Home

くるめ-コラム

久留米文学散歩 vol.74

夏目漱石と熊本そして久留米⑫

文/増原 達也

耶馬渓に漱石が行った事は鏡子さんが奥太一郎氏と一緒だった事まで「漱石に思い出」の中に書き遺しています。明治30年には久留米に来て菅虎雄に会っています。そして3月28日には高良山に登り発心公園まで歩いた事は30年4月16日に手紙で正岡子規に知らせます。その文面は、・‥・‥今春期休に久留米に至り高良山に登り夫れより山越えを致し発心と申す処の桜を見物致候帰途久留米の古道具屋にて士朗と淡々の軸を手に入候につき・‥・‥と漱石は書いています。夫れが同年3月27日から28日に掛けての事だった様ですが、この時漱石が虎雄に会いに行ったのは、この両氏の友人である狩野亨吉が虎雄に連絡が取り難くなっていた事を漱石に溢し、それならと、漱石が直接虎雄に会って亨吉との連絡の橋渡しをした格好になっているのです。この時漱石は虎雄に会って亨吉からの用件を伝えたものと思われますが、用件の内容は不明です。丁度その日は久留米地区は雨だったのですが、夕方頃天気が持ち直し明日は晴天になりそうになり、漱石は急遽高良山に行き発心にまで足を伸ばして桜を見物する事を3月27日の夕方に思い立っているようです。この辺の天候については平成6年に気象庁が発表した「百年の気象記録」に依るものです。その道を小生も同時期に2〜3度歩いて、飯田春畦や老松宮を知る事となったのです。そして、この老松宮は祭神が菅原道真であり、この宮の側まで「筑後川」の川幅が存った事まで知りました。現在の川幅になるまでには二度の大きな工事が存り、大正初期の工事後には「堰神社」も造られています。この神社と堤防は元久留米藩主の末裔の方の寄進に依って建立されたと記されています。そして、同所は既に観光地化され、この堰神社が余りにも立派なので、その堤防の下になっている老松宮は判り難くなっています。私が最初その宮を見いだした際は本当に小さく、この老松宮の字も崩して存りましたので、それと知る迄には20〜30年の時が経過して居たと思います。処が現在の神社は立派になり、お宮らしくもなっています。その宮の前から飯田春畦さんの家は観えるのです。現在は同氏から二〜三代目の方が生活されていますが、昭和27年頃迄は同所は医院であったと、その20〜30年前にお伺いした時お話しされ当人はその時、私は養子です、と付け加えておられました。先代は一(はじめ)さんでその前が春畦さんですと家系図で説明されて下さいました。家系図では春畦は十二代目で、一さんは当時の千葉医専の第1期卒業生である事も付け加えられておられました。まだ書き遺したことは多くあるのですが、今回もこれで筆をおきます。

拝殿に花咲き込むや鈴の音(漱石) ー終ー

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.117

“2019年 イタリア リミニ”

写真と文 安達  和宏

2019年1月 イタリア リミニで開催されたWCRC=ワールド コーヒー ロースティング チャンピオンシップでの一コマ。日本大会を勝ち抜き世界大会に出場する競技者のサポートと世界大会視察という名目で、日本スペシャルティコーヒー協会ローストマスターズ委員として参加しました。世界大会と言うこともあり顔馴染みの人に会ったり数年振りの再会など、これまた楽しいものです。会場へ着いてすぐトークショーで登壇していたのがノルウェーのオウドゥンさん、彼とは2010年のホンジュラスCOE審査会でご一緒し本コラムにも一度登場しています。その後、独立した彼は焙煎人としてこの大会に参加し見事2015年の世界チャンピオンとなりました。今もAUDUN COFFEEとして頑張っているそうです。産地での出会いが違う場所で時が過ぎても続く有難い友情です。

