食べたいですよネ♪
 まな板を洗った後ドレッジでサッと水を切ると、調理中は布巾で拭かなくても良い事が多いので布巾の洗い物が減らせますヨ♪まな板の上の切った野菜を、ドレッジでサッ!とキレイにすくえるので、すくった時は、一瞬!自分の心の曇りもすくえた様に感じ!クセになっちゃいますヨ♪この「ドレッジ」は、百貨店や製菓用品売り場があるお店に売られています。久留米は取り扱いが無いお店もありますので問い合わせてみてください。価格は200~300円位ですヨ。
 注)金属製のスケッパーは傷が付くので使えません。

(※上記に写真)トマトの種や汁もすくえます

「楽家事」ってECOかも♪ vol.19大活躍の箒&塵取り

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

家の掃除道具の中に、箒&塵取りはありますか?箒が無いお宅は、かなりあるのではと思います。我が家も数年前に今使っている箒を購入する前までは家の中にはありませんでした(笑)。
 勿論、我が家でも掃除機を使いますが、深夜・早朝・下の階に響かないかなぁ~。子供が寝ている間に掃除を済ませたいけど音が…とためらって結局は掃除機を出せないことがよくあります…そこで登場するのが箒です!!掃除機では面倒臭い狭い箇所や幅木の掃除も箒ではカンタン♪♪充電が要らないハンディタイプの掃除機だと思っています♪掃除機よりも箒はkサッと取り出せる場所に掛けてあるので子供が食べこぼしてもへっちゃら~?!我が家は、お客様からは見えませんがあちこちに箒&塵取りのセットが掛けてあるのですヨ!箒を取りに行かなきゃと思ったら面倒になっちゃうことがありますので(汗)。
 箒にも素材が違って色々ありますが、私が愛用しているのは棕櫚(シュロ)箒です。棕櫚はホコリが舞い上がりにくく小さなホコリもキレイに取れるみたいです♪そして塵取りは、「はりみ」を愛用しています。はりみとは、和紙に柿渋を塗って仕上げられた塵取の原型です。紙製で静電気が発生しないのでホコリ離れが良いのが特徴です。また、端が少し反り返った形なので、上から押して広げると地面や床にピッタリ沿うので塵を残らず集めることが出来るのです。ゴミをキレイに、はりみに集めてゴミ箱へスルッと落ちるときは爽快ですヨ♪
20100711.jpg写真:息子(3歳)に短枝の箒を持たせてみると、ちょうど大人が長柄の箒を持った感じで良い♪写真を取った後、新しいおもちゃをあたえられたように箒をひきずって走り出しちゃいました(涙)。まぁーこりずに時々一緒に掃除をしよう!と誘ってみよう!

短枝の棕櫚の箒&はりみ(小)

「楽家事」ってECOかも♪ vol.18 ご飯の温め方

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 我が家はパンも麺も好きです。ご飯は大大好き!!美味しく、ご飯が炊けて食べている時は幸せを感じちゃいます♪♪ご飯に合うおかずがあるだけで何杯もご飯がいけちゃうことありませんか?我が家はご飯が美味しく炊けて、さらに以前紹介しました米糠ふりかけがあれば食が進むようで、ご飯の減りが早いです。
 私がなぜ、ご飯に力を注ぐかと申しますと!!!主食であるご飯が美味しいと、シンプルなおかずでも満足できるからなのです♪おかず作りがカンタンで楽出来るのです!だけど、食事のたびにご飯は炊けない…ので冷めたご飯でも美味しくと思いお櫃を使っています。
rakukaji6.jpg
 ご飯の温め方や保存方法は色々ありますよね。炊き立てご飯をラップに包んで急冷凍してレンジでチン、炊飯器の保温・蒸し器・せいろでの温め、等など。私も以前はラップに包んで冷凍して、食べる時にレンジでチン♪していましたが、ラップがもったいないというよりラップで包むのが面倒になり、お櫃に入りきれなかった日は、ガラス保存容器に入れて冷蔵しています。
 私流ですが、ご飯を温めるときはテフロン加工された多重層のフライパンにご飯を入れて水を入れます。(120~150CC位かなぁ~ご飯の量によって水の量を加減してください)このときの水でご飯の入っていた容器を洗う様にフライパンに水ごと入れると、一粒残らずフライパンに入れることができますヨ!全体的にヘラなどでほぐし蓋で密閉します。強火にし蒸気が上がってきたら弱火 (この間蓋を開けると中の温度が下がるので開けない)温まったら火を止め蓋を開けてここで大きくひと混ぜ!この時ギャ!!ご飯がこびり付いちゃったと思っても、あわてない!こびりつきを剥がそうとせず蓋をして数分蒸らすと!あ~ら不思議!薄皮の美味しそうなお焦げつきご飯の出来上がりフライパンもキレイ♪もし水分の入れ過ぎでベチャベチャになったら火を付け大きく混ぜながら水分を飛ばします。食事中蓋さえしていれば温かさが続きますよ♪
 量にもよりますが、我が家の量だとレンジでチン♪より早いかも!

