Home

くるめ-コラム

ひろしじいちゃんの 子どもの為の絵ごころ指南!! Vol.1

子どもの絵 六ツ門教室 主宰 杉山 洋
20180508sugiyamae2.jpg
20180508sugiyamae1.jpg「子どもの絵の指導」の最大の敵は「塗り絵」です。
「幼いお子さん」に市販の「塗り絵」を与え、画面全部が色で埋められたとき、「ああ、よく塗れた。よく出来た」とお子さんを褒められたことはありませんか。
右の五歳の幼児の「お母さん」の絵には余白がありません。完全な「塗り絵」です。「お母さん」ではない「お人形さん」を描いたものです。この絵には血の通った世界で独りだけのお母さんの姿がありません。
人形のまわりの黄緑の色は何を意味しているのでしょうか。おそらくお母さんが「白く残っている、まわりを黄緑で塗りなさい」と指示したに違いありません。
お母さんがいつもこんなドレスを着てウインクしているのでしょうか。まわりが黄緑の色の世界にいるのでしょうか。すべてがウソで固められています。血の通っている、世界で唯ひとりの母の像がこの絵にはありません。
お子さんは「人形」のまわりを空白のまま残していたに違いありません。それを未完成と思ったお母さんは、思いつきの黄緑で塗りつぶさせたのです。それがウソの始まりです。
このまま幼児期を過ごしたお子さんは、小学四年生ころ、目で見て描く「写生」が苦手になり、ひいては人生でもっとも大事な思春期に「美術」とは無縁になるでしょう。
左の絵は世界で唯ひとりの自分のお母さんを描いています。大きな口を開けてゴシゴシと歯を磨くお母さんは健康そのもの。茶色の血の通った顔や、でっかい白い歯がそれを表現しています。まわりの時代色の残った壁には黄色のタオルがさがっています。うがい用のコップには水が満杯。「歯ブラシ」を持つ手首に力がこもっており、ところどころに残った空白は塗り絵ではない証拠。幼児期の絵に必然的に生じる空白なのです。
空白の無い無意味な黄緑のべた塗り絵のウソより、はるかに勝る幼児期絵の真実がここにあります。

久留米文学散歩 vol.65

夏目漱石と熊本そして久留米③
文/増原 達也

昭和63年に永田書房が纏めた物で私の研究に関係がある明治29年から同32年の発句を表にしてみました。明治29年四九七句明治30年二六六句明治31年一〇二句明治32年三三〇句となっており、31年発句の少なさが良く判ります。私はこの原因を知りたかったのです。そこで全集物やその他著書で調べてみますと、この年すなわち前年の30年に、実父直克が81歳で死亡、漱石は暮れから正月に掛けて小天温泉へ、そしてその前年だったと思いますが、彼を文学に傾注させた米山保三郎が死亡、この事は「猫」で「空間に生まれ、空間を究め、空間に死す。空たり間たり天然居士噫」と墓碑銘に記する場面は、この米山氏の事を書いていると伝えられています。そして31年になって鏡子の悪阻が酷くなり、彼自身も例のノイローゼ気味となっていた様です。そこへ前年、すなわち明治30年暮れに出掛けた「小天温泉」の「卓」(小説では那美)さんとの関係が尾を引いてくるのです。この那美さんですが、「小天温泉」の後「孫文」の秘書となったという説があるのですが、その職ではこれと云った功績が無かったのか、「孫文」自身の小説や伝記にはそれらしい人物は見当たりません。只、新潮社の日本文学アルバムの69頁の左上と右上に小天時代の写真(これは小天の漱石が泊まったと云う部屋にも掛けてあるものと同じ)が、69頁の上部に孫文の第二婦人と一緒に掲載されています。この時卓さんは中国服を着て第二婦人と云われる人は和服の様です。この卓さんと漱石は小天では話が弾み草枕でも、それが感じられる様に書かれ両者が好感を持った事は事実の様で、熊本に帰っても漱石の話や行動にはその影が鏡子には見え、感じられたのでしょう。亦、地元(小天)の人の話では卓さんが漱石を案内して宮本武蔵が五輪書を書いた五百羅漢の洞窟を見学したとも伝えられており、事実その道の過程に五輪の塔と云うのが存るのですが、それが草枕の前段部分に採用されてもいます。