201902_coffee.jpg

新・落語スズメvol.6

「変身(カフカではない)」

文/松田 一成

先日『久留米座』での笑福亭風喬独演会、ご来場ありがとうございました。三味線の師匠もお呼びしての、正月らしい華やいだ雰囲気だったのではと。風喬師、来年もやる気満々ですので、又のご来場、お待ちしております。で、その、三味線の師匠、以前写真集を出したとのお噂もある美貌で、場内のオッサン心を一掴み。お客様との掛け合いも楽しく、出囃子のリクエストを受け付けた。出囃子というのは、噺家が、高座に上がるときに後ろで流れているあれです。プロレスで言えば覆面レスラー、ミル・マスカラスのスカイハイあたりでご理解いただければ。ご婦人からお声がかかりました。「老松!」。太鼓で助っ人に入っていた風喬師と件の師匠、ひと呼吸入ると、すぐに聞き馴染んだあのメロディが流れた。老松。ミスター落語、古今亭志ん朝師の出囃子です。最近の落語ブームで、喋っている姿はネットで何十万回と再生されていますが、残念、そのほとんどが舞台下手から高座に上がるまでをカットしてあり、出囃子はほんのちょっぴり、モニターの向こうは、扇子を置いてお辞儀をするシーンから始まるものがほとんど。予定調和というか、様式美というか、「老松」にのって、志ん朝師の高座に上がるまでのあの佇まいは、是非一度ご覧頂きたい。例えれば、本郷直人が仮面ライダーに変身するような瞬間(ちょっと大袈裟)。思いがけず、生で聞いた志ん朝師の出囃子は、上方の落語会なのにと、半可通ぶりを発揮するよりまえに、三味線の師匠の美貌とともに、嬉しいオッサンへのお年玉となりました。

追伸 3月3日六角堂広場に太神楽(だいかぐら)の鏡味仙志郎師匠がいらっしゃいます。観覧自由、一回だけの公演ですが、こちらではなかなか見られない芸能です。是非!

くるめ食素材探検 vol.64

春のお彼岸までが旬です。「せり」編

文/靏久 格(産直や 蔵肆)

シャキシャキした食感が爽やかなセリ。数少ない日本原産の野菜のひとつで、春の七草の一つでもあります。あの独特の香りには、健胃、解熱、解毒の作用があるとされており、カロテン、葉酸、ビタミンC、カリウム、鉄などが豊富に含まれています。また、ポリフェノールの一種であるケルセチンには抗酸化作用があり、カロテンやビタミンCとの相乗効果でがん予防が期待されています。

セリの名前の由来は、その生態から1箇所から競(せ)り合って生えている、ということから、セリと名がついたとされています。奈良時代にはすでに食用とされていたようで古事記、万葉集に登場します。水気が多いところが好みで、沢や河川の水際などに繁殖しています。すこし郊外に出かけるだけで見つけやすいのではないでしょうか。栽培も昔から行われ、稲を刈った後やアゼなどにも沢山生えていたりします。野生のセリは数種類ありまして、田ぜり、ドクゼリなど。田ぜりは地面を這うように成長し、香りがいいんだとか。反対にドクゼリは食べられません。見分けるポイントはセリにくらべて大きいこと、根の部分を割ってみるとたけのこのようになっていること。また、生え方も違いますしそもそも香りがまったく違うので、迷ったときは根元をおって香りをかいでみましょう。

和え物、混ぜごはん、炒め物などでどうぞ。たくさんとれたときは、湿らせたキッチンペーパーで根元を包みます。さらにビニール袋に入れて、野菜室に立てて保存しましょう。

201902_seri.jpg

むすんで、ひらいて!! vol.57

「抱きしめてあげて」

‐育てなおしの心育て‐ という本を読んで

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

今回は子育てをするお父さん、お母さん、また、幼児の教育に関わる方々に是非読んでいただきたい本をご紹介したいと思います。

さまざまな育児雑誌の情報、育児法、教育法が氾濫する中、何を信じて育てれば良いのか、皆悩み試行錯誤しながら育てています。

全て子どもが将来幸せな生活が出来るように願っての親心なのです。

絶対に正しいというものがあれば皆そう育てるのでしょうが、それが20年、30年経って大人になり、社会に出ていろいろなかたちで結果が出てきます。どう育てればいいか悩むのは当然です。

今回、ご紹介する渡辺久子先生は、児童・乳幼児精神医学専門の医師で、私は講座を受け、本を読ませていただき感銘を受けました。

先生は「幼いとき どれだけ温かく明るい気分に包まれ、伸びやかに自分の要求を出し、それを受けとめてもらえたかによって人生や自分に対する基本的な信頼感や意欲が培われていくのです。」という事を書いておられました。