「楽家事」ってECOかも♪ vol.17 オススメの布巾

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 布巾は、どんな素材をお使いですか?素材によって手触りや水の吸収力が違いますよネ!私の持っている数種類の布巾の中で、最近お気に入りの布巾を紹介します♪
rakukaji51.jpg 商品名は「水切りスポンジマット」。食器用水切りマットとしてお使いになられた方もいらっしゃると思います。私も水きりマットとして使ってみましたが!!食器の数が多かったのかベチャベチャ感が好きではなく(説明書には自重の10倍以上の水を吸収と書いてありました)…しばらく使っていませんでしたが、もったいないので食器拭きに転身♪始めは、水で濡らしてから使うのは不思議な感じでしたが、使ってみると水分を多く吸い取ってくれて、普通の布巾では拭き取りにくかったパンチングされたザルやボールを初めて拭いたときは感動!!グラスやガラス食器を布の布巾で拭いたときには繊維くずが気になりますが、セルロース素材で拭くと繊維くずが気になりません♪
 洗った調理器具や食器を自然乾燥・食器乾燥機・食洗機で乾かす方法がありますが、すぐに拭くときは点数が多いと布巾がビショビショになって絞ったりと、数枚布巾を使ってませんか?私は数枚使っていたので、洗って干す手間が省けないか考えていました(悩)。セルロース素材のスポンジを布巾として使ってからは布巾を洗うのが楽になりました!ビショビショになったら絞るだけなので1枚で事足りますヨ♪♪
 欠点は、商品によっては破れやすいです。セルロース100%の物はねじり絞りすると使っていくうちに破れます。私のお気に入りは天然パルプ100%のセルロースとコットンで出来ている布巾です♪
 これからのシーズン海・山・川などでキャンプや来客が多い時の食事の後片付けに1枚持っていると重宝すると思いますよ♪
【セルロース】天然高分子の一種で植物の構成分子。一方ポリエチレンやポリエステルは合成高分子。石油から作ります。セルロースは植物と同じなので水をよく吸います。土に返すと微生物により100%分解されて地球に還元されます。微生物さんが食べやすいように小さめにカットすると良いようです☆

「楽家事」ってECOかも♪ vol.16 魚焼きグリル(2)