くるめ食素材探検 vol.55

筑後うどんの具の定番といったら…
「ごぼう」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

筑後でうどんちゅうたらごぼう天でしょ!というくらいなじみの深い野菜、ごぼう。
20180508gobou.jpg
厚切りにしたごぼうにどっさり衣をつけるスタイル、ささがきにしたごぼうをどんぶりからはみ出るほどのかき揚げに仕立てるスタイル、お店ごとに特色があって楽しいですよね。そんなごぼうですが、食べるのは日本や台湾、韓国くらいのものなんだそうです。ですが近年、日本食ブームの到来によって、ヨーロッパでもごぼうが食べられるようになってきたんだとか。原産地はヨーロッパから中国あたりだそうで、日本へは平安時代に中国から薬草として伝わったそうです。いまでも根や種の部分は漢方薬として使用されます。
品種もさまざま、太いものや短いもの、あまりなじみがありませんが葉を食べるものなどもあります。中には栽培に2年以上かかる品種もあるんだとか。ごぼうといえば、食物繊維!水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいるのが特徴です。便秘したらまずはごぼうとコンニャクのキンピラ、そしてウォーキング。変な薬飲む前に、一度お試しあれ。ワンダホーな大きいお便り間違いなしです。またミネラルも豊富、赤血球の形成を助ける銅や、血液循環を正常に保つのに必要なマグネシウムなどがあります。

ごぼうは泥を落とすと風味が落ちるので、なるべく泥つきのものをどうぞ。洗いごぼうの場合は、肌のきめが細かいもの、なめらかなものを選びましょう。ちなみにごぼうの味や香りは皮の近くにあるので、皮をむきすぎないこと。たわしでよくこすり洗いするだけで充分です。汚れや黒ずみが気になる場合は、包丁の背で表面の薄い皮を落とす程度で十分です。保存は泥つきであれば、新聞紙にくるんで冷暗所へ。洗いごぼうはビニール袋へ入れて冷蔵庫の野菜室へ。なるべく早く使いきりましょう。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.108

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真  vol.108
“2018年 ニカラグア マタガルパ”
写真と文 安達  和宏

20180508adati.jpg
2018年4月に訪問したニカラグアでの一コマです。
ニカラグアCOE=カップ オブ エクセレンスの品評会で、首都マナグアから車で3時間ほどのコーヒー産地でもある、審査会場のマタガルパという地方都市を訪問しました。いつも審査会では、スタッフとして国内から若手のコーヒー事業従事者や学生のボランティアなど参加しています。今回も明るい若者たちが会場設営からお湯注ぎ清掃と精力的に働いてくれました。何より、いつも笑顔で元気に「Hola! オラ!」と、挨拶してくれるので、時差ボケや審査の疲れも吹き飛んでしまいます。話しをすると皆んな自分たちの国ニカラグア、そしてコーヒーの事が大好きで自慢してくれます。自国を愛する気持ち〜当たり前のようでありながら、素直に好きと語る彼らがとても素敵に映るのです!

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.91

草野陶房 現の証拠 河北徹
「ミニ盆栽とお香にまつわる焼き物展」
期間:5月15日(火)〜5月31日(木)   香star

新緑のころ、緑も深まるこの季節、お部屋にも心落ち着く「ミニ盆栽」「一輪挿し」を飾って見ませんか。そこに香りのアクセントがあれば、心も体もリフレッシュします。
期間中は、現の証拠さんのミニ盆栽、盆栽鉢、茶香炉などが展示即売されます。爽やかな5月の緑と香りを天年堂へ探しにきませんか?