時代の変化により子育てのあり方が変化し、一番大切にしなければいけない「心を育てる」ことが欠けているように私も感じておりました。

「抱きしめてあげて」の他に「しあわせ脳を育てる(6歳までの子育て)」「思春期の子のこころがわからなくなったときに読む本」などがあります。

子育ての参考に一度読まれてみるのも良いかもしれません。

201902_wakaba.jpg

歯は健康のバロメーター vol.22

〜落合先生のお口のお話し〜

「舌のよごれが気になるときは

どうすればいいでしょうか?」

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

舌の表面に白い汚れが目立つけれども、どうすればいいでしょうか?という質問を頂くことがよくあります。本来、こどもの舌のよごれは自然にきれいになっていくものですので、特別な手入れは必要ありませんが、発熱や鼻づまり等によって口の中が乾燥すると、舌の汚れが目立つようになることが多いようです。ですから体調が改善すると同時に自然によごれも目立たなくなることがほとんどです。ただ、慢性鼻炎などによる鼻づまりがある場合には口呼吸も継続するので、自然に舌がきれいになるのを待っていても先が見えないことがあります。このような場合には、介護用品として口の乾燥に対応する目的で市販されている口腔用保湿剤を用いた手入れをするといいでしょう。お年寄り用に作られているものが多いのですが、こどもが使っても大丈夫ですし、保湿剤の味がこども向けのものもたくさんあります。この保湿剤を歯ブラシにとって、舌の上を中央、右側、左側、の3回、後ろから前にかき出すようにして汚れを除去してみて下さい。あまり強くすると痛いですし、“おえっ!”となってしまうこともありますから、あまり力強くしないこと、また、汚れが取れないからといって、何度も何度もしないこと、がポイントです。汚れをこすって落とすというより、毎日保湿剤を塗布しているから汚れが落ちやすくなる、くらいの感覚でしてあげるといいでしょう。ただし、体調不良によって免疫力が低下した時などはカンジダという口の中に常在している真菌が異常に増殖して白い汚れのように舌の上にはびこることがあります。この場合にはいくら手入れをしてもきりがない状態になりますので、病院で薬を処方してもらうことが必要です。よごれかカンジダか、の見分けが難しいことが多いと思いますので、その際にはかかりつけの小児科あるいは歯科を受診して判断してもらうのがいいでしょう。

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.9

「幼児期の母親像」

子どもの絵 六ツ門教室

主宰 杉山 洋

二才児までの乳幼児の母親像は、顔がすべてである。その延長線に、幼児期の母親像がある。

抱かれた乳児にとっての母は、その顔のみがすべての知覚経験だから、その延長上に幼児期の母親像もある。

三才児の「お母さん」像も、母親の身体を描かないことが多い。

①二才三ヵ月のAの「お母さん」

顔からいきなり手足がでている。身体の部分の存在に気づいていない。

母の毛髪・目・口は描いても手足の正確な存在の位置に気づいていないからである。気づくまでの時間を待ってやる必要がある。いきなり「間違っている」と指摘してはいけない。

②三才四ヵ月のKの「お母さん」

生活体験により、人間の身体の各部分の首・身体などの存在に気づいたK君は、まだ物理的に位置関係を正確に認知していない。だからいきなり身体から手足が伸びている。

しかも使用している色から判断すると、まず母親の身体を描き、その上から衣服を着せている。

経験による認識が順調に経過して肉体の上に被服をまとっていることを知り、それを素直に示している。

母の足の描写にもそれが見える。靴下を描き、そのうえに靴を描いている。この描き方を認めてやると、幼児は順調に自分をふくめて人物像を抵抗無く描くようになる。

③四才十ヵ月のKの「お母さん」

手足の屈折に気づいたKは、やがて天候の変化にも気づく。

そのころ「傘をさす母」を描かせると母親の手足が屈折することを表現できる。

しかし傘の柄が傘の中心を貫いていることに気づいていない。激しい雨を描いていることをほめてやればやがて傘の効用と柄の正しい存在を知るようになる。

①二才三ヵ月のAの「お母さん」

201902_sugiyama1.jpg

②三才四ヵ月のKの「お母さん」

201902_sugiyama2.jpg

③四才十ヵ月のKの「お母さん」

むすんで、ひらいて!! vol.56

「健康な家族の中で子どもを育てる」
一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

子どもを育てるうえで最も大切なことは、健康な家族を作ることだそうです。
どういう環境の中で生きてきたかということによってそれぞれ違ってきます。
自分がどのような親子関係でどのように養育されてきたかが全ての人の人間関係の基盤になるというわけです。