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 先月号でガスコンロの下にある魚焼きグリルについて書きました。それを読んでくれた友達が「焦がしちゃうのよねぇ~…」と言ったことに対し、「タイマー使っている?」と聞き返してみたところ、使ってなかった様子。
rakukaji_4.jpg そう!オーブントースターにタイマーがあるように魚焼きグリルにもタイマーが必要なのです。焼ける前に焦げそうなときはアルミホイルをかぶせたり、それでも焦がしてしまったらキッチンバサミの登場!焦がした部分をキッチンバサミでカットします。私の分は、焦がしても食べる前に箸で除けちゃいます(笑)魚焼きグリルはアルミホイルも必需品で、アルミホイルの上にオーブンシート(クッキングシート)で包んでアルミホイルで固定すると蒸し焼き調理ができ、洗い物が出ないこともあります。(アルミホイルは汚れないようにして使い回します)片付けが面倒な時は、蒸し焼きの調理をします。油が多い肉や魚は、直火で手早くカリッと美味しく食べたいって思っちゃいますが!焼いた後の受け皿を見るとギョッ!!とするくらい油が出ていることがあります。油が落ちそうな時は火をつける前に、「水なし」の場合は受け皿に重曹を振り入れます。調理が終った後ウエス(ボロ布)でゴミ箱へ。臭いを抑えられ重曹が油を吸ってくれて後片付けが簡単ですヨ♪「水あり」の場合は片栗粉を使う方法もありますが、片栗粉がもったいないという方にはこの方法もアリかもしれませんネ♪(水の中に重曹を入れ入れますが、片栗粉を使ったときみたいに固まりません)揚げ物は高カロリーで手間もかかるので私はあまりしませんが、グリルを使って簡単でヘルシーな「揚げ物もどき」を作ります。卵・小麦粉・水をなめらかになるまで混ぜ、パン粉の代わりに油をまぶしたパン粉をつけてグリルで焼くだけ。強い火力でパン粉がカリッとなるから美味しさも軍配が上がり少ない油でヘルシーに仕上がりますヨ♪正直言って油で揚げた方が見た目は好きかな (苦笑)
たい焼きの温め直し:指先でパッパッと水をかける程度しめらせ、片面焼きなら2分、返して一分焼く。両面焼きなら2~3分焼く。サックとした食感になり美味!

「楽家事」ってECOかも♪ vol.15 魚焼きグリル

rakukaji4.jpgさと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 我が家の使わなくなった家電の中に、オーブントースターがあります。頻繁に使い込んでいた為に庫内のガラス面の汚れをいくら掃除しても取れないのにも関わらずよく目に付く場所に置いていたので、日々オーブントースターとにらめっこしてました(笑)
 そんなある日、食パンをガスコンロの下にある魚焼きグリルで焼いたら、早いし外はカリカリ!でも、中はふっくら♪それからというもの、次々にお野菜・お肉・惣菜の温めなおしなどなど、フル活用~。この冬よく食卓に登場したのは、カブと人参のグリル焼き(切って魚焼きグリルで焼くだけの料理??。カブは輪切り・人参は縦に3~4等分に切る(もちろん皮は剥かない)。魚焼きグリルに並べて焼くだけ!!カブも人参も美味しさと甘味がギュッと凝縮され、まさに格別!魚焼きグリルで焼いたらニオイは魚臭くならないの?という声が聞こえてきそうです。私もそう思ってました!でも大丈夫!!小さな庫内の魚焼きグリルでは急激に食材を300℃以上に加熱するので、食材から急激に水分が蒸発され臭いの分子が入りにくいのです。ただ受け皿や網に魚の皮や身がついていたら食材に臭いがつくので、魚を焼いた後はこまめに洗った方が良いですヨ♪そして、火を止めたあとは庫内はしばらく高温なので余熱調理が出来ます…が!忘れちゃって庫内の中で食材が冷めてしまうと臭いがついてしまいます(涙)そのような時はもう一度火をつけて焼ききってしまいましょう♪ここで注意!灰にしてしまうのではなくて、臭いを飛ばすくらいに焼くって事ですので、お間違えナク~…
 魚焼きグリルには、上から焼く片面焼きと、上下両方から焼く両面焼きがありますが、片面焼きで焼くときは予熱を2~3分すると良いですヨ!次号へ続く…
我が家は、両面焼きグリルなので8分位に焼いてます。片面焼きは5~6分、裏に返して3~4分位かな。焼き時間は、機種によっても異なる場合もありますのでご注意ください。