20180508tennnenndou.jpg▲蚊やり香炉 3,780円

母の日グッズ揃えています!

イベントのお知らせ
2018.5/28(月)〜6/2(土)
「四人展」
〜創作バッグ、お香と香炉、
手織佐賀錦、甦る時代家具〜
ところ:味の兵四郎1Fギャラリー
筑紫野市美しが丘北3丁目1-3
TEL092-926-7558

歯は健康のバロメーター vol.13

〜落合先生のお口のお話し〜
「指しゃぶりをやめさせる方法はありますか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

指しゃぶりをやめさせるにはどうすればいい?というご相談を受けることがよくあります。指しゃぶりによって歯並び咬み合わせが悪くなる、指に吸いダコができる、見た目が気になる等、いろいろな問題があることから、早くやめさせたいと思う気持ちはその通りだと思います。しかしながら、結論からお話すると、現在、指しゃぶりをやめさせる決定的な方法は、ありません。
もともと指しゃぶりというものはヒトとして自然な行為、すでに胎児期から行っているもので、これは生まれたときにすぐ母乳を飲むための練習として重要視されています。そして誕生後は目で見たものを手で触ってそれを口に入れる、こうやっていろいろな物の形、味、感触等を口で感じて、物の性質を学習、判断していく行動をとります。つまり指しゃぶりは世の中の物を知るために口の感覚を研ぎ澄ませている行為といえるでしょう。
しかし、1〜2歳になると口で確認しなくても目や手の感覚でいろいろなものを判断することができるようになり、やがて3歳を過ぎると友達と遊んだり体を動かして遊ぶようになるため指しゃぶりはしなくなる、というのが通常の指しゃぶりの始まりから卒業です。したがって2歳頃までは自然な行動として特にやめさせる必要はなく、様子を見守ってあげて下さい。
心配なのは3歳以降の指しゃぶりです。こどもにとって吸う行動は、母乳を飲むためにお母さんの乳首を吸う等、気持ちのいい感覚があるものですから、口の感覚でものを判断するという行為が必要ない年齢になっているにもかかわらず、この気持ちよさからなかなか抜け出せず、不安な時、寂しいとき、手持ち無沙汰なとき、ぼんやりしているとき、動画を見る等受け身の状態になっているとき、こんな時に指しゃぶりをしてしまう。これが習慣、癖としての指しゃぶりということになります。これをどう解決するか、来月に続きます。

久留米文学散歩 vol.64

夏目漱石と熊本そして久留米②

文/増原 達也

その坂を頂上から少し下がって右に折れると漱石の旧宅に当たります。可成りの広さの家で漱石が入居する以前は彼の友人の狩野亨吉が住んでいた様です。私がこの時、熊本に行ったのも、漱石がここに住むようになった原因や過程を知る為でもあったのです。この家は現在、漱石の博物館にもなっており、色々な資料等も陳列してあります。そこに着くと直ぐ署名して館内に入り左手に屏風の様な物に彼の転居先とその年月日、当時の出来事等も記入してある物があり、私も直ぐそれを写そうとして二〜三行書いた時だったと思いますが、その館の案内人の方が、「これを・・・」と云って差し出してくれたのが、その屏風の中に記入してある事が全て記載してある物だったのです。「どうもありがとう御座います」と云って受け取り、一応目を通して「処で先生、漱石の俳句の中で明治31年が少ないのは何故ですか」と尋ねてみました。正直、熊本に行ったのも半分はその為でもあったからです。そしてこんな施設で説明に従事しておられるのだから、専門家だろうという先入観が私自身にあった事は事実でした。処がその人の話は素っ気ないものでした。「その年は移転や何かで多忙だったからでしょう。」と答えられただけだったのです。そして次の見学者の処に行かれたのですが、私の落胆というか失望は大きな物でした。その時の私の身形も褒められた物ではなかったのですが。その後は見学する気にもなれず、外に出て、それから数拾年過ぎた現在でも忘れません。その後一〜ニ度熊本には参りましたが寄る事はありませんでした。扨そこで「夏目漱石句集」((株)永田書房)(昭和63年12月9日発行)に依りますと当時調べられた俳句、漢詩だけで俳句がニ四三一句で漢詩が二〇八首となっています。