例えば、対人関係を苦痛に感じる人は、親が子供に注意する・叱る・しつける等いつも支配と服従という人間関係の中で育ったことが多く、逆に、意見の違いということがあっても、本質的には他の人と自分は対等という家庭内の人間関係で育った人は非常に協調的で安心して人間関係が持てます。

このようなことで人間関係を学んでいくわけです。

親が子どもをしかりつける時に大切なことは『してもいいこと、悪いことをただくりかえし伝えること』その分別をいつから子どもが実行できるのかは、子供に任せてゆっくり待ってあげる。こうゆう姿勢が子どもの中に自律性を育てるのです。基盤はお父さん、お母さんです。ちょっと心がけて素敵な家族を作っていってください。

201901wakaba.jpg

歯は健康のバロメーター vol.21

〜落合先生のお口のお話し〜
「乳歯の時にはきれいな歯並びだったのに、
永久歯が萌出したらでこぼこになった、
ということはありませんか?」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

幼稚園や保育園に入園したころはきれいな歯並びだったのに、卒園するころあるいは小学校に入学する頃になったら、何だか前歯の歯並びが凸凹になってきた、ということがよくあります。せっかくきれいだったのに、と思うととても心配になるものです。しかしながら、実はこのような歯並びの問題は、症状の程度に差があるものの多くの子どもたちにみられるのです。むし歯があって、歯が欠けている部分に寄ってしまった、外傷で歯を失って隣の歯が倒れこんできてしまった、指しゃぶりや爪噛みがあって前歯に不自然な力が加わっていた、等々、原因が明らかなものもありますが、中には全く原因が思い当たらないこともあります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
歯の大きさは、乳歯も永久歯も一度出来上がればその大きさが変わることはありません。何歳になっても最初にはえてきたときの大きさです。しかしながら顎は体の成長とともに大きくなります。そして、乳歯とそのあとに萌出してくる永久歯の大きさを比べると、特に前歯と犬歯においては永久歯の方が大きいことがわかっています(乳歯でも奥歯については別ですが、そのはなしはまたいずれ)。したがって、まだ大人の大きさになっていない顎に大人と同じ大きさの歯が萌出してくるのですから、当然のように場所が足りません。乳歯が抜けて永久歯になるとき、歯並びに問題が生じることは、よく起こることなのです。ですから、永久歯の前歯が萌出してきて、歯並びが気になる場合には、こうなることはよくあるのだ、ということをまず念頭において、そしてこれが自然のことか異常なのかをかかりつけの歯科医院でみてもらうようにしましょう。何か異常があればそれを解決する治療を提案されるでしょうし、そのまま様子を見守ることもあります。気軽に相談してみることをお勧めします。

新・落語スズメvol.5

「続ける秘訣のようなもの」
文/松田 一成

酔いにまかせて、えいやっと入った飲み屋が、思わず心地よく、店主と話しこんでしまった。店をどこで開くのか考えたそうだ。福岡で勝負するには街が大き過ぎ。かといって、自分の地元では小さい、久留米の規模くらいがちょうどいいのかなと。始めてみれば、おっとどっこい、その久留米のスケールこそが難しい。長く続けるためには、同じお客様に何度も来てもらわねばならないからだ。その市村正親似のイケメン店主を眺めながら、充分流行るだろうにと思ったが、お客様はわがまま、なかなか大変だそうだ。そういえば、お手伝いしている落語会、昨年暮れの会は、ご出演して頂いた噺家さんが登場して、ちょうど10年の会でした。ネタ帳を繰っていて当人が気が付いた。ぽつりと。「あたしが出てなきゃ、こんなに続いてないね。」芸人独特の美意識にくすっとしましたが、いやいや、ごもっとも、おっしゃる通り。何度も足をお運びいただくお客様は、落語を聞きに来ている以上に、その噺家さんに会いに来て下さる(この辺はAKBと一緒だな(笑))、その結果が10年という年月か。その仕掛け(落語、おいしいお酒、)がいろいろあるだけで、人を動かすのは人でしかないし、人は人にしか興味を持たない(自分自身への興味も(笑))。ほんとに実感します。件の噺家さんを御贔屓にして下さるお客様も、池町川のバーカウンターでぼんやりする客(アタシ)も、会(杯)を重ねる理由は、結局、その人に、その人に会える場所にひかれるからなんだろうな。人柄を惚れさせるが、長く続く秘訣なのでしょうか。ただ、落語の場合、イケメン具合はあまり関係ないようで。(師匠スミマセン)

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top