「楽家事」ってECOかも♪ vol.14 圧力鍋

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

rakukaji_02.jpg その昔、ナポレオンが遠征に圧力鍋を持参したことで当時一躍注目を浴びたそうですが、現代の皆さんは圧力鍋使っていますか?使っている方は「便利ヨ!」使われない方の中には、怖いという声をよく聞きます。
 調理時間が2分の1になるといわれることや、玄米・根菜・豆の下ゆで・豚の角煮のように固いモノに威力を発揮してガス代の節約になるのはよく知られていることですね。
 私は、玄米ご飯・蒸し物・パスタを茹でる(もちもちします)・フツーにカレー、シチューを作る時などフルに使っていますヨ!
 我が家の圧力鍋は表面がステンレスなので、そのままカレールー(圧力鍋には粘性のあるものは入れちゃダメ)などを入れちゃうと食事が終わってから鍋を洗うのが大変なので、野菜・お肉等に圧力をかけ終わったらテフロン加工の鍋やフライパンに移し変えてからルーを入れます。カレーやシチューの後も簡単に洗えますし、鍋底にこびりつかない分、最後まで食べれます(笑)
 なんといっても圧力鍋を使う事でガス台周辺が汚れないので、来客があっても安心です♪
 何か料理に使おうとして朝、豆を圧力鍋で下ゆでして置いていたら、いつの間にか家族に食べられてしまい、朝食前に無くなることも多々あります…。私の豆の下ゆでの方法は一晩(8時間程)乾燥大豆を水につけ、水切りして分量の水(圧力鍋によって違うみたいです)を圧力鍋に入れます。ここでポイント!ひとつまみの自然塩を入れて圧力をかけます。圧力がかかってからの時間は圧力鍋によって違うみたいですが、我が家の鍋は錘が振れてから弱火で1分、余熱調理します。ひとつまみの自然塩を入れることによって大豆の甘さが際立ってとっても美味しいです♪
 圧力鍋の事故も起きてる事実もあります。必ず取り扱い説明書をよく読んで安全に使って下さい。

「楽家事」ってECOかも♪ vol.13 時間短縮!フライパン活用の巻

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 いただきま~す!お母さんが作ったからおいしいね~♪2才の息子が言ってくれるこの言葉、ホンキで嬉しいです。ハイ!主人曰く「この、世渡り上手!!」(苦笑)。今月号は、主人もコラム書いてますヨ。どんな内容やら…。
 食事の仕度をゆっくり手間をかけて作ることもありますが食事の後直ぐに、仕事等で直ぐに出rakukaji_1.jpg掛けないと…片付ける時間が無いけど帰宅した時は片付いていた方が気持ち良い!!そこで、私は調理に工夫します。煮物やリゾットを作る時でもフライパンを使います。底が広い方が深型のお鍋より熱効率が良いので早いです。炒め物を作るときは、温めたフライパンに油を入れて野菜等を入れますが、この時コンロの周りに油が飛び散りませんか?直ぐに拭けば良いのですが時間が無い時そのままにしていませんか?そのままを繰り返してると汚れが落ちにくく!いざ掃除をしようとすると大掃除みたいに気合が…。
 炒め物等をする場合、私は火にかける前に油(少量)・野菜・塩等(野菜によっては少量の水や酒を入れます)を入れて混ぜてから蓋をして、火にかけます。野菜がしんなりしてきたら全体を混rakukaji_2.jpgぜます。蒸していますので加熱ムラないですし油を使う量も少なくて済みます。歯触りを残したい時はタイミングをみて火を止めます。この様にするとフライパンからの油の飛び散りを防げますヨ!そして!!途中で混ぜたりしないので、その間他の料理にかかったり洗い物したりしてますのでラクです♪但し、火の側からは離れないで下さいネ!
 この様に書いてますが、思いっきり料理する時は、散らかってます(苦笑…)。

〈大根の皮のキンピラ風〉
(1)フライパンに大根の皮と葉と少量の水を入れ、ひとつまみの自然塩を振る
(2)中火でフライパンが温まったら弱火
(3)火が通ったら水分を飛ばして醤油を少々、最後ごま油で香りづけ
※蒸していますから甘みがあるので砂糖が入ってません。調味料の量が少なくてすみますよ。好みでみりんを足しても良いですね。