くるめ食素材探検 vol.54

郷土料理の「がめ煮」に欠かせない食材

「タケノコ」編

文/靏久 格(産直や 蔵肆)

takenoko201804.jpg

お祝いごとに欠かせない郷土料理の「がめ煮」に欠かせない食材でもありますタケノコ。

日本人になじみ深い竹から産まれる竹の「子」です。田舎のほうですと、親戚からもらったり、なぜか玄関に生えて(?)いたりと、買うものではなく貰うものだったり。そんなふうに身近な分、タケノコなんてそのへんに生えてくるんでしょ?と思いがちですが、本当にいいタケノコを収穫しようと思うと、日当たりのよい山の斜面で、ふかふかの土と適度な空間が必要で、理想は竹林の中で傘がさせるくらいのゆったりとした「間引き」が必要なんだとか。やはり美味しいものを食べるためには手がかかるんですねえ。旬はやはり四月。気が早いところは三月の半ばから重機でほりあげる人も。土の中にいるのでまだ日にあたっておらず、柔らかくてえぐみも少ないんだそうです。

現在、日本で食用されているたけのこは、孟宗竹が中心です。原産地は中国江南地方。日本に入ってきたのは、黄檗宗の僧侶が中国を訪れた際に持ち帰った説や、琉球経由薩摩じゃなかろうかなど諸説あります。前者は1600年代、後者は1736年といわれていますが、いずれにしても孟宗竹は外来種。

一方、日本では真竹の文化がありました。竹取物語などでもおなじみですし、竹細工や筆、楽器などの素材は、主として真竹です。茶道の竹花器や茶杓も真竹です。

孟宗が終わっても、はちく、秋口からは四方竹などと楽しめます。とにかく鮮度が命のたけのこ。たくさんいただいたら、ゆで上げたあと半干しして冷凍しておくと使いやすいですよ。ラーメンのトッピングに欠かせないメンマも竹を乳酸発酵させた食品です。

八女市立花の大一食品工業さん、タケノコ一筋80年。中国産も多い中、国産のみを扱っておられます。地元スーパーや道の駅などでお見掛けの際はぜひ。

がめ煮まん、なかなか美味しかったです。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.107

“2006年 ニカラグア”

写真と文 安達  和宏

adati201804.jpg

2006年2月に訪問したニカラグアでの一コマ。

初めて赴いた産地の風景は今でも瞼に焼き付いています。集荷場では銃をズボンの後ろポケットに差した強面の番人が、コーヒーチェリーを持ち込んだ人々に大声で指図する。そんな群衆の中、手摘みのコーヒーチェリーを篭に入れ持ち込んだ母親の傍には手伝いをする少年。この子の表情は10数年経った今でも鮮明に頭に残っています。生産者そしてそこで働く人々の幸福を願い、買付けに取り組む我々のミッションの切っ掛けの一つです。

そんなニカラグアへは、4月にCOEの審査会で訪問します。この子の立派に成長した姿を見たいものです。

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.90

「新しい春がはじまる方へ」

名刺香、文香はいかがですか!

香star

この春から社会人としてスタートされる方、転勤で新しくご挨拶をされる方、名刺交換の時に香りを添えてお渡ししてみませんか?記憶に残るご挨拶となるでしょう。薄いカードなので読書の栞代わりにもなります。またパッケージは保管用として名刺が入るサイズです。

お世話になった方へのお礼のお手紙に文香を添えて送れば、封を開けた時のほのかな香りに感謝の心を感じていただけるのではないでしょうか?

kaori201804.jpg

名刺香 グリーンノート

レモンをアクセントにしたすっきりと爽やかなグリーンシトラスの香り

文香…324円

名刺香(カードフレグランス)5枚入…2,700円

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top