「楽家事」ってECOかも♪ vol.12 炭酸水で窓磨きの巻

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

 12月号…何を書こうかな~と友達と話していたら、やはり「掃除!」という言葉が返ってきた(頭の中には別のテーマを何となく決めていた)。ウッ…!掃除かぁ~。私は元来、不精者で12月といっても掃除は普段の掃除+ポイント掃除位しかやってない。
 そんな私の窓拭きのやり方は、炭酸水(無糖)をスプレーボトルに入れて窓にスプレーし片手でマイクロファイバーであっちこっち乾拭きしています。市販の窓磨き用のスプレーはニオイが苦手で、拭いた感じも…。本を読んで早速試したらこの様な悩みも一掃しましたヨ♪
 水で磨くと汚れが白い筋となり、それを消すために何度も乾拭きしなければなりませんが、炭酸水の良いところはスプレーしたあとサッと乾拭きするだけ!簡単ですヨ♪そして、スプレーで子どもがイタズラした時も子どもの顔や洋服が濡れただけで、ギャ~!!コラ~!!と私のボルテージが上がらずに済んだことかな(笑)子どもが窓にキスしても薬品でなく飲物で拭いているので笑って見ていられます。
 一番は簡単で安価なことかなぁ。一度お試しあれ~!!無糖の炭酸水はコンビニ・スーパー等で販売されてます。残ったらジュースやお酒で割って飲んでも良いですね♪
 炭酸が抜けても使ってます!以前紹介した錆び落としに使っても良いですし、眼鏡拭きに使うのも気に入ってます!
rakukaji3.jpg 一度に家中の窓を磨くのは疲れちゃたりするので、一ヶ所だけって時でも良いですね~♪
子どもが、私の真似っこして窓拭きしてる写真です

「楽家事」ってECOかも♪ vol.11 マイボトルを持つの巻

さと子ママ(日々の生活や育児をシンプルにラク~に楽しむ1児の母)

外出時に持ち歩く自分用の水筒(マイボトル)持ってますか?流行ってますよね!?
 最近、様々な種類の水筒が販売されています。スタイリッシュ、お洒落、かわいいデザインの水筒♪形も、カフェなどでも販売されているタンブラー、ストロー付き、従来のコップタイプ、そのまま飲める等…様々なタイプがあり、ホント迷っちゃいますね。私が使っているのは、サーモスの片手でワンタッチで開けられそのまま飲むことが出来る水筒(ケータイマグ)を愛用してます♪
rakukaji2.jpg 我が家は、出掛ける用事が無いときでもオールシーズンの朝、お茶等の飲み物を愛用のケータイマグとポット(これは家庭内専用ですが…)に入れます。出掛けないときも??と聞かれそうですが、冷たい飲物をコップに入れておくとすぐに氷が融けてしまって薄まったり、コップの周りが結露等で水浸し!!(コースターを敷けば良いのですが…温かい飲物でも最後の方はぬる~い(冷た~い)なんてことありませんか?パソコン周りでコップを倒したら大変(汗;) 数時間たっても埃も入らないし適温!飲み残しがほとんど無いので排水に流さないですみますし洗い物も少なくてすみます。そんな理由で家の中でもマイボトルが活躍しています。
 出掛けるときはそのまま持って行ったり、ポットから補給してから出掛けますので、手間がかかりませんヨ。
 外出時、冷たいペットボトルだと結露しちゃうし、これからのシーズンせっかく温かい飲物を買っても冷めちゃうけど、ケータイマグだとゴミが出ないので処分の手間がかからないです。こんな理由で主人もマイボトル愛用しています♪
 ここで注意したいのは、最近の魔法ビンは保温保冷機能に優れているので適温で飲物を入れること。熱いといつまでたっても飲めません(汗)そして、小さな子どもの手が届かない所に置いてください。息子が私のボトルを飲んじゃいました!!火傷はしませんでしたが、子どもにしてはあまりの熱さに大泣きしました…。
 好きなお茶を飲んで、楽して節約できる水筒(マイボトル)。本当にお薦めです☆

Home > くるすたコラム > 『楽家事』ってECOかも

Search
Feeds
Meta

Return to